とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

早見沙織

なんかキスしてばっかりだ◆山田くんと7人の魔女5

山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]
山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]



【作品情報】
原作吉河美希(講談社『週刊少年マガジン』連載)
監督宅野誠起
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
飯田恵理子
アニメーション制作ライデンフィルム
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト山田竜 - 逢󠄁坂良太
白石うらら - 早見沙織
宮村虎之介 - 増田俊樹
伊藤雅 - 内田真礼
椿剣太郎 - 佐々木寿治
小田切寧々 - 喜多村英梨
五十嵐潮 - 小野大輔
山崎春馬 - 福山潤
飛鳥美琴 - 花澤香菜
大塚芽子 - 牧野由依
猿島マリア - タカオユキ
滝川ノア - 悠木碧
西園寺リカ - 田澤茉純
玉木真一 - 立花慎之介
宮村レオナ - 沢城みゆき
製作2014「やまじょ」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
この学校には7人の魔女がいる。
私立の進学校での日常になじめず、問題ばかり起こしている主人公・山田竜。
しかしあることをきっかけに、彼の学園生活は一変!
新たな仲間や魔女たちとの出会いとともに、楽しくも大変な毎日が始まった。
7人の魔女を見つけるまで、もう退屈なんて言わせない!



【レビュー】(未視聴の方向け)
週刊ヤンマガで連載中の『山田くんと7人の魔女』は、
一度ドラマ化されたのち、2015年春にアニメ化された。

普通学園恋愛ものといえば、少しずつ主人公とヒロインが仲良くなっていき、
告白し、付き合って、幸せなキスをして、ハッピーエンドだと勝手に思っている。

しかしこの作品は違う。
「キスから始まる」スクールラブコメだ。
キスをすることで、主人公とヒロインは身体を入れ替えることができる。

この男女間の「入れ替わり」もラブコメの王道だと思われるが、
キスをするという行為が入れ替わるためのコマンドであるところが、
この作品の最大の魅力といっていいと思われる。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

中二病でもかっこいい!!◆異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで 1【初回生産限定版】 [Blu-ray]
岡本信彦
エイベックス・ピクチャーズ
2014-12-26




【作品情報】
原作望公太
総監督大塚雅彦
脚本大塚雅彦
高橋正典
樋口七海
キャラクターデザイン山口智
アニメーション制作TRIGGER
話数全12話
放送年2014年秋(2014年10月~12月)
キャスト安藤寿来 - 岡本信彦
神崎灯代 - 山崎はるか
櫛川鳩子 - 早見沙織
高梨彩弓 - 種田梨沙
姫木千冬 - 山下七海
工藤美玲 - 福原香織
里見詩春 - 名塚佳織
安藤真智 - 浅野真澄
九鬼円 - 加藤英美里
相模静夢 - 細谷佳正
製作泉光高校文芸部



【PV】




【あらすじ】
泉光高校文芸部・安藤 寿来を始めとする5人の部員は重度の厨二病を患っている安藤に呆れつつも、それなりに平穏な日常を過ごしていた。
しかしある日、部員達は「異能」と呼ばれる特殊な能力を操れるようになる。
妄想が現実になったことを喜ぶ安藤だったが、他の4人の異能がとんでもない能力ばかりなのに対して彼の異能は本当に、まったく全然大したものではなかった。
他の異能の持ち主も現れるものの世界を揺るがすような大きな事件も起きず、「それなりに平穏な日常」は続くのであった。



【レビュー】(未視聴の方向け)
いわゆる中二病な主人公と、彼を取り巻く女の子たちが、ある日異能が使えるようになってしまったというお話。
全編を通じて、恋愛モノ、ハーレムモノで、王道展開だが、日常系なのでポケっと見ることができる。
ただ原作の一部がカットされているので、正直アニメから入るとよくわからない。
特に、相模は何者なのか、アニメを見終わっても今一釈然としなかった。
なので、もしこういうストーリーが好きだと1話の時点で感じたら、
原作も併せて読んで内容を補完するといいかもしれない。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

例の紐◆ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」Vol.1<初回生産限定版> [Blu-ray]
松岡禎丞
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-06-24




【作品情報】
原作大森藤ノ
監督山川吉樹
シリーズ構成白根秀樹
キャラクターデザイン
木本茂樹
アニメーション制作J.C.STAFF
話数全13話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャストベル・クラネル - 松岡禎丞
ヘスティア - 水瀬いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン - 大西沙織
リリルカ・アーデ - 内田真礼
エイナ・チュール - 戸松遥
シル・フローヴァ - 石上静香
リュー・リオン - 早見沙織
リヴェリア・リヨス・アールヴ - 種田梨沙
製作ダンまち製作委員会



【PV】




【あらすじ】
広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。
英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。
あまりのレベル差になすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。
その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつかアイズに釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。



【レビュー】(未視聴の方向け)
「ヘスティアの紐」で大ブレイクした、通称『ダンまち』。
日常系が好きな自分でしたが、録画していた13話を一気に見るほどハマりました。
戦闘シーンもあり、主人公たちパーティーがどうなってしまうのかとハラハラすることもありましたし、
神であり、ロリ巨乳でもある、ヘスティアのベルくんに対する愛情にニヤニヤしたりと、
最後まで飽きずに見ることができました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

「やっぱり小町的にポイントが高い」◆やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続5





【作品情報】
原作渡航
監督及川啓
シリーズ構成
菅正太郎
キャラクターデザイン
田中雄一
アニメーション制作feel.
話数全13話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト比企谷八幡 - 江口拓也
雪ノ下雪乃 - 早見沙織
由比ヶ浜結衣 - 東山奈央
一色いろは - 佐倉綾音
葉山隼人 - 近藤隆
比企谷小町 - 悠木碧
三浦優美子 - 井上麻里奈
海老名姫菜 - ささきのぞみ
戸部翔 - 堀井茶渡
戸塚彩加 - 小松未可子
製作
やはりこの製作委員会はまちがっている。続
TBS



【PV】




【あらすじ】
青春は残酷だ!? ひねくれ男の妄言ラブコメ 
孤独に負けず。
友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう──
そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。
さえない僕がひょんなことから美少女と出会い……どう考えてもラブコメ展開!?  と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!
繰り広げられる間違いだらけの青春模様──俺の青春、どうしてこうなった!? 
そんな大人気シリーズの第2期!!



【レビュー】(未視聴の方向け)
きっかけはSoftbankのアニメ放題の契約で、最初に目に留まったから。
最近のラノベはタイトルが長いものが増えています。
そういった作品群の中でひときわ注目されているのがこの作品です。
「このライトノベルがすごい」とかで選ばれていたような…。

1期はアニメ放題で見ていて、作画や音楽がすごく好きだったので、
2期の制作が決定したときはとても嬉しかった…。
しかしアニメ制作会社や一部のスタッフが変更されているのが少し残念でしたね。
1期のキャラデザのほうが個人的には好きだったので(feel.の方々すみません)。
…と思っていましたが、2期のキャラデザも悪くない…。
慣れの問題?
2期のほうが内容的に面白かったという意見もちらほら見かけますので、
ぜひ1期視聴済みの方も2期から見始める方も、
いろいろ間違っている青春を送る高校生の日々をご堪能ください。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

「なんですか、これ――」◆響け!ユーフォニアム5

響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]
黒沢ともよ
ポニーキャニオン
2015-06-17




【作品情報】
原作武田綾乃
監督石原立也
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン
総作画監督
池田晶子
アニメーション制作京都アニメーション
話数全13話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト黄前久美子 - 黒沢ともよ
加藤葉月 - 朝井彩加
川島緑輝 - 豊田萌絵
高坂麗奈 - 安済知佳
田中あすか - 寿美菜子
小笠原晴香 - 早見沙織
中世古香織 - 茅原実里
塚本秀一 - 石谷春貴
後藤卓也 - 津田健次郎
長瀬梨子 - 小堀幸
中川夏紀 - 藤村鼓乃美
吉川優子 - 山岡ゆり
斎藤葵 - 日笠陽子
黄前麻美子 - 沼倉愛美
松本美知恵 - 久川綾
滝昇 - 櫻井孝宏
製作「響け!」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
燦き、高らかに鳴り響く管楽器たち。
期待を胸に、主人公・久美子は北宇治高校の門をくぐる。
しかし、登校初日の入学式で久美子が目にしたのは、今にも萎れそうな朝顔のような楽器の演奏。
そんな中、久美子は生来の性格より北宇治高校吹奏楽部に入部することになるが、彼女に待ち受けていたのは想像だにしないかつての強豪校であった吹部の凋残。
生徒たちは、「全国大会に行く」という目標を掲げ、新顧問である滝昇の指導のもと日々練習に明け暮れるが、その実際はトラブルの連続であった。
これは、そんな少女たちの青春や葛藤模様を描いた物語である。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
この作品は、『けいおん!』と同じく部活もの。
ですが、こっちはガチの部活です。
ゆるーい日常系アニメではありません。

吹奏楽部という一つの舞台の中で巻き起こる「青春」を描いています。
仲良しこよしではなく、まさにリアルな青春です。
非日常、ありえない青春ではないのです。

「全国大会に出場する」という目標の中で、部員たちの切磋琢磨する姿や、青春にありがちな恋愛、
事なかれ主義な日本人に見られる人間関係、部活内のいざこざが、本当に丁寧に描かれています。

ここでいう丁寧とは、脚本や演技はもちろん、背景やら表情やら、そういった細かいところに、
京アニらしい丁寧さがみられるという意味です。

もちろん音楽に関しては(吹奏楽をテーマにしているゆえに)拘っています。
こちらはサントラを聴いていただくと、その拘りが伝わってくるかと思います。

なお、個人的に、表情の中でも「」が好きでした。

音楽で熱い青春を過ごした方も、青春の記憶なんて忘れちゃった方も、
この作品で若かったあの頃を思い出してみてはいかがでしょうか。
いや、もうとりあえず全13話、一気に観てください!


<■2015年9月25日追記■『響け!ユーフォニアム』が2015年9月25日(金)に朝のNTV情報番組『ZIP!』で紹介されました>

「チューモーク」にて、吹奏楽の青春物語として4分ほど紹介されていました。

冒頭の紹介はこんな感じでした。

全国大会出場」が目標……しかしさまざまなドラマが!
生徒同士のソロパート争い、練習しても乗り越えられない壁など、部活のリアルな悩みや葛藤が描かれている、少女たちの青春物語。

米粒写経のサンキュータツオさんによる紹介も掲載しておきます。

普通人気のあるアニメの部活ものっていいますと、仲間と友情が芽生えて一緒に大会を目指して『わーっ』っていう、それも当然面白いんですけど、このアニメは現実世界で起こっている事をリアルに丁寧に追っている作品です。

チューモーク!1■リアリティーあふれる人間模様

例えば部活の中でモチベーションに差があるっていうところをまず一番最初に描くんです。
本気で練習している人と、ちょっと楽しく出来ればいいかなみたいな人と。
3年生の中では部活を続けるのか、それとも受験勉強をするのかっていう究極の選択を迫られて…(部活をやめる先輩も出てきます。)
いろんな姿勢で取り組んでいる人を出すことによって、すごくリアルな人間模様、なかなか今までのアニメでは踏み込めなかった部分ていうところを描いていると思います。

チューモーク!2■演奏シーンの細かさ

今回特に吹奏楽部ものということで音にもかなりこだわっていると思うんです。
例えばちょっとヘタな感じ、練習を積んでうまくなった感じっていうのも表現しています。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ
続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
◆経歴:とーいん→せんだいカッパ→かわいきょうバイ→教官→SE。◆好きなもの:車、バイク、電車、ドラム、鍵盤、アニメ、ゲーム、イベント、聖地巡礼、資格。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード