とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

松井恵理子

完全にスマホゲームの宣伝でした◆『はがねオーケストラ』





【作品情報】
原作ハンビットユビキタスエンターテインメント
監督太田雅彦
シリーズ構成
脚本
あおしまたかし
キャラクターデザイン
今野隼史(原案)
大隈孝晴(アニメーション)
音楽三澤康広
アニメーション制作ファンワークス
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~2016年12月)
キャストクレハ - 筒井絵理奈
マーシャ - 佐藤あずさ
カコ - 水原薫
ナナカ - 松井恵理子
ツバキ - 中恵光城
クリス - 斉藤壮馬
カジカ - 榎木淳弥
ヤナギ - 畠山豪介
ハンゾウ - 德石勝大
キュウベエ - 宮健一
DEN‐TAN - 佐々木啓夫
キコリ - 佐々木啓夫
弦巻 マキ - 弦巻マキ
結月 ゆかり - 結月ゆかり



【PV】




【あらすじ】
ゲーム「はがねオーケストラ」のキャラクターたちがスマホゲーム「はがねオーケストラ」の宣伝に奮闘するショートアニメーション!
みんなにゲームをダウンロードしてもらうために、集落「彩」の仲間たちと体を張った宣伝から、ゲーム業界の危険な暴露話まで……!
宣伝のためならなんでもあり!のゲームキャラたちが暴走しまくりの5分間!



【レビュー】(未視聴の方向け)
2016年10月にスマホアプリ配信開始と同時にアニメがスタートしました。
「はがね」と呼ばれる装甲戦闘車両を駆使し、カスタマイズしたりバトルしたりするゲームだそうです。
このゲームの宣伝番組が、この作品となります。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 






続きを読む

真白がかわいくてしょうがない◆未確認で進行形





【作品情報】
原作荒井チェリー
監督藤原佳幸
シリーズ構成
脚本
志茂文彦
キャラクターデザイン
菊池愛
アニメーション制作動画工房
話数全12話
放送年2014年冬(2014年1月~2014年3月)
キャスト夜ノ森小紅 - 照井春佳
夜ノ森紅緒 - 松井恵理子
三峰真白 - 吉田有里
三峰白夜 - 羽多野渉
桃内まゆら - 愛美
鹿島撫子 - 佐倉綾音
末続このは - 藤田咲
製作未確認で進行形製作委員会



【PV】




【あらすじ】
ごく普通の生活を送る高校生・夜ノ森小紅の16歳の誕生日。
許嫁なのに影が薄い三峰白夜と、小姑なのにどう見ても幼女の三峰真白が現れた。
ブリーフィング無しでいきなり始まった奇妙な同居生活。
シスコンで変態な姉・夜ノ森紅緒まで加わり、事態は相当ややこしいことに。
小紅の生活は普通じゃなくなった。



【レビュー】(未視聴の方向け)

・女性漫画家の4コマ漫画がアニメ化されています。
 アニメでは、この漫画を一つのストーリー形式にして完成させています。

・日常系に分類されますが、ラブコメの波動も感じられます。
 ですが、どちらかというと毎回ドタバタしています。

・ヒロインよりも周りのキャラクターが濃いのも特徴です。
 特に紅緒のシスコンっぷりや、真白のロリ姑という新しいジャンル。

・作画もとても繊細に描かれており、特にアニメーションがぬるぬると動く動く!


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

これがリアルのようです◆ミリオンドール3

ミリオンドール [Blu-ray]
楠田亜衣奈
アース・スター
2015-11-20




【作品情報】
原作
監督川口K一郎
山内東生雄
シリーズ構成
脚本
村上桃子
キャラクターデザイン
山根理宏
アニメーション制作旭プロダクション
話数全11話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャストすう子 - 楠田亜衣奈
リュウサン - 梅原裕一郎
マリ子 - 伊藤美来
ゆりの - 松井恵理子
もも菜 - 渡部優衣
りな - 飯塚麻結
鎌倉ひなみ - 内田彩
イトリオマネージャー - 置鮎龍太郎
マリ子マネージャー - 稲田徹
くうにゃん - 荒川葉月
製作「ミリオンドール」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
君を絶対に有名にするから──────。

ひきこもり"在宅"アイドルオタク「すう子」は1つだけ特技を持っている。
それはブログの力だけで女性アイドルの人気に火を付けること。

すう子は一般人の姉に無理やり連れ出された出先のスーパーマーケットで、
ライブをしていた福岡県糸島市の地方アイドル「イトリオ」に一目ぼれ。
自身の人気ブログ『すうブロ』で、持てる力の全てを出し、彼女の話題をバズらせて、自分なりのやり方で売り出そうとする。

しかしアイドルライブの"現場"でカリスマ王子として名を馳せる有名オタ「リュウサン」と、彼の応援する地下アイドル「マリ子」の存在が立ちはだかる!

実際にアイドルオタクである筆者”藍”が描く、【リアルすぎるアイドル群像マンガ】アニメーション化。



【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
原作は全く未読の状態で視聴しました。
てっきり某アイドルアニメのように、アイドルの方に注目するのかと思ったら、
アイドルオタクの方々にスポットを当てている方が多かったように思います。
登場するメインのアイドルは、地方アイドルと、地下アイドル。
登場するメインのアイドルオタクは、在宅ヲタと現場ヲタ。
この4者のそれぞれの熱い思いが、物語の中で交錯しているところが見どころか。

[声優]
登場する声優さん、若い人が多い。
自分が歳をとったと、改めて思わされます。

[キャラクター]
個人的に現場ヲタのほうが尊敬できるので、リュウサンのほうが好きです。
現場に行って直接アイドルを応援するというのは、アイドルにとっても元気がもらえると思うから。
ネットの世界からの応援は、影響力があってうれしいんだけど、
声が本人に届きにくいから、すう子たまには外出ろよと勝手なことを思ってしまいました。

[作画]
1話のOPのダンスは、このアニメ大丈夫かなと思う出来でした。
しかし回を重ねるごとに作画がよくなってきた?ように思います。
とくにマリ子のOPシーンはヌメヌメ動いているので、とりあえず6話まではがんばってみましょう。

[音楽]
マリ子の『細胞プロミネンス』。これはカッコイイ!
個人的にイトリオの曲よりも、ロック曲調なこっちのほうが好きです。
伊藤未来さんも歌上手です。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
アイドルは、お客さんに笑顔と元気を与えるもので、お客さんには常に笑顔でというイメージがあります。
しかし、実際にはその裏側には様々な葛藤や、嫉妬が渦巻いています。
そして、地下アイドルや地方アイドルは、AKBのように大きな後ろ盾がないぶん、上に目指すのは厳しいのが現状です。
それでもアイドルはお客さんの笑顔や声援を糧に、上を目指していくのでしょう。

…これ、もうちょっと原作を読みたいです。
アニメだけだと、この作品の奥深さがよくわからない気がします。
しかし現在作者さんが病気療養のため休載しているとのことで、何かモヤモヤしたものが残りました。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

個性的な兄妹たちの選挙活動!◆城下町のダンデライオン4





【作品情報】
原作春日歩(芳文社「まんがタイムきららミラク」連載)
監督秋田谷典昭
シリーズ構成吉田玲子
キャラクターデザイン
総作画監督
小林真平
アニメーション制作プロダクションアイムズ
話数全 話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト櫻田茜 - 花澤香菜
櫻田葵 - 茅野愛衣
櫻田修 - 木村良平
櫻田奏 - 石原夏織
櫻田遥 - 村瀬歩
櫻田岬 - 松井恵理子
櫻田光 - 小倉唯
櫻田輝 - 勝田詩織
櫻田栞 - 鈴木愛奈
佐藤花 - 相坂優歌
製作城下町のダンデライオン製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
ごく普通に街中で生活する櫻田家。
だが父親は国を統べる王様で、子供達は全員特殊能力を持つ王家の一族だった。
そんな一家の三男六女の兄弟姉妹である茜・葵・修・奏・遥・岬・光・輝・栞の中から、次期国王が国民投票によって選ばれることになった。
判断材料として、町中に設置された200以上のカメラによって監視されTV放送される中、一生懸命カメラを避けたり、選挙にやる気だったり、協力しあったりと思い思いの行動を取る兄弟姉妹たち。
仲良しな家族ながら、選挙で勝ち残るのは一体誰になるのか。
このような11人家族が繰り広げるドタバタファミリーコメディ。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
「まんがタイムきららミラク」に連載されている、『城下町のダンデライオン』のアニメ化。
30分を1話でまとめているものもあれば、2,3話に区切っているものもあり、非常に見やすいです。
1話が紹介話ということで他の今期の作品の中で地味なスタートであったものの、その後右肩上がりで面白くなっていった印象があり、まさに今期のダークホースといえるでしょう。

ショタとロリ、お姉さま、お兄さま、いろいろ個性的な9人の子どもたちの織りなすストーリーは、時におかしく、時にホロッとさせられました
タイトルにもなっている「ダンデライオン」はタンポポのこと。
9人は選挙活動を通じて、そして他人とかかわることによって、自分を見つめ直し、成長していきます。
タンポポが綿毛になって空に飛んでいくように、最終回にかけて9人が成長し新たなステージへ飛び立っていきます

日常系、兄が好き、妹が好き、ショタが好き、ロリが好きな方々にぜひおすすめしたい作品です。
ただし、双子の兄妹、姉弟がそのまま付き合うんじゃねってなりそうな描写も少なからずありますので、そういうのちょっとって方はご注意ください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード