とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

村川梨衣

かわいい絵柄ですが、とんでもない腐女子がいます◆『ステラのまほう』





【作品情報】
原作くろば・U(芳文社「まんがタイムきららMAX」連載)
監督川面真也
シリーズ構成
脚本
志茂文彦
くろば・U(OVA)
キャラクターデザイン
総作画監督
古川英樹
音楽亀山俊樹
アニメーション制作SILVER LINK.
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~12月)
キャスト本田珠輝 - 長縄まりあ
村上椎奈 - 村川梨衣
関あやめ - 小澤亜李
藤川歌夜 - 悠木碧
布田裕美音 - 前川涼子
飯野水葉 - 今村彩夏
百武照 - 赤﨑千夏
製作ステラのまほう製作委員会



【PV】




【あらすじ】
高校の入学式の日、夢中になれることを探して部活PRの展示を見て回る新1年生の珠輝。
幼なじみのクラスメイト・裕美音はイラスト部に入部して楽しそうだけれど、珠輝は何をしたいかわからなくて……。
同人ゲームを作る部活「SNS(死んだ魚の目・日照不足・シャトルラン)部」の机でパズルゲームをプレイした珠輝。
迷った末、新入部員になることを決めます!
プログラマで部長の2年生・椎奈、シナリオ担当の2年生・あやめ、BGMと効果音の担当、2年生・歌夜の3人と一緒に、ゲームを作る日々が始まります。



【レビュー】(未視聴の方向け)
高校生の同人ゲーム制作ストーリーです。
今期も放送されている『NEW GAME』は、ゲーム会社で働く女の子たちのストーリーですが、こちらは高校の部活でゲームを作るお話です。
いわゆる日常系で、ゲーム制作のあるあるを織り込みつつ、主人公の珠輝ちゃんを中心に、ゲーム制作の楽しさややりがい、面白さなどが伝わってくる作品となります。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

ただのりえしょん◆『えとたま』5

えとたま 壱 [Blu-ray]
村川梨衣
ポニーキャニオン
2015-04-15




【作品情報】
原作白組&タブリエ・コミュニケーションズ
監督追崎史敏、平川孝充(CG)
シリーズ構成
脚本
赤尾でこ
キャラクターデザイン渡辺明夫(アダルト原案)
QP:flapper(プリティ原案)
小池智史(アダルト)
高橋麻実(プリティ)
アニメーション制作白組&エンカレッジフィルムズ
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャストにゃ~たん - 村川梨衣
天戸タケル - 下野紘
チュウたん - 大原さやか
モ~たん - 松井恵理子
シマたん - 巽悠衣子
ウサたん - 相坂優歌
ドラたん - 内田真礼
シャアたん - 生天目仁美
ウマたん - 小澤亜李
メイたん - 渕上舞
キーたん - 戸田めぐみ
ピヨたん - 佐々木未来
イヌたん - 本多真梨子
ウリたん - 花守ゆみり
製作えとたま製作委員会



【PV】




【あらすじ】
干支娘。
動物を模した姿を持つ少女たちであり、その心に清らかなる魂を宿す神の使い。人々と神々を繋げるために生まれた天の架け橋。
干支神。
八百万のえと娘の中から選抜された12匹の神の使い。古来より日本を護ってきた聖なる十二支。60年に一度の干支神選抜祭・通称「ETM12」にて勝ち残った強者であり、えと娘たちの憧れの存在である。
刻は流れて現代。
今年も干支神選抜祭「ETM12」が開催される。日本全土から神在月のごとく東京・秋葉原に集まる数多の干支神候補=えと娘たち。
その中に、一匹の猫が存在した。
その名は、猫のえと娘にゃ~たんもっとも干支神に近いといわれながら、ネズミ属に執拗に狙われ、卑劣な罠により破れ続けてきた不遇のえと娘である。
干支神になる条件はたったひとつ。十二支全員に勝利すること。しかし、干支神の力は強大であり、この二千年間、十二支全員に勝利したえと娘は存在しない。
不遇のえと娘「にゃ~たん」と、普通の高校生「天戸タケル」が出会うとき……物語は始まる!



【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
特徴的なのは、この作品のメタ発言の多さ。
完全にスタッフさんの遊び心が見え隠れしていると思います。
特に、途中の回は「総集編」となっていますが、シャアたんが「決して総集編ではない」と明言していたり、セルに書き込まれているから円盤では光が取れないということを、にゃ~たんとウリたんが掛け合っていたり。

[声優]
「日本一うるさいアニメ」を目指しているだけあって、にゃ~たんのテンションが高い。
こういうふうに演じているのかと思ったら、実際に演じているりえしょんも、それはそれはテンションの高い人でした。
ひとりしゃべりのラジオをやっていますが、金朋さんに近いものを感じます。

[キャラクター]
干支をモチーフにしているので、一つ一つのキャラクターが個性的すぎます。
一番好きなのはメイたんですね。
なぜかというと、十二支の中で一番まともそうだと思ったからです。
でも実際には結構Sっ気の強い子のようです。
一番ヤンデレ化する可能性が高い…?

[作画]
2Dの作画も全体を通して高かったのですが、特に戦闘シーンの3Dはヌメヌメ動いていました。
この作品で初めて「白組」という制作会社を知りましたが、クオリティーが高くて驚きました。
なお3Dのキャラデザが、GF(仮)で有名なQP:flapperさん。
この人がキャラデザするからという理由で見始めました。

[音楽]
両方ともかわいくて好きです。
OPはりえしょんが歌っていますが、YouTubeで本人が踊っている動画がアップされています。

またEDは、1話ごとに歌うキャラクターが増えていくというスタイルでした。
こちらはきれいな曲で、透き通るような歌声が癒しをもたらしてくれます。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
ね、うし、とら、う、たつ、みぃ、……あれこの後は?
ウマたん「あーーーーーーっ!!!」
みなさん、十二支最後まで言えますか?
この際覚えましょう。
この作品を見続ければ、キャラが濃い子ばっかりなので、最後まで言えるようになると思います。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
◆経歴:とーいん→せんだいカッパ→かわいきょうバイ→教官→SE。◆好きなもの:車、バイク、電車、ドラム、鍵盤、アニメ、ゲーム、イベント、聖地巡礼、資格。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード