とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

金元寿子

世界は「愛」に満ちている◆悪魔のリドル





【作品情報】
原作高河ゆん
監督草川啓造
シリーズ構成
吉村清子
キャラクターデザイン
井出直美
アニメーション制作ディオメディア
話数全13話(未放送1話含)
放送年2014年春(2014年4月~2014年6月)
キャスト東兎角 - 諏訪彩花
一ノ瀬晴 - 金元寿子
犬飼伊介 - 浅倉杏美
走り鳰 - 南條愛乃
番場真昼/真夜 - 大坪由佳
寒河江春紀 - 内村史子
生田目千足 - 三澤紗千香
桐ヶ谷柩 - 内田愛美
剣持しえな - 山田悠希
武智乙哉 - 沼倉愛美
首藤涼 - 安済知佳
神長香子 - 佳村はるか
英純恋子 - 荒川美穂
カイバ先生 - 杉田智和
溝呂木辺 - 櫻井孝宏
百合目一 - 榊原良子
製作「悪魔のリドル」製作委員会
MBS 



【PV】




【あらすじ】
ミョウジョウ学園に存在する、特別な時期にしか開講されないクラス・10年黒組。
そこに、1人の女子高生を暗殺するべく12人の女子高生が刺客として集められた。
10年黒組へ編入した一人の暗殺者東兎角は、暗殺対象と伺える一人の女子高生・一ノ瀬晴に心を惹かれ、
暗殺者として編入してきたのにも関わらず守護者として彼女を守り、暗殺者11人と対峙する決意を固める。
一人一人の暗殺者と対峙していく毎に”一ノ瀬晴”に自分にない”何か”に心を惹かれていった。
そして、その過程の中で”東兎角”の過去や”一ノ瀬晴”の一族についても触れられていく…。



【レビュー】(未視聴の方向け)
原作は未読。
たまたま録画していただけで、そんなに期待していなかったが、
1話見て面白かったので、続けて視聴することに。

一人のターゲット以外、暗殺者という非日常な状況で、
あの手この手でターゲットを殺そうとする一方、
ルームメート同士の、少し百合的な要素が加味されている。
まさに「サイコレズ」。

なお、公式のツイッターにて、
視聴者からの質問に、スタッフの方々が答えているので、
各話視聴後に閲覧することを勧める。

1話から、3話までの、まとめはこちらから
4話から、12話までの、まとめはこちらから

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

語尾に「ゲソ」と「イカ」をつけてみよう◆侵略!イカ娘4





【作品情報】
原作安部真弘
監督水島努
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
総作画監督
石川雅一
アニメーション制作diomedéa
話数全12話
放送年2010年秋(2010年10月~12月)
キャストイカ娘 - 金元寿子
相沢栄子 - 藤村歩
相沢千鶴 - 田中理恵
相沢たける - 大谷美貴
長月早苗 - 伊藤かな恵
斉藤渚 - 片岡あづさ
嵐山悟郎 - 中村悠一
製作海の家れもん



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
海洋汚染を続けてきた人類を侵略するために地上にやってきたイカ娘。
しかし最初の拠点として目をつけた海の家すら制圧できず、挙句にそこで働かされるはめに。
果たしてイカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
数年前にイカを擬人化し人気が出た作品『イカ娘』。
CMなどですごい良く見かけていたものの、機会に恵まれずに視聴していませんでした。
今回、ブルーレイレコーダー購入と、テレビ埼玉で2014年10月から再放送されるという機会に恵まれ、全12話を視聴しました。

まずこのアニメで何がかわいいかというと、なんといっても主人公のイカ娘です。
マスコットみたいにかわいいだけでなく、語尾に「ゲソ」やら「イカ」やらつけてしゃべる。
しかも声が金元さんという...
人気が出ないわけがない!
ぐへへってなるキャラクターですね。

そして個人的にそんなイカちゃんを溺愛している変態淑女の早苗のキャラが好きでした。
伊藤かな恵さんがこれまでに演じている、三大変態キャラの一人です。
サテンさんといい、肉といい、かわいいものを独占したがる淑女キャラ、いいですね。

キャラ以外での魅力は、エンディング映像の作り込みでしょうか。
12話すべてで本編の内容に絡んだアレンジが加えられていて、監督たちの力の入れようが見えてきます。
歌っている伊藤かな恵さんの『メタメリズム』は、某所でカバーさせていただきました。
アツミサオリさんの素敵な旋律と、伊藤かな恵さんの透き通るような歌声がとってもかわいかったです。
Wikipediaを見るとオープニング映像も一部修正が加えられているとのこと。
でも自分にはどこがどうなのか全くわからないので、誰か教えてほしいです。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

人の心が読めるらしい……『琴浦さん』4





【作品情報】
原作 えのきづ
監督 太田雅彦
シリーズ構成・脚本 あおやまたかし
キャラクターデザイン 大隈孝晴
アニメーション制作 AIC Classic
話数 全12話
放送年 2013年冬(2013年1月~2013年3月)
キャスト 金元寿子  福島潤  花澤香菜  下野紘  久保ユリカ
製作 翠ヶ丘高校ESP研・後援会 



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
「マンガごっちゃ」に連載中のえのきづさんが原作の4コマ漫画『琴浦さん』がアニメ化。
琴浦春香は、一見普通の女子高生に見えるものの、人の心が読める能力を持つ。
しかしそのことをきっかけに、周りを疎外するようになっていった。
ところが転校してきた早々に出会った真鍋義久がきっかけとなり、徐々に心が解され、また彼に惹かれていくのだが…。
人の心が読める少女と彼女に惹かれる少年が織り成す学園ファンタジーラブコメ。 



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
『琴浦さん』を見るきっかけになったのは、サークルの後輩からの勧めです。

「人の心が読める」登場人物や、「学園ファンタジーラブコメ」というありきたりな触れ込みから、
私はほのぼのとした日常系のアニメを想像していました。
しかし、全12話を見終えると全く別の感想を持ちます。

確かに振り返ると日常パートもラブコメの要素もありました。
一方で、シリアスな部分もアニメの中で垣間見ることがありました。
「人の心が読める」ことによって起こりうる人間関係の亀裂とかが、すごくリアルに描かれていてよかったと思います。

演者さんについて。
イカ娘でおなじみの金元寿子さんや、ラブライブに出演されていたシカコこと久保ユリカさんの声がかわいいと思いました。
ESP研の部長・御舟百合子の声は、よく聴けば花澤さんだなってわかるんですけど、エンドロールを見るまでは気が付きませんでした。

OPの『そんなこと裏のまた裏話でしょ?』は中島愛さん、
EDの『希望の花』は千菅春香さんがそれぞれ歌唱しています。
特に『希望の花』はピアノのイントロが素敵な曲でした。
機会があれば路上ライブで披露してみたいです。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
 続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード