とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

朝井彩加

箱根の魅力がここに◆『温泉幼精ハコネちゃん』3

温泉幼精ハコネちゃん Blu-ray
小野早稀
TCエンタテインメント
2016-03-25





【作品情報】
原作由伊大輔
監督柳瀬雄之
脚本友永コリエ
村上桃子 
キャラクターデザイン柳瀬雄之
アニメーション制作旭プロダクション
プロダクション リード 
話数全13話
放送年2015年秋(2015年10月~2015年12月)
キャストハコネちゃん - 小野早稀
ミヤ - 桑原由気
榛名 - M・A・O
冬哉 - 村田太志
亜季 - 朝井彩加
アシノコ - 竹達彩奈
ゴウラ - 悠木碧
製作ハコネちゃん製作委員会



【第1話】




【あらすじ】
温泉街に降臨した、温泉の精霊・ハコネ。
ところが、長く眠りについていた彼女は、外見が幼女になっていた! 
たまたま居合わせた高校生・冬哉は、彼女の本来の力を取り戻すため、協力することになるが……。
温泉街の住人とハコネが巻き起こす、ドタバタ温泉コメディ!



【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
1話が5分以下で構成されているため、すべてぶっ通しで見ても1時間とちょっとで見ることができる。
内容は、温泉の精霊たちの日常を見るだけなので、連続して見続けなくても問題はないはず。
著名な箱根の観光地がたくさん登場するので、箱根が好きな人にも勧められます。
ロケ地などは公式ページが詳しいです

[声優]
よくキャラクターボイスとキャラクターが合っていないことがあるが、『ハコネちゃん』は概ね自分のイメージ通りの声だったのでよかったです。
ただ、ハコネコボザッピィの声はもう少しかわいい方が好きかも…。いやあのギャップがいいのか?

[キャラクター]
温泉の精霊として描くのではなく、幼くしているところがポイントだと思います。
ちょこっとしたキャラクターが動き回るのは、見ていてほのぼのとします。
ちなみに登場する精霊たちは、すべて箱根周辺の地名からとられています。
ミヤ=宮ノ下、ゴウラ=強羅、アシノコ=芦ノ湖みたいな感じ。

[作画]
後半は崩れたように感じますが、全体的には仕上がっている印象です。
ここの制作会社はキャラクターの線が太い気がします。

[音楽]
悠木碧と竹達彩奈のユニット petit miladyが担当しているハイテンションなテーマ曲です。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
見ていると、温泉に行きたくなります。
関東に住んでいる私にとって、箱根はあっという間に行ける距離なのですが、
いつでも行けるからこそ、わざわざ休みの日に行く気になれないのです。
ただ、アニメで箱根の有名な観光地が登場するたびに、かつて友達や家族と行ったことのある場所にもう一度行ってみたいと思いました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

「なんですか、これ――」◆響け!ユーフォニアム5

響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]
黒沢ともよ
ポニーキャニオン
2015-06-17




【作品情報】
原作武田綾乃
監督石原立也
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン
総作画監督
池田晶子
アニメーション制作京都アニメーション
話数全13話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト黄前久美子 - 黒沢ともよ
加藤葉月 - 朝井彩加
川島緑輝 - 豊田萌絵
高坂麗奈 - 安済知佳
田中あすか - 寿美菜子
小笠原晴香 - 早見沙織
中世古香織 - 茅原実里
塚本秀一 - 石谷春貴
後藤卓也 - 津田健次郎
長瀬梨子 - 小堀幸
中川夏紀 - 藤村鼓乃美
吉川優子 - 山岡ゆり
斎藤葵 - 日笠陽子
黄前麻美子 - 沼倉愛美
松本美知恵 - 久川綾
滝昇 - 櫻井孝宏
製作「響け!」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
燦き、高らかに鳴り響く管楽器たち。
期待を胸に、主人公・久美子は北宇治高校の門をくぐる。
しかし、登校初日の入学式で久美子が目にしたのは、今にも萎れそうな朝顔のような楽器の演奏。
そんな中、久美子は生来の性格より北宇治高校吹奏楽部に入部することになるが、彼女に待ち受けていたのは想像だにしないかつての強豪校であった吹部の凋残。
生徒たちは、「全国大会に行く」という目標を掲げ、新顧問である滝昇の指導のもと日々練習に明け暮れるが、その実際はトラブルの連続であった。
これは、そんな少女たちの青春や葛藤模様を描いた物語である。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
この作品は、『けいおん!』と同じく部活もの。
ですが、こっちはガチの部活です。
ゆるーい日常系アニメではありません。

吹奏楽部という一つの舞台の中で巻き起こる「青春」を描いています。
仲良しこよしではなく、まさにリアルな青春です。
非日常、ありえない青春ではないのです。

「全国大会に出場する」という目標の中で、部員たちの切磋琢磨する姿や、青春にありがちな恋愛、
事なかれ主義な日本人に見られる人間関係、部活内のいざこざが、本当に丁寧に描かれています。

ここでいう丁寧とは、脚本や演技はもちろん、背景やら表情やら、そういった細かいところに、
京アニらしい丁寧さがみられるという意味です。

もちろん音楽に関しては(吹奏楽をテーマにしているゆえに)拘っています。
こちらはサントラを聴いていただくと、その拘りが伝わってくるかと思います。

なお、個人的に、表情の中でも「」が好きでした。

音楽で熱い青春を過ごした方も、青春の記憶なんて忘れちゃった方も、
この作品で若かったあの頃を思い出してみてはいかがでしょうか。
いや、もうとりあえず全13話、一気に観てください!


<■2015年9月25日追記■『響け!ユーフォニアム』が2015年9月25日(金)に朝のNTV情報番組『ZIP!』で紹介されました>

「チューモーク」にて、吹奏楽の青春物語として4分ほど紹介されていました。

冒頭の紹介はこんな感じでした。

全国大会出場」が目標……しかしさまざまなドラマが!
生徒同士のソロパート争い、練習しても乗り越えられない壁など、部活のリアルな悩みや葛藤が描かれている、少女たちの青春物語。

米粒写経のサンキュータツオさんによる紹介も掲載しておきます。

普通人気のあるアニメの部活ものっていいますと、仲間と友情が芽生えて一緒に大会を目指して『わーっ』っていう、それも当然面白いんですけど、このアニメは現実世界で起こっている事をリアルに丁寧に追っている作品です。

チューモーク!1■リアリティーあふれる人間模様

例えば部活の中でモチベーションに差があるっていうところをまず一番最初に描くんです。
本気で練習している人と、ちょっと楽しく出来ればいいかなみたいな人と。
3年生の中では部活を続けるのか、それとも受験勉強をするのかっていう究極の選択を迫られて…(部活をやめる先輩も出てきます。)
いろんな姿勢で取り組んでいる人を出すことによって、すごくリアルな人間模様、なかなか今までのアニメでは踏み込めなかった部分ていうところを描いていると思います。

チューモーク!2■演奏シーンの細かさ

今回特に吹奏楽部ものということで音にもかなりこだわっていると思うんです。
例えばちょっとヘタな感じ、練習を積んでうまくなった感じっていうのも表現しています。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ
続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード