神谷浩史





【作品情報】
原作 西尾維新
総監督新房昭之
シリーズ構成東冨耶子
新房昭之
キャラクターデザイン渡辺明夫
音楽神前暁 ほか
アニメーション制作シャフト
話数全26話
放送年2013年夏(2013年7月~12月)
キャスト阿良々木暦 - 神谷浩史
戦場ヶ原ひたぎ - 斎藤千和
忍野忍 - 坂本真綾
貝木泥舟 - 三木眞一郎
羽川翼 - 堀江由衣
千石撫子 - 花澤香菜
八九寺真宵 - 加藤英美里
神原駿河 - 沢城みゆき
阿良々木火憐 - 喜多村英梨
阿良々木月火 - 井口裕香
忍野メメ - 櫻井孝宏
製作アニプレックス
講談社
シャフト



【PV】




【あらすじ】
とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。
女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。
暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この『物語シリーズ』も、最初の『化物語』が放送されたのが2009年であることを考えれば、だいぶ息の長い作品になりました。
その時例えば中学だったガキは、現在大学を卒業するかもしれない、大人になり切れない人間に、成長していることを考えると、自分がこの『化物語』を知ったのが大学生ですから、そりゃあ歳を取るわけだと考えてしまいます。
それはともかく、この『セカンドシーズン』は、2013年に録画していたもので、2017年が終わるこの時期にようやくすべて見終えることができました。
自分は既に大学時代に、大学の図書館においてあった『物語シリーズ』の原作を読んでいたので、多少放送されるエピソードの時系列がずれていたとしても、全く、いや、少々、あれこれってどんなやり取りを原作ではしていたんだっけかと一考することはあったけれども、特に混乱することもなくすべてを見終えることができたわけですが、もし仮に自分がこの『物語シリーズ』を原作を読まずに、アニメを最初に観てしまったとしたら、全くこの物語を理解することができず、そして理解しようともせず、終わりにしていたことでしょう。
まあ、何がいいたいかというと、文字通り、『物語シリーズ』のアニメは行間を読む必要があります。
できれば、アニメを見る前に、原作でどんなやり取りが行われているのかを確認したほうがよいと考えます。
それを踏まえたうえで、続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
おそ松さん 第一松 [DVD]
櫻井孝宏
エイベックス・ピクチャーズ
2016-01-29




【作品情報】
原作赤塚不二夫『おそ松くん』
監督藤田陽一
脚本松原秀
横手美智子
岡田幸生
うえのきみこ
キャラクターデザイン
浅野直之
アニメーション制作studioぴえろ
話数全25話
放送年2015年秋(2015年10月~2016年3月)
キャストおそ松 - 櫻井孝宏
カラ松 - 中村悠一
チョロ松 - 神谷浩史
一松 - 福山潤
十四松 - 小野大輔
トド松 - 入野自由
製作「おそ松さん」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
1988年度版以来27年ぶり、3度目のアニメ化となる本作で描かれるのは、なんと、「おそ松くん」が成長して大人になった「おそ松さん」。



【レビュー】(未視聴の方向け)
ネット上でもかなり反響がある、腐向け作品『おそ松さん』。
物議をかもした幻の1話。
いろんな意味で、自分の中で思い出になった作品です。
もともと『おそ松くん』の主人公は、イヤミとかチビ太。
彼らが脇役となって、六つ子がメインとなっているのがこの作品。
昔、「シェー」を真似したお父さん世代から、最近の腐まで楽しめる作品です。
下ネタもひどいところまで言っています。
普通にチンコとか言ってるし。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

【作品情報】
原作平本アキラ(講談社「週刊ヤングマガジン」連載)
監督水島努
シリーズ構成横手美智子
キャラクターデザイン
谷口淳一郎
アニメーション制作J.C.STAFF
話数全 話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャストキヨシ(藤野清志) - 神谷浩史
ガクト(諸葛岳人) - 小西克幸
シンゴ(若本真吾) - 鈴村健一
ジョー(根津譲二) - 浪川大輔
アンドレ(安堂麗治) - 興津和幸
栗原万里(会長) - 大原さやか
白木芽衣子(副会長) - 伊藤静
緑川花(書記) - 花澤香菜
千代 - 橋本ちなみ
杏子 - 大地葉
製作八光学園裏生徒会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
男子生徒5人、女子生徒1000人の学園を舞台に、女風呂を覗いた罪で、裏生徒会の手により懲罰棟に投獄された5人の学園生活を描くコメディ。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
ヤンマガで連載されている『監獄学園(プリズンスクール)』が、2015年夏にアニメ化。
アニメ最終話までで、第10巻の内容まで放送された。

監督が水島努、シリーズ構成が横手美智子という、売れるアニメ請負人の二人がタッグを組んでいる。
自分も放送前に期待が高い作品との情報を入手していたので、継続視聴することにした。

ところが、アニメ評価サイト『あにこれ』では、意外に評価が低いように感じられる。
理由は、下ネタのオンパレードだからかもしれない。
特に男子たちがプリズンを脱出するために、様々な作戦を展開するのであるが、
その殆どが糞、おっぱいとお尻、そして性器が絡んでいる。

そういったものを一切受け付けない方は、絶対に見ないほうがよい。
逆に言えば、こういった下ネタが大好きな人たちにとってみれば、抱腹絶倒間違いない。

自分? もちろん笑いました。
このような、おバカで女の子がかわいいアニメは大好きです。
いいぞ、もっとやれ。 

なお、10月末の深夜に、TBS系列で連続ドラマとして実写化される。
こちらも視聴予定。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

監獄学園 応援バナー
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
Angel Beats! Blu-ray BOX 【完全生産限定版】
神谷浩史
アニプレックス
2015-06-24




【作品情報】
原作麻枝准
監督岸誠二
脚本麻枝准
キャラクターデザインNa-Ga(原案)、平田雄三
アニメーション制作P.A.WORKS
話数全13話(本編)+1話(特別編)
放送年2010年春(2010年4月~2010年6月)
キャスト神谷浩史  櫻井浩美  花澤香菜  喜多村英梨  沢城みゆき
徳本英一郎  木村良平  緒方恵美  松浦チエ  阿澄佳奈
加藤英美里  水島大宙  髙木俊  斎藤楓子  牧野由依
増田裕生  Michael_Rivas  小林由美子  市来光弘  東地宏樹
製作Angel Beats! Project



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
森に囲まれた丘陵地にある、生徒総数2000名を越える全寮制のとある学園。
一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。
現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラの生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、消滅(成仏)し、転生する。
しかし、転生することを拒む人々がいた。
少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、死ぬことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。
生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。



【CM】




【レビュー】(未視聴の方向け)
2010年に放送された『Angel Beats!』。
2015年1月より東京MXにて再放送されたので、この機会にと視聴した。

この作品の原作と脚本は、『リトバス』などのシナリオも手掛けるKey所属の麻枝准さん。
自分は「鍵っ子」ではありませんが、『リトバス』の原作をやっていたこともあって、かなり期待した。

全くネタバレサイト等を閲覧せず、13話をぶっ通しで見た。
シナリオは、ギャグパート、シリアスパート共にバランス良く組まれていて、笑ったりうるっとしたりで忙しかった。
キャラクターも全員個性的で立っているし、声優さんの演技の質も非常に高い。
BGM、楽曲に関しても『Angel Beats!』の世界観に非常にマッチしていて、毎回OP、EDを飛ばさずに見ることができた。

死後の世界という世界観で繰り広げられる学園ファンタジー。
一度は見ていただきたい作品です。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ