とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

日高里菜

いつからここがリアルだと錯覚していた?◆『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』





【作品情報】
原作聴猫芝居
監督柳伸亮
シリーズ構成
髙橋龍也
キャラクターデザイン
矢野茜
音楽井内舞子
アニメーション制作project No.9
話数全12話
放送年2016年春(2016年4月~2016年月)
キャスト西村英騎 - 豊永利行
玉置亜子 - 日高里菜
瀬川 茜 - 水瀬いのり
御聖院杏 - M・A・O
秋山奈々子 - 大和田仁美
斉藤結衣 - 南條愛乃
製作LA運営チーム



【PV】




【あらすじ】
ネトゲの女キャラに告白! →残念! ネカマでした☆
……そんな黒歴史を秘めた少年・英騎が、今度はネトゲ内で女キャラに告白された。
まさか黒歴史の再来!? と思いきや、相手であるアコ=玉置亜子は本物の美少女!
でもリアルとネトゲの区別が付いていない、コミュ障ぼっちの女の子だった!?
英騎は彼女を“更正”させるため、ギルドの仲間たちと動き出すのだが……。



【レビュー】(未視聴の方向け)
例の長ーいタイトルシリーズ?
でも、今回は異世界に行く話ではありません。
ネトゲとリアルの区別がつかない女の子の日常系みたいな感じです。
2chのネタや「オンラインゲームあるある」がたくさん入っているのが特徴です。
ただ面白い、エロいだけでなく、理想(ゲーム、ネット)と現実(リアル)の難しい問題なども取り上げていて、いろいろ考えさせられるかもしれません。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

キリトくんとアスナさん、末永くお幸せに◆『ソードアート・オンライン』

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]



【作品情報】
原作川原礫
監督伊藤智彦
キャラクターデザイン
足立慎吾
音楽梶浦由記
アニメーション制作A-1 Pictures
話数全25話
放送年2012年夏(2012年7月~2012年12月)
キャストキリト(桐ヶ谷和人) - 松岡禎丞
アスナ(結城明日奈) - 戸松遥
ユイ - 伊藤かな恵
エギル - 安元洋貴
リーファ(桐ヶ谷直葉) - 竹達彩奈
クライン - 平田広明
シリカ - 日高里菜
リズベット - 高垣彩陽
製作SAO Project



【PV】




【あらすじ】
「これは、ゲームであっても、遊びではない」
2022年、とある大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。
主人公キリトは、このナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。
運よくベータテスターに選ばれ正規版も購入したキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。
しかし、そんな感動も束の間、2人はベータテスト時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。
混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。
SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とデスゲームのチュートリアルを開始する。
曰く、ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台「アインクラッド」の最上部第百層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。
そして――、このゲームで死亡したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、ナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて死ぬことになる。
2年後、アインクラッドの最前線は七十四層。プレイヤーの数は、6000程にまで減っていた。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この作品は、かなり有名ですよね。
多少アニメが好きという人でも、知らない人はいないと思っています。
Wikipediaによると、2017年4月現在、「原作文庫シリーズの日本国内での累計発行部数は1,300万部を、全世界では2,000万部を突破」しているとのこと。
まだ視聴したことのない方で、あらすじを読んでワクワクした方は、かなりおすすめです。

自分なりのおすすめポイント
1.いわゆる「ネトゲ経験者あるある」が、多数織り交ぜられています。
2.2クールと観終わるのに時間はかかるが、その分展開は丁寧に感じます。
3.キャラクターが個性的で、見ていて飽きません。
4.恋愛要素も含まれていて、なんか主人公×ヒロインを応援したくなります。

気を付けていただきたい点としては、ネトゲの知識がなかったり、原作未読だったりすると、多少よくわからない部分があることです。
ニコニコ大百科の『ソードアート・オンライン』の記事にある「アニメ各話Q&A」を見ると、スッキリするかもしれません。

1期では、アインクラッド編、フェアリィ・ダンス編が描かれています。
続きは視聴した感想です(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

加速…してみたい!◆アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
三澤紗千香
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-07-25




【作品情報】
原作川原礫
監督小原正和
シリーズ構成
吉野弘幸
キャラクターデザイン
愛敬由紀子
アニメーション制作サンライズ
話数全24話(別にOVAとして2話)
放送年2012年春(2012年4月~2012年9月)
キャスト黒雪姫 - 三澤紗千香
ハルユキ - 梶裕貴
チユリ - 豊崎愛生
タクム - 浅沼晋太郎
ニコ - 日高里菜
製作AW Project



【PV】




【あらすじ】
どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。
デブな中学生・ハルユキもその一人だった。
彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。
仮想の自分を使って“速さ”を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。
季節は秋。
相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は一変する。
少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは“加速世界”の存在を知る。
それは、中学内格差の最底辺である彼が、姫を護る騎士“バーストリンカー”となった瞬間だった。



【レビュー】(未視聴の方向け)
原作の川原礫先生といえば、超有名なライトノベル作家ですね。
『ソードアート・オンライン』などで有名なので、名前を聞いたことのある方も多いと思います。
この作品の舞台設定は、『ソードアート・オンライン』から20年後の世界ということで、世界観は同一。
なので、『ソードアート・オンライン』が好きな方は、こちらも結構はまっている方も多いと、個人的に感じています。
なお、内容は『ソードアート・オンライン』同様、オンラインゲームが舞台となっています。
オンラインゲームは全然やったことない自分でも、話にすごく入り込むことができました。
原作者の描く世界観に引き込まれ、かつ、キャラクターも個性的です。
多少専門用語が多いものの、話の中でしっかりと説明されているので、Wikiなしでも大丈夫です。
24話と2クール作品ではありますが、一息に観終えることができました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

艦娘たちの戦いの幕開け◆艦隊これくしょん -艦これ-4

艦隊これくしょん –艦これ- 第1巻 通常版 [DVD]
上坂すみれ
KADOKAWA / 角川書店
2015-03-27




【作品情報】
原作DMM.com/KADOKAWA GAMES
監督草川啓造
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン
総作画監督
井出直美、松本麻友子
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話
放送年2015年冬アニメ(2015年1月~3月)
キャスト上坂すみれ
日高里菜
タニベユミ
藤田咲
井口裕香
佐倉綾音
東山奈央
大坪由佳
洲崎綾
野水伊織
種田梨沙
ブリドカットセーラ恵美
堀江由衣
川澄綾子
能登麻美子
竹達彩奈
榊原良子

製作「艦これ」連合艦隊司令部



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
人類がその制海権を失ってしまった世界。
海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。
その­脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。
深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。
そこは、多種多彩な艦娘が集い、そして日­々の演習などで切磋琢磨しながら、共同生活をする場所。
その鎮守府にある日、一隻の艦­娘が着任する。
彼女は、特型駆逐艦―。
その名を「吹雪」。
「吹雪です! よろしくお願いします!」



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
もともとは大人気のオンラインゲームです。
「第二次世界大戦時の大日本帝国海軍の軍艦を中心とした艦艇を擬人化した『艦娘』」たちの日常と戦いが描かれています。
これまでいろんなもの(主に動物)が擬人化されてきましたが、まさか艦艇を擬人化してしまうとは…。
おそるべし日本。
しかもWikipediaや他の方のページを見ると、ある程度史実に基づいてキャラが作られているようで、
コアな軍ヲタの方々からも注目が集まっています。

このゲームが2015年にアニメ化されました。
艦娘たちが海を支配する深海棲艦と戦うストーリーがメインで、時々日常回が含まれています。
自分はこのゲームを全くやったことがなく、また軍艦にも興味がないので、
何も知識のないまま全12話を視聴しました。

結論から言えば、全く何も知らない自分には楽しめる作品でした!
しかし、ネット界隈を見てみると、実際にゲームをプレイしている提督さんには不評の声もあるみたいです。。。
(主にキャラ設定や、自分のお気に入りの艦娘たちの扱い方について)
そのため、ゲームはゲーム、アニメはアニメで割り切って視聴するのがいいと思われます。
なお、最終話では続編の制作決定が告知されています。

この作品では特に声優さんの七色の演技にも目を向けていただきたいです。
殆どの方が1人で複数のキャラクターを演じておられます。
特に佐倉綾音さん、洲崎綾さん、東山奈央さんは、1人で何役もこなしているから驚きです。
声優さんの本気が見たい方にも、この作品は勧められますね。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード