赤﨑千夏





【作品情報】
原作冬原パトラ
監督柳瀬雄之
シリーズ構成
脚本
高橋ナツコ
キャラクターデザイン舛舘俊秀
関口雅浩
西田美弥子
音楽Love Smile Music JAPAN
Rebrast
アニメーション制作プロダクションリード
話数全12話
放送年2017年夏(2017年7月~10月)
キャスト望月冬夜 - 福原かつみ
エルゼ・シルエスカ - 内田真礼
リンゼ・シルエスカ - 福緒唯
九重八重 - 赤﨑千夏
ユミナ・エルネア・ベルファスト - 高野麻里佳
スゥシィ・エルネア・オルトリンデ - 山下七海
リーン - 上坂すみれ
製作ブリュンヒルド公国



【PV】




【あらすじ】
神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。
彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、
異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。
様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、
いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。
古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、
彼はのほほんと世界を巡っていく。



【レビュー】(未視聴の方向け)
皆さんは「異世界もの」といわれると、どんなストーリーを思い浮かべるでしょう。

主人公がなんらかの理由で異世界に行ってしまう、もしくは最初から異世界が舞台で、主人公は自身に降りかかる様々な困難を突破し、高みを目指していく、目的を完遂していく、己を成長させていく。
これは私の勝手なイメージなのですが、同じようなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

このイメージに合うテンプレートな作品は、幾度となく世に生まれました。
一方で、この既定路線からの脱却を図っている作品もあります。
代表作をあげるならば『このすば』です。
コメディ路線として、大成功をおさめている作品だと思います。

今回ご紹介するこの作品『いせスマ』も「異世界もの」です。
この作品のキャッチコピーは「ゆるく、楽しい、異世界生活!」
主人公は特に苦労することなく最初から最強です。
そして、そんな主人公を慕う、多くの女の子たちが登場します。
いわゆる、ハーレム物なのです。

つまり、キャラクターの成長を期待したり、リアリティーを求めたりしている方は、絶対に観てはいけないのです。
頭をからっぽにして、最強主人公の異世界征服を楽しみましょう。
続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





【作品情報】
原作くろば・U(芳文社「まんがタイムきららMAX」連載)
監督川面真也
シリーズ構成
脚本
志茂文彦
くろば・U(OVA)
キャラクターデザイン
総作画監督
古川英樹
音楽亀山俊樹
アニメーション制作SILVER LINK.
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~12月)
キャスト本田珠輝 - 長縄まりあ
村上椎奈 - 村川梨衣
関あやめ - 小澤亜李
藤川歌夜 - 悠木碧
布田裕美音 - 前川涼子
飯野水葉 - 今村彩夏
百武照 - 赤﨑千夏
製作ステラのまほう製作委員会



【PV】




【あらすじ】
高校の入学式の日、夢中になれることを探して部活PRの展示を見て回る新1年生の珠輝。
幼なじみのクラスメイト・裕美音はイラスト部に入部して楽しそうだけれど、珠輝は何をしたいかわからなくて……。
同人ゲームを作る部活「SNS(死んだ魚の目・日照不足・シャトルラン)部」の机でパズルゲームをプレイした珠輝。
迷った末、新入部員になることを決めます!
プログラマで部長の2年生・椎奈、シナリオ担当の2年生・あやめ、BGMと効果音の担当、2年生・歌夜の3人と一緒に、ゲームを作る日々が始まります。



【レビュー】(未視聴の方向け)
高校生の同人ゲーム制作ストーリーです。
今期も放送されている『NEW GAME』は、ゲーム会社で働く女の子たちのストーリーですが、こちらは高校の部活でゲームを作るお話です。
いわゆる日常系で、ゲーム制作のあるあるを織り込みつつ、主人公の珠輝ちゃんを中心に、ゲーム制作の楽しさややりがい、面白さなどが伝わってくる作品となります。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【作品情報】
原作虎虎
監督石原立也
シリーズ構成・脚本花田十輝
キャラクターデザイン池田和美
アニメーション制作京都アニメーション
話数全13話(最終話はTV未放送)
放送年2014年冬(2014年1月~2014年3月)
キャスト富樫勇太 - 福山 潤
小鳥遊六花 - 内田真礼
丹生谷森夏 - 赤﨑千夏
五月七日くみん - 浅倉杏美
凸守早苗 - 上坂すみれ
富樫樟葉 - 福原香織
七宮智音 - 長妻樹里
一色誠 - 保志総一朗
製作中二病でも製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
色々な事情が重なり、一緒に暮らすことになった勇太と六花。
付き合い始めた二人にとってはどきどきな内緒の同棲!
なはずが…
普通の女の子とも付き合ったことのない勇太には、中二病の彼女はハードルが高すぎた!?
恋愛をどう進めていけばいいか悩む勇太。
そして1つ学年が上がってパワーアップした丹生谷、くみん、凸守たち。
さらには十花に六花との同棲がばれて……
またまたドタバタな生活が始まる!



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
この作品はシリーズものになっています。
第1期は高校1年生でしたが、第2期からは高校2年生に進級しています。
その第1期と第2期の間に、劇場版が存在しています。
公式サイト等で配信されたLite(第1期:6話、第2期:6話)、
BD/DVD映像特典ショートムービー(第1期:7話、第2期:7話)を含めると、かなりのボリュームになります。
なお1期、2期共に、最終13話はテレビで放映されていません。

[キャラクター]
個性的なキャラクターが織りなす高校生活を一緒に楽しみたい方におすすめします。

[作画]
さすがの京アニ、クオリティーは高いです。
特に女の子の涙の描き方が好きです。

[音楽]
第1期同様、オープニング、エンディングは、ZAQさんが作詞・作曲です!
個人的にエンディングより、オープニングが神がかっていると思います。
このアニメによく合うアップテンポで印象的なサビのメロディーが大好きになりました。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
前回のレビューで紹介した、『中二病でも恋がしたい!』の第2期になります。
パワーアップして帰ってきました。
引き続き、いちゃいちゃな青春を送る高校生たちをご覧ください。

と、言いたいところですが。
元中二病患者の恋愛というのは、どうも普通とは違うようで。
いや、そもそも普通とは何でしょう。
普通のカップルさんというのは、何をしているから普通なのでしょう。

「付き合う」というのは、一緒に何かを経験し、同じ時間を共有し、喜んだり、楽しんだり、悲しんだり、そういう時間のことだと思います。
友達付き合いとの「付き合う」の違いは、その一緒にいる気持ちをベットで天井のシミを数えるかどうかだと思っています。
だからいろんな「付き合う」の形があっていいんです。
周りに合わせなくてもいいんです。
それは恋愛だけじゃなくて、自分の個性とか、人付き合いとか、趣味とか、そういうもの全般にも共通していますよね。
もちろん中二病も、「個性」。
周りに迷惑をかけていないのであれば、それもまた、いろいろな人生の形です。


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5




【作品情報】
原作虎虎
監督石原立也
シリーズ構成・脚本花田十輝
キャラクターデザイン池田和美
アニメーション制作京都アニメーション
話数全13話(最終話はTV未放送)
放送年2012年秋(2012年10月~2012年12月)
キャスト富樫勇太 福山 潤
小鳥遊六花 内田真礼
丹生谷森夏 赤﨑千夏
五月七日くみん 浅倉杏美
凸守早苗 上坂すみれ
製作中二病でも製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
高校1年生の富樫勇太は中学生時代、邪気眼系中二病を患っていた。
しかし、そんな黒歴史を中学とともに卒業し、高校ライフを満喫していた。
勇太は周りには中二病だったことを隠していたがひょんなことからある日、
クラスメイトで現役中二病患者の小鳥遊六花と半ば強制的に契約を結ぶことになってしまった。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
中二病――。
このサイトを見ているそこのあなたも、この不思議な病を経験したことがあるのでは。
そしてこの中二病というやつは、人生における汚点……黒歴史として、記憶の彼方に葬っている方が殆どのはず。
今思い返すと、ベットの上でゴロゴロ転がりながら「忘れろ」と叫びたくなるような後遺症が残っている方もいるのではないでしょうか。

本作はこんな不思議な病、中二病を主軸に置きつつ、中二病を卒業した富樫勇太と、現役・中二病の小鳥遊六花のラブコメディです。
前半はギャグ、後半はシリアスなストーリーとなっています。
小鳥遊六花以外にも、五月七日くみん先輩や丹生谷森夏、凸守早苗など魅力的な女性キャラクターが多いのも特徴です。
そして苗字が一発では読めないのも特徴です。
(小鳥遊は「たかなし」、五月七日は「つゆり」、丹生谷は「にぶたに」、凸守は「でこもり」)

この作品はシリーズものになっています。
第1期は高校1年生でしたが、第2期からは高校2年生に進級しています。
その第1期と第2期の間に、劇場版が存在しています。
公式サイト等で配信されたLite(第1期:6話、第2期:6話)、
BD/DVD映像特典ショートムービー(第1期:7話、第2期:7話)を含めると、かなりのボリュームになります。
しかしさすがの京アニ、クオリティーは高いです。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ