とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

A-1_Pictures

これぞSAOの集大成!◆『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』





【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
脚本川原礫、伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
アニメーション制作A-1 Pictures
上映時間119分
公開日2017年2月18日
キャストキリト - 松岡禎丞
アスナ - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
リーファ - 竹達彩奈
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
シノン - 沢城みゆき
クライン - 平田広明
エギル - 安元洋貴
茅場 晶彦 - 山寺宏一
ユナ - 神田沙也加
エイジ - 井上芳雄
重村 - 鹿賀丈史
製作SAO MOVIE project



【PV】

※Mステとのコラボ映像がなかなかよかったので、こちらを掲載しています。


【あらすじ】
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫―― その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。



【レビュー】(未視聴の方向け)
映画の公開から6か月経ってから、見に行きました。
公開終了している映画館ばかりだったのですが、千葉県柏市にある「キネマ旬報シアター」さんで上映していたので、仕事終わりに行ってまいりました。
ここでは、ロードショーの終わった新作や過去の名作を上映しています。
小さい映画館で、スクリーンも特段大きいわけではありませんが、平日は静かな雰囲気で落ち着いて映画を鑑賞することができました。

友達から太鼓判を押されていたので、過度に期待はしてはいけないと思いつつ、ワクワクしながら映画館へ赴きました。
入場特典として、声優さん、キャラデザさんのサインが入った、A4ファイルをいただけました。

感想は続きで書くとして、この映画を見るにあたっての注意事項を書きます。
1期と2期は、絶対視聴してからのほうが楽しめます。
なぜかというと、この作品は「SAOの集大成」と言われており、今までのストーリーを知っているからこそ、感動できる場面が多いからです。
とはいえ、1期、2期合わせて50話近くあるので、全部見るとちょっと大変だと思いますが……。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

タイトルほどエロくはない…そしてそんな名前の人は知らない◆『エロマンガ先生』





【作品情報】
原作伏見つかさ
監督竹下良平
シリーズ構成髙橋龍也
キャラクターデザイン
織田広之
音楽菊谷知樹
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全12話
放送年2017年春(2017年4月~2017年6月)
キャスト和泉紗霧 - 藤田茜
和泉正宗 - 松岡禎丞
山田エルフ - 高橋未奈美
千寿ムラマサ - 大西沙織
神野めぐみ - 木戸衣吹
高砂智恵 - 石川由依
獅童国光 - 島﨑信長
製作アニプレックス
KADOKAWA
アスキー・メディアワークス
木下グループ
ムービック
BS11



【PV】




【あらすじ】
高校生兼ライトノベル作家である主人公和泉正宗には、引きこもりの妹和泉紗霧がいる。
一年前に二人は兄妹となったのだが、妹はまったく部屋から出てこないほど徹底した引きこもりである。
ある日和泉正宗は、担当イラストレーターエロマンガ先生が自分の妹であることに気づき……。



【レビュー】(未視聴の方向け)
『俺妹』の第一期が放送されたのが2010年。
あれから7年の時を経て、伏見つかさ先生の描く物語が再びアニメ化しました。
タイトルに強烈なインパクトがありますが、中身はそんなにエロくない…と思います。
なので、エロを期待してはいけないです。
たぶん…。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

「強さ」と「生きること」◆『ソードアート・オンラインII』

ソードアート・オンラインII 1(完全生産限定版)(Blu-ray)
ソードアート・オンラインII 1(完全生産限定版)(Blu-ray)



【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
音楽梶浦由記
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全24話
放送年2014年夏(2014年7月~2014年12月)
キャストキリト(桐ヶ谷和人) - 松岡禎丞
アスナ(結城明日奈) - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
エギル - 安元洋貴
リーファ(桐ヶ谷直葉) - 竹達彩奈
クライン - 平田広明
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
朝田詩乃(シノン) - 沢城みゆき
紺野木綿季(ユウキ) - 悠木碧
製作SAOII Project



【PV】




【あらすじ】
《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。
それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。
漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……。
その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。
《死銃》の手懸かりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。
そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長大なライフル《ヘカートII》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。
彼女の力を借りたキリトは、自らがターゲットとなって《死銃》との接触を試みるべく、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《バレット・オブ・バレッツ》に挑む……。



【レビュー】(未視聴の方向け)
前回の1期から、およそ2年後に放送された2期も、かなり好評のようです。
2期では、ファントム・バレット編、キャリバー編、マザーズ・ロザリオ編が描かれています。
ファントム・バレット編が14話とボリュームがあります。
しかし、キャリバー編はたったの3話、マザーズ・ロザリオ編は7話しかありません。
一気に見ると絶対に心が折れてしまいます。
計画的に見ていただければと思います。
なお、前回同様、専門用語が多いです。
ニコニコ大百科の『ソードアート・オンライン』の記事にある「アニメ各話Q&A」を見ると、スッキリするかもしれません。

続きは視聴した感想です(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

キリトくんとアスナさん、末永くお幸せに◆『ソードアート・オンライン』

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]



【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
音楽梶浦由記
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全25話
放送年2012年夏(2012年7月~2012年12月)
キャストキリト(桐ヶ谷和人) - 松岡禎丞
アスナ(結城明日奈) - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
エギル - 安元洋貴
リーファ(桐ヶ谷直葉) - 竹達彩奈
クライン - 平田広明
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
製作SAO Project



【PV】




【あらすじ】
「これは、ゲームであっても、遊びではない」
2022年、とある大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。
主人公キリトは、このナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。
運よくベータテスターに選ばれ正規版も購入したキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。
しかし、そんな感動も束の間、2人はベータテスト時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。
混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。
SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とデスゲームのチュートリアルを開始する。
曰く、ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台「アインクラッド」の最上部第百層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。
そして――、このゲームで死亡したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、ナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて死ぬことになる。
2年後、アインクラッドの最前線は七十四層。プレイヤーの数は、6000程にまで減っていた。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この作品は、かなり有名ですよね。
多少アニメが好きという人でも、知らない人はいないと思っています。
Wikipediaによると、2017年4月現在、「原作文庫シリーズの日本国内での累計発行部数は1,300万部を、全世界では2,000万部を突破」しているとのこと。
まだ視聴したことのない方で、あらすじを読んでワクワクした方は、かなりおすすめです。

自分なりのおすすめポイント
1.いわゆる「ネトゲ経験者あるある」が、多数織り交ぜられています。
2.2クールと観終わるのに時間はかかるが、その分展開は丁寧に感じます。
3.キャラクターが個性的で、見ていて飽きません。
4.恋愛要素も含まれていて、なんか主人公×ヒロインを応援したくなります。

気を付けていただきたい点としては、ネトゲの知識がなかったり、原作未読だったりすると、多少よくわからない部分があることです。
ニコニコ大百科の『ソードアート・オンライン』の記事にある「アニメ各話Q&A」を見ると、スッキリするかもしれません。

1期では、アインクラッド編、フェアリィ・ダンス編が描かれています。
続きは視聴した感想です(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

◆心が叫びたがってるんだ。5

BD情報は、発表され次第更新します。



【作品情報】
原作超平和バスターズ
監督長井龍雪
脚本岡田麿里
キャラクターデザイン
総作画監督
田中将賀
アニメーション制作A-1 Pictures
上映時間119分
公開日2015年9月19日
キャスト成瀬順 - 水瀬いのり
坂上拓実 - 内山昂輝
仁藤菜月 - 雨宮天
田崎大樹 - 細谷佳正
城嶋一基 - 藤原啓治
三嶋樹 - 村田太志
岩木寿則 - 古川慎
相沢基紀 - 大山鎬則
江田明日香 - 石上静香
宇野陽子 - 高橋李依
製作「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。
そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。
それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。
一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。
本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、
甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、
恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。
彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。



【レビュー】(未視聴の方向け)
『あの花』のスタッフが送る青春群像劇。
私は『ここさけ。』を『境界の彼方』の映画前に流れる予告で知りました。
それ以上の予告などは何も見ず、公式サイトすら見ずに、チネチッタで公開から1ヶ月後ぐらいに視聴しました。

先着特典として、ミュージカル「青春の向う脛」のプログラムをもらいました。
ところが、本当に前情報を知らなかった私は、地域の高校生の演劇のチラシが入っているなあと勝手に思ってしまい、かばんの中に丸めて入れてしまったのです。
映画の途中でこのプログラムが劇中に出てきたときは、身の毛がよだちました。
終わった後にしっかり伸ばして、ファイルに保存しました!笑


[物語]
2時間の中にこれだけのボリュームが詰め込まれていたことに驚きました。
コーラ飲むのを忘れるくらい、目が離せないところばかりでした。
関係のなかった4人が徐々に近づき、最終的にクラスの生徒たちとの絆が深まっていきます。
まさに青春の一ページ。
もう一度高校生に戻れるのなら、ゲーセンに通うだけじゃなく、何かを一緒に作り上げてみたいです。


[声優]
若手の声優さんが多く起用されている作品です。
個人的にはシカちゃん(久保ユリカさん)が出ていたことに驚きました。
その若手の中でも、藤原啓治さんの声の渋さがいいですね。


[キャラクター]
主要人物4人が抱える心の傷。
家族、友達、恋愛に関する心傷は、自分も高校生のときに何度も経験しました。
そう、私の心の傷も彼らと同じ高2のときに受けたものでした。
大人になるとそういう傷もよい思い出になりますが、当時は本当に死にたいと思うぐらい嫌だったことを覚えています。
キャラクターの中では成瀬さんが一番好きです。「人間らしさ」が見えたから(詳しくはネタバレで)。


[作画]
埼玉県秩父市が舞台となっており、とくに背景の描写に心を奪われました。
印象的なのは、田園風景の夕焼けの空。
住宅が密集していない、山が見える田舎の町を照らす、悲しげで、それでいて美しい風景でした。


[音楽]
『ここさけ。』は音楽への力の入れようが半端ではありません。
ベートーヴェンの『悲愴』をはじめ、『Over The Rainbow』『Around The World』といった、クラシック・ミュージカルの名曲が、時折挿入されます。
「音楽の力」を改めて感じることができました。
2つの曲の合わせ技にも注目です。


[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
言葉は不完全。
今私が思う『ここさけ。』の感想をこのブログに書いたとしても、読み手には30%も伝わらないと思っています。
それくらい、言葉は不完全。
なのに、言葉は人の心に突き刺さる。
人の心をえぐる。
そのえぐりとられた傷が、簡単には治らないくらい深いものになる。
言葉は、私たち人間に神が与えてくれた唯一の意思伝達手段だが、同時に人を殺す武器にもなることを忘れてはいけないと思いました。
しかし。
言葉のせいで不幸になる・傷つくこともありますが、言葉のおかげでその人を幸せにする・救うこともできるのです。
「言葉の力」を私は信じます。
言葉の大切さも、改めて知ることができました。


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード