2015年

3
浦和の調ちゃん [Blu-ray]
瀬戸麻沙美
ビデオメーカー
2015-10-16




【作品情報】
監督イシバシミツユキ
シリーズ構成
脚本 
花村悠一郎
キャラクターデザイン
NOB-C(原案)
松島慎太郎(設定)
アニメーション制作A-Real
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト高砂調 - 瀬戸麻沙美
沼影彩湖 - 大久保瑠美
上木崎常盤 - 明坂聡美
別所子鹿 - 久保田未夢
田島桜 - 大地葉
道祖土緑 - 東城日沙子
大谷場南 - 渡部恵子
三室美園 - 田村奈央
製作浦和の調ちゃん製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
埼玉県さいたま市浦和地区が舞台で、「浦和の名が付く8つの駅」をモチーフに誕生した8人の女の子たちが繰り広げる日常の物語。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
Wikipediaによると、『地域活性化につながるビジネスプランを募り、優秀なプランに対し公益財団法人さいたま市産業創造財団が支援を行なう「さいたま市ニュービジネス大賞2014」で、コミュニティビジネス賞を受賞し制作された』作品とのこと。
いわゆる日常系、ご当地アニメです。

この作品は、キャラクターがとてもかわいいと思います。
1人1人の絵がポヨっとしているところは、ポイント高い。
5分間という短いアニメなので、気楽に観ることができると思います。

しかしこのアニメは本当に内容がありませんので、そういうアニメが苦手な方は気を付けてください。
浦和を紹介する作品のはずですが、浦和要素があまりなかったです。
そもそも彼女たちは鉄道部に所属していたようですが、それも言われないとわからなかったです。

繰り返しますが、キャラクターはとてもかわいいと思います。 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【作品情報】
原作サンカクヘッド(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)
監督太田雅彦
シリーズ構成
脚本 
あおしまたかし
キャラクターデザイン
髙野綾
アニメーション制作動画工房
話数全13話(TV未放送1話)
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト土間うまる - 田中あいみ
土間タイヘイ - 野島健児
海老名菜々 - 影山灯
本場切絵 - 白石晴香
橘・シルフィンフォード - 古川由利奈
製作「干物妹!うまるちゃん」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
容姿端麗!文武両道!誰もが羨む美妹(びもうと)には、ある秘密があった…。 
妹に手厚いYJが新たな妹像の創出に挑む!新解釈・兄妹コメディ♥ 
内弁慶の外美人!チグハグギャップな妹ライフ此処に開幕ッ!!!



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
内弁慶と外地蔵的な、干物妹(ひもうと)のお話。
いわゆる「妹モノ」で、『俺妹』と若干似ているところがあります。
どちらも外では才色兼備な女の子を演じているが、家の中ではオタクであり、それを隠している点です。
ただ『俺妹』と違って兄妹との仲が悪いというわけではありません。
兄貴が妹の世話を積極的に焼いているだけでなく、妹も家ではグータラしているところが違いです。
日常系に分類される作品であり、あまり頭を使わないで見ることができます。
ヤンジャンで連載されている原作をベースとしているが、最終話付近では若干改変されています。

[声優]
女性声優さんのほとんどは新人で固められています。
特に主人公を演じる田中あいみさんは、外でのうまると中でのうまる、そしてUMAさんを完璧に演じ分けています。
とくに第11話中でうまる会議が行われ、10人のうまるが登場した時にも、中でのうまるをベースとしてそれぞれのうまるに個性を持たせている点が非常に面白く見入ってしまいました。

[キャラクター]
主人公の周りの女の子4人のうち3人はリアル妹で、もう一人は妹キャラです。
どのキャラもかわいいですが、一番好きなのは海老名ちゃんです。
別に巨乳だからというわけではありません。ああいうタイプの女の子は見ていてホッコリするものです。
あとはタイヘイみたいなお兄ちゃんがいると便利…いや、いいですよね。

[作画]
この作品の制作は安心の動画工房さん。
13話すべてみて、やっぱり全体的に作画は安定していました。(11話は少し崩れていましたが…)

[音楽]
リコーダーの音色のBGMがバカっぽくて好きです。
OPの『かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!』は、うまるちゃんのすべてを表しており、聴くと楽しくなる曲でした。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
妹アニメは最高ですよね!
まあ所詮妹はアニメだからいいのであって、実際の妹なんてのはもう大変うざいに違いありません。
だからこそ、私は2次元の妹を愛したくなります。


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
水瀬いのり
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-09-26




【作品情報】
原作海法紀光×千葉サドル(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
監督安藤正臣
シリーズ構成
海法紀光(ニトロプラス)
キャラクターデザイン
飯塚晴子
アニメーション制作Lerche
話数全12話
放送年2015年夏(2015年7月~9月)
キャスト丈槍由紀 - 水瀬いのり
恵飛須沢胡桃 - 小澤亜李
若狭悠里 - M・A・O
直樹美紀 - 高橋李依
佐倉慈 - 茅野愛衣
太郎丸 - 加藤英美里
製作がっこうぐらし!製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部。
シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐ姉らに囲まれた、
丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし……!?
千葉サドル×海法紀光(ニトロプラス)の強力タッグが贈る注目作。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
かわいい絵柄やPVだけをみると、ただの日常系かと思ってしまう方も多いと思います。
実際、このアニメが始まる前、原作未読の人は『ごちうさ』のようなホンワカした日常系を想像していたようです。
しかし第1話の後半、その世界観は一変します。

ニトロプラスといえば『まどマギ』や『サイコパス』…。
この作品群を見たことのある方は、これが日常系ではないと見抜けたのでは?
第1話放送後、ホームページにのっていた世界観も変わっています。

俗に『ぞんぞんびより』と言われているこの作品。
未視聴の方、まずは第1話を見てください。
好みのわかれる作品かと思いますが、私は楽しめました。
原作コミックスも発売されていますので、そちらから入っても楽しめるかと思われます。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4




【作品情報】
原作春日歩(芳文社「まんがタイムきららミラク」連載)
監督秋田谷典昭
シリーズ構成吉田玲子
キャラクターデザイン
総作画監督
小林真平
アニメーション制作プロダクションアイムズ
話数全 話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト櫻田茜 - 花澤香菜
櫻田葵 - 茅野愛衣
櫻田修 - 木村良平
櫻田奏 - 石原夏織
櫻田遥 - 村瀬歩
櫻田岬 - 松井恵理子
櫻田光 - 小倉唯
櫻田輝 - 勝田詩織
櫻田栞 - 鈴木愛奈
佐藤花 - 相坂優歌
製作城下町のダンデライオン製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
ごく普通に街中で生活する櫻田家。
だが父親は国を統べる王様で、子供達は全員特殊能力を持つ王家の一族だった。
そんな一家の三男六女の兄弟姉妹である茜・葵・修・奏・遥・岬・光・輝・栞の中から、次期国王が国民投票によって選ばれることになった。
判断材料として、町中に設置された200以上のカメラによって監視されTV放送される中、一生懸命カメラを避けたり、選挙にやる気だったり、協力しあったりと思い思いの行動を取る兄弟姉妹たち。
仲良しな家族ながら、選挙で勝ち残るのは一体誰になるのか。
このような11人家族が繰り広げるドタバタファミリーコメディ。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
「まんがタイムきららミラク」に連載されている、『城下町のダンデライオン』のアニメ化。
30分を1話でまとめているものもあれば、2,3話に区切っているものもあり、非常に見やすいです。
1話が紹介話ということで他の今期の作品の中で地味なスタートであったものの、その後右肩上がりで面白くなっていった印象があり、まさに今期のダークホースといえるでしょう。

ショタとロリ、お姉さま、お兄さま、いろいろ個性的な9人の子どもたちの織りなすストーリーは、時におかしく、時にホロッとさせられました
タイトルにもなっている「ダンデライオン」はタンポポのこと。
9人は選挙活動を通じて、そして他人とかかわることによって、自分を見つめ直し、成長していきます。
タンポポが綿毛になって空に飛んでいくように、最終回にかけて9人が成長し新たなステージへ飛び立っていきます

日常系、兄が好き、妹が好き、ショタが好き、ロリが好きな方々にぜひおすすめしたい作品です。
ただし、双子の兄妹、姉弟がそのまま付き合うんじゃねってなりそうな描写も少なからずありますので、そういうのちょっとって方はご注意ください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年秋放送開始のアニメ作品についての予定です。(2015年9月30日現在)
:視聴  ×:未視聴)


新規一覧
(順番はうずらインフォ様に準拠)

×:THUNDERBIRDS ARE GO
×:ルパン三世 新シリーズ
×:ラスク・アンド・マスクス
×:ヤング ブラックジャック
×:かみさまみならい ヒミツのここたま
×:すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

×:蒼穹のファフナーEXODUS 第2クール
×:K RETURN OF KINGS
×:ハイキュー!! セカンドシーズン
×:ハッカドール THE あにめ~しょん
×:影鰐 -KAGEWANI-
×:雨色ココア Rainy colorへようこそ!

×:新あたしンち
×:こわぼん
:温泉幼精ハコネちゃん
:ゆるゆり さん☆ハイ!
×:ヴァルキリードライヴ マーメイド
×:スタミュ

×:俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
×:対魔導学園35試験小隊
×:落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)
×:ヘヴィーオブジェクト
×:新妹魔王の契約者(テスタメント)BURST
×:学戦都市アスタリスク

×:北斗の拳 イチゴ味
×:終わりのセラフ 2クール目
×:ワンパンマン
×:DIABOLIK LOVERS MORE, BLOOD
:ご注文はうさぎですか??
×:いとしのムーコ 第3作

×:コンクリート・レボルティオ~超人幻想~
×:ノラガミ ARAGOTO
:櫻子さんの足下には死体が埋まっている
:うたわれるもの 偽りの仮面
×:金田一少年の事件簿R(リターンズ)2期
×:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

:終物語
×:コメット・ルシファー
:小森さんは断れない!
×:Dance with Devils
×:緋弾のアリアAA
:おそ松さん

:不思議なメソラちゃん
×:モンスターストライク
×:進撃!巨人中学校
×:カードファイト!! ヴァンガードG ギアーズクライシス編
×:探偵チームKZ(カッズ)事件ノート
:てーきゅう 6期

×:ミス・モノクローム -The Animation- 3
×:終わりのセラフ 2クール目
:JKめし!
×:アニサン劇場
×:Peeping Life TV シーズン 1??
×:PEANUTS スヌーピー -ショートアニメ-

×:牙狼 -紅蓮ノ月-
×:ブレイブビーツ
×:血液型くん!3
×:あにトレ!EX
×:ポケットモンスター XY&Z
×:トランスフォーマーアドベンチャー 2期


継続視聴
(順番はうずらインフォ様に準拠)

なし


再放送視聴
(順番はうずらインフォ様に準拠。視聴するもののみ)

・アイドルマスター(TBS版)2クール目
・Free!
・鬼灯の冷徹
・まんがーる
・SHOW BY ROCK!!


ニコニコ動画にアップされたまとめ

【りんごさん】


【gamgamさん】

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【作品情報】
原作平本アキラ(講談社「週刊ヤングマガジン」連載)
監督水島努
シリーズ構成横手美智子
キャラクターデザイン
谷口淳一郎
アニメーション制作J.C.STAFF
話数全 話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャストキヨシ(藤野清志) - 神谷浩史
ガクト(諸葛岳人) - 小西克幸
シンゴ(若本真吾) - 鈴村健一
ジョー(根津譲二) - 浪川大輔
アンドレ(安堂麗治) - 興津和幸
栗原万里(会長) - 大原さやか
白木芽衣子(副会長) - 伊藤静
緑川花(書記) - 花澤香菜
千代 - 橋本ちなみ
杏子 - 大地葉
製作八光学園裏生徒会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
男子生徒5人、女子生徒1000人の学園を舞台に、女風呂を覗いた罪で、裏生徒会の手により懲罰棟に投獄された5人の学園生活を描くコメディ。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
ヤンマガで連載されている『監獄学園(プリズンスクール)』が、2015年夏にアニメ化。
アニメ最終話までで、第10巻の内容まで放送された。

監督が水島努、シリーズ構成が横手美智子という、売れるアニメ請負人の二人がタッグを組んでいる。
自分も放送前に期待が高い作品との情報を入手していたので、継続視聴することにした。

ところが、アニメ評価サイト『あにこれ』では、意外に評価が低いように感じられる。
理由は、下ネタのオンパレードだからかもしれない。
特に男子たちがプリズンを脱出するために、様々な作戦を展開するのであるが、
その殆どが糞、おっぱいとお尻、そして性器が絡んでいる。

そういったものを一切受け付けない方は、絶対に見ないほうがよい。
逆に言えば、こういった下ネタが大好きな人たちにとってみれば、抱腹絶倒間違いない。

自分? もちろん笑いました。
このような、おバカで女の子がかわいいアニメは大好きです。
いいぞ、もっとやれ。 

なお、10月末の深夜に、TBS系列で連続ドラマとして実写化される。
こちらも視聴予定。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

監獄学園 応援バナー
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ