竹達彩奈

ソードアート・オンラインII 1(完全生産限定版)(Blu-ray)
ソードアート・オンラインII 1(完全生産限定版)(Blu-ray)



【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
音楽梶浦由記
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全24話
放送年2014年夏(2014年7月~2014年12月)
キャストキリト(桐ヶ谷和人) - 松岡禎丞
アスナ(結城明日奈) - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
エギル - 安元洋貴
リーファ(桐ヶ谷直葉) - 竹達彩奈
クライン - 平田広明
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
朝田詩乃(シノン) - 沢城みゆき
紺野木綿季(ユウキ) - 悠木碧
製作SAOII Project



【PV】




【あらすじ】
《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。
それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。
漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……。
その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。
《死銃》の手懸かりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。
そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長大なライフル《ヘカートII》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。
彼女の力を借りたキリトは、自らがターゲットとなって《死銃》との接触を試みるべく、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《バレット・オブ・バレッツ》に挑む……。



【レビュー】(未視聴の方向け)
前回の1期から、およそ2年後に放送された2期も、かなり好評のようです。
2期では、ファントム・バレット編、キャリバー編、マザーズ・ロザリオ編が描かれています。
ファントム・バレット編が14話とボリュームがあります。
しかし、キャリバー編はたったの3話、マザーズ・ロザリオ編は7話しかありません。
一気に見ると絶対に心が折れてしまいます。
計画的に見ていただければと思います。
なお、前回同様、専門用語が多いです。
ニコニコ大百科の『ソードアート・オンライン』の記事にある「アニメ各話Q&A」を見ると、スッキリするかもしれません。

続きは視聴した感想です(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]



【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
音楽梶浦由記
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全25話
放送年2012年夏(2012年7月~2012年12月)
キャストキリト(桐ヶ谷和人) - 松岡禎丞
アスナ(結城明日奈) - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
エギル - 安元洋貴
リーファ(桐ヶ谷直葉) - 竹達彩奈
クライン - 平田広明
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
製作SAO Project



【PV】




【あらすじ】
「これは、ゲームであっても、遊びではない」
2022年、とある大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。
主人公キリトは、このナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。
運よくベータテスターに選ばれ正規版も購入したキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。
しかし、そんな感動も束の間、2人はベータテスト時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。
混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。
SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とデスゲームのチュートリアルを開始する。
曰く、ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台「アインクラッド」の最上部第百層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。
そして――、このゲームで死亡したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、ナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて死ぬことになる。
2年後、アインクラッドの最前線は七十四層。プレイヤーの数は、6000程にまで減っていた。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この作品は、かなり有名ですよね。
多少アニメが好きという人でも、知らない人はいないと思っています。
Wikipediaによると、2017年4月現在、「原作文庫シリーズの日本国内での累計発行部数は1,300万部を、全世界では2,000万部を突破」しているとのこと。
まだ視聴したことのない方で、あらすじを読んでワクワクした方は、かなりおすすめです。

自分なりのおすすめポイント
1.いわゆる「ネトゲ経験者あるある」が、多数織り交ぜられています。
2.2クールと観終わるのに時間はかかるが、その分展開は丁寧に感じます。
3.キャラクターが個性的で、見ていて飽きません。
4.恋愛要素も含まれていて、なんか主人公×ヒロインを応援したくなります。

気を付けていただきたい点としては、ネトゲの知識がなかったり、原作未読だったりすると、多少よくわからない部分があることです。
ニコニコ大百科の『ソードアート・オンライン』の記事にある「アニメ各話Q&A」を見ると、スッキリするかもしれません。

1期では、アインクラッド編、フェアリィ・ダンス編が描かれています。
続きは視聴した感想です(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

だがしかし 1 (BD初回限定版) [Blu-ray]
竹達彩奈
ポニーキャニオン
2016-03-16




【作品情報】
原作コトヤマ
監督高柳滋仁
脚本加茂靖子、浦畑達彦、横手美智子
キャラクターデザイン
神本兼利
音楽大隅知宇、信澤宣明
アニメーション制作feel.
話数全12話
放送年2016年冬(2016年1月~2016年3月)
キャスト枝垂 ほたる - 竹達彩奈
鹿田 ココノツ - 阿部敦
遠藤 サヤ - 沼倉愛美
遠藤 豆 - 鈴木達央
鹿田 ヨウ - 藤原啓治
玉井 たまこ - 原愛紗実
製作シカダ駄菓子、TBS



【PV】




【あらすじ】
とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは漫画家を夢見ているが、父・鹿田ヨウから実家の駄菓子屋・シカダ駄菓子を継ぐように告げられる。
しかし、それを嫌がるココノツの前にある日、都会からやってきた駄菓子マニアの美少女・枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。



【レビュー】(未視聴の方向け)
『週刊少年サンデー』に連載されている漫画がついにアニメ化。
駄菓子に関する、あるあるネタや、都市伝説など、いろいろ取り上げています。
「うまい棒」などの超有名なものから、「ごえんがあるよ」などの(私にとっては)マニアックなものまで、幅広く紹介されています。
これを見れば、駄菓子に詳しくなること、間違いなし!?
そういえば、最近は全く駄菓子屋を見かけなくなりましたね。
でも、あるところにはあるようで、こんなマップまで発見しました
皆様もこの作品でノスタルジーを感じたら、ぜひ実際に足を運んでみてはいかがでしょう。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「おくさまが生徒会長!+!」上 [Blu-ray]
竹達彩奈
ドリームクリエイション
2016-12-23




【作品情報】
原作中田ゆみ
監督古川博之
シリーズ構成
たかだ誠
キャラクターデザイン
古川博之
アニメーション制作セブン
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~2016年12月)
キャスト若菜羽衣 - 竹達彩奈
和泉隼斗 - 興津和幸
三隅倫 - 津田美波
三隅慧 - 白石涼子
西条 ほのか - 徳井青空
新倉あやね - 藤本葵
藤咲可憐 - 杉山由恵
猿渡真都 - 長妻樹里
製作星風高校風紀委員会!+!



【PV】




【あらすじ】
新設校・星風高等学校の最初の生徒会長に当選したのは、優等生の美少女・若菜羽衣だった。
副会長の和泉隼斗は自由すぎる羽衣の言動を苦々しく思っていたが、ある日彼女は隼斗の家へ現れ、彼の嫁になると言い出す。
実は羽衣と隼斗の親同士が、子供同士の結婚を約束していたのだった。
文武両道で人望の厚い星風高校の生徒会長・若菜羽衣が、親の公認で“押しかけ嫁”として副会長の和泉隼斗の元で騒がしい同居生活を始める……というラブコメディー。



【レビュー】(未視聴の方向け)
1期の続きです。
エロさは相変わらずでした。
地上波版とAT-X版の2種類あり。
当然AT-Xのほうが過激です。
巨乳好きの方はぜひ!

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
まんがーる! [Blu-ray]
宮本佳那子
アース・スター エンターテイメント
2013-05-24




【作品情報】
原作アース・スター エンターテイメント
監督中西伸彰
シリーズ構成
脚本
吉田玲子
キャラクターデザイン尾尻進矢
アニメーション制作動画工房
話数全14話
放送年2013年冬(2013年1月~2013年3月)
キャスト佐々山はな - 宮本佳那子
鳥井あき - 駒形友梨
原木つぐみ - 尾高もえみ
西島りんご - 大橋彩香
藤森しのぶ - 茅野愛衣
御園さゆり - 竹達彩奈
彩野ひかり - 喜多村英梨
桜台きいろ - 悠木碧
阿部あん - 内田真礼
製作アース・スター エンターテイメント



【PV】




【あらすじ】
「コミック アース・スター」編集部を舞台に、はな編集長をはじめ、それまで雑誌編集経験のまるで無かった女性編集部員たちが、「日本一の漫画雑誌」を作り育てる夢を叶えるべく、仕事に励む日々を描くコメディ!



【レビュー】(未視聴の方向け)
完全に「コミックアース・スター」の宣伝用アニメだと思っていたら、意外にも雑誌の創刊・編集作業・ロケ地への取材・アニメ化・グラビアの撮影など、こういうふうにして雑誌が作られていくんだ、メディアミックス展開されているんだというのが、細かいところまで表現されています。
4コマ漫画での内容+アニメオリジナルに付け足している内容などもあるので、5分という短い作品ながらも十分に楽しめる内容です。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
温泉幼精ハコネちゃん Blu-ray
小野早稀
TCエンタテインメント
2016-03-25





【作品情報】
原作由伊大輔
監督柳瀬雄之
脚本友永コリエ
村上桃子 
キャラクターデザイン柳瀬雄之
アニメーション制作旭プロダクション
プロダクション リード 
話数全13話
放送年2015年秋(2015年10月~2015年12月)
キャストハコネちゃん - 小野早稀
ミヤ - 桑原由気
榛名 - M・A・O
冬哉 - 村田太志
亜季 - 朝井彩加
アシノコ - 竹達彩奈
ゴウラ - 悠木碧
製作ハコネちゃん製作委員会



【第1話】




【あらすじ】
温泉街に降臨した、温泉の精霊・ハコネ。
ところが、長く眠りについていた彼女は、外見が幼女になっていた! 
たまたま居合わせた高校生・冬哉は、彼女の本来の力を取り戻すため、協力することになるが……。
温泉街の住人とハコネが巻き起こす、ドタバタ温泉コメディ!



【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
1話が5分以下で構成されているため、すべてぶっ通しで見ても1時間とちょっとで見ることができる。
内容は、温泉の精霊たちの日常を見るだけなので、連続して見続けなくても問題はないはず。
著名な箱根の観光地がたくさん登場するので、箱根が好きな人にも勧められます。
ロケ地などは公式ページが詳しいです

[声優]
よくキャラクターボイスとキャラクターが合っていないことがあるが、『ハコネちゃん』は概ね自分のイメージ通りの声だったのでよかったです。
ただ、ハコネコボザッピィの声はもう少しかわいい方が好きかも…。いやあのギャップがいいのか?

[キャラクター]
温泉の精霊として描くのではなく、幼くしているところがポイントだと思います。
ちょこっとしたキャラクターが動き回るのは、見ていてほのぼのとします。
ちなみに登場する精霊たちは、すべて箱根周辺の地名からとられています。
ミヤ=宮ノ下、ゴウラ=強羅、アシノコ=芦ノ湖みたいな感じ。

[作画]
後半は崩れたように感じますが、全体的には仕上がっている印象です。
ここの制作会社はキャラクターの線が太い気がします。

[音楽]
悠木碧と竹達彩奈のユニット petit miladyが担当しているハイテンションなテーマ曲です。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
見ていると、温泉に行きたくなります。
関東に住んでいる私にとって、箱根はあっという間に行ける距離なのですが、
いつでも行けるからこそ、わざわざ休みの日に行く気になれないのです。
ただ、アニメで箱根の有名な観光地が登場するたびに、かつて友達や家族と行ったことのある場所にもう一度行ってみたいと思いました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ