福島潤

この素晴らしい世界に祝福を! 2第1巻限定版 [Blu-ray]
カズマ:福島 潤
KADOKAWA / 角川書店
2017-03-24




【作品情報】
原作暁なつめ
監督金崎貴臣
シリーズ構成上江洲誠
キャラクターデザイン菊田幸一
音楽甲田雅人
アニメーション制作スタジオディーン
話数全10話+OVA
放送年2017年冬(2017年1月~3月)
キャストカズマ - 福島潤
アクア - 雨宮天
めぐみん - 高橋李依
ダクネス - 茅野愛衣
ウィズ - 堀江由衣
荒くれ者 - 稲田徹
ゆんゆん - 豊崎愛生
製作このすば2製作委員会



【PV】




【あらすじ】
不慮の事故により異世界に転生した、ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」という夢はイマイチ叶わないものの、なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。
転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。
一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。
攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。
能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。
―――そんなある日。
機動要塞デストロイヤーの脅威からアクセルの街を救ったカズマたちに、王都からやって来た使者は言い放った。
「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、国家転覆罪の容疑がかけられている!」
……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?



【レビュー】(未視聴の方向け)
『このすば!』が2期に突入です。
前作よりも少々パワーアップしています。
特に、アクシズ教徒たちの変人っぷりに、狂気を感じます。
そして、あいかわらず、ダクネスが変態です。
ゆんゆんが、かわいいです。
めぐみんも、大好きです。
アクアは……彼女はヒロインでしたっけ?

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5



【作品情報】
原作暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)
監督金崎貴臣
シリーズ構成
上江洲誠
キャラクターデザイン
菊田幸一
アニメーション制作スタジオディーン
話数全10話(OVA +1話)
放送年2016年冬(2016年1月~3月)
キャストカズマ - 福島潤
アクア - 雨宮天
めぐみん - 高橋李依
ダクネス - 茅野愛衣
ルナ - 原紗友里
製作このすば製作委員会



【PV】




【あらすじ】
ゲームをこよなく愛するひきこもり少年・佐藤和真の人生は、交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた……
はずだったのだが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。
「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない? 1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」
「……じゃあ、あんたで」
ここから異世界に転生した和真の魔王討伐大冒険が始まる……
と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!
平穏に暮らしたい和真だが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?



【レビュー】(未視聴の方向け)
異世界に飛ばされた少年・佐藤和真が圧倒的な幸運値の高さを武器に、安定した生活を得ようとする“異世界ホームコメディー”。
女神なのに一発芸にご執心のアクア、天才だけど一日一発しか魔法が撃てないめぐみんなど個性的なキャラクターが登場する。
そうですね……。
この作品は、
面白いとハマる人と、
全然面白くないって思う人に、
二分されると思います。
自分は面白いって思いましたが、
一緒に見てくれた人は、そんなにハマらなかったようです……。

違う世界で活躍していく主人公かと思ったら、
全話を通じて、「強い」「かっこいい」って思うことは
全くありませんでしたからね。

ちなみに、キャラはものすごく濃いですね。
続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4




【作品情報】
原作 えのきづ
監督 太田雅彦
シリーズ構成・脚本 あおやまたかし
キャラクターデザイン 大隈孝晴
アニメーション制作 AIC Classic
話数 全12話
放送年 2013年冬(2013年1月~2013年3月)
キャスト 金元寿子  福島潤  花澤香菜  下野紘  久保ユリカ
製作 翠ヶ丘高校ESP研・後援会 



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
「マンガごっちゃ」に連載中のえのきづさんが原作の4コマ漫画『琴浦さん』がアニメ化。
琴浦春香は、一見普通の女子高生に見えるものの、人の心が読める能力を持つ。
しかしそのことをきっかけに、周りを疎外するようになっていった。
ところが転校してきた早々に出会った真鍋義久がきっかけとなり、徐々に心が解され、また彼に惹かれていくのだが…。
人の心が読める少女と彼女に惹かれる少年が織り成す学園ファンタジーラブコメ。 



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
『琴浦さん』を見るきっかけになったのは、サークルの後輩からの勧めです。

「人の心が読める」登場人物や、「学園ファンタジーラブコメ」というありきたりな触れ込みから、
私はほのぼのとした日常系のアニメを想像していました。
しかし、全12話を見終えると全く別の感想を持ちます。

確かに振り返ると日常パートもラブコメの要素もありました。
一方で、シリアスな部分もアニメの中で垣間見ることがありました。
「人の心が読める」ことによって起こりうる人間関係の亀裂とかが、すごくリアルに描かれていてよかったと思います。

演者さんについて。
イカ娘でおなじみの金元寿子さんや、ラブライブに出演されていたシカコこと久保ユリカさんの声がかわいいと思いました。
ESP研の部長・御舟百合子の声は、よく聴けば花澤さんだなってわかるんですけど、エンドロールを見るまでは気が付きませんでした。

OPの『そんなこと裏のまた裏話でしょ?』は中島愛さん、
EDの『希望の花』は千菅春香さんがそれぞれ歌唱しています。
特に『希望の花』はピアノのイントロが素敵な曲でした。
機会があれば路上ライブで披露してみたいです。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ