斎藤千和





【作品情報】
原作 西尾維新
総監督新房昭之
シリーズ構成東冨耶子
新房昭之
キャラクターデザイン渡辺明夫
音楽神前暁 ほか
アニメーション制作シャフト
話数全26話
放送年2013年夏(2013年7月~12月)
キャスト阿良々木暦 - 神谷浩史
戦場ヶ原ひたぎ - 斎藤千和
忍野忍 - 坂本真綾
貝木泥舟 - 三木眞一郎
羽川翼 - 堀江由衣
千石撫子 - 花澤香菜
八九寺真宵 - 加藤英美里
神原駿河 - 沢城みゆき
阿良々木火憐 - 喜多村英梨
阿良々木月火 - 井口裕香
忍野メメ - 櫻井孝宏
製作アニプレックス
講談社
シャフト



【PV】




【あらすじ】
とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。
女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。
暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この『物語シリーズ』も、最初の『化物語』が放送されたのが2009年であることを考えれば、だいぶ息の長い作品になりました。
その時例えば中学だったガキは、現在大学を卒業するかもしれない、大人になり切れない人間に、成長していることを考えると、自分がこの『化物語』を知ったのが大学生ですから、そりゃあ歳を取るわけだと考えてしまいます。
それはともかく、この『セカンドシーズン』は、2013年に録画していたもので、2017年が終わるこの時期にようやくすべて見終えることができました。
自分は既に大学時代に、大学の図書館においてあった『物語シリーズ』の原作を読んでいたので、多少放送されるエピソードの時系列がずれていたとしても、全く、いや、少々、あれこれってどんなやり取りを原作ではしていたんだっけかと一考することはあったけれども、特に混乱することもなくすべてを見終えることができたわけですが、もし仮に自分がこの『物語シリーズ』を原作を読まずに、アニメを最初に観てしまったとしたら、全くこの物語を理解することができず、そして理解しようともせず、終わりにしていたことでしょう。
まあ、何がいいたいかというと、文字通り、『物語シリーズ』のアニメは行間を読む必要があります。
できれば、アニメを見る前に、原作でどんなやり取りが行われているのかを確認したほうがよいと考えます。
それを踏まえたうえで、続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 葉月絵理乃 ]
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 葉月絵理乃 ]



【作品情報】
原作天野こずえ
監督佐藤順一
シリーズ構成
佐藤順一
キャラクターデザイン
古賀誠
アニメーション制作ハルフィルムメーカー
話数全13話
放送年2005年秋(2005年10月~2005年12月)
キャスト水無灯里 - 葉月絵理乃
アイ - 水橋かおり
アリア社長 - 西村ちなみ
藍華 - 斎藤千和
アリシア - 大原さやか
アリス - 広橋涼
晃 - 皆川純子
アテナ - 川上とも子
暁 - 野島裕史
ウッディー - うえだゆうじ
製作ARIAカンパニー



【PV】




【あらすじ】
ARIAシリーズ第1期のアニメ作品。
地球(マンホーム)出身の水無灯里(みずなしあかり)は、一人前の水先案内人(ウンディーネ)になることを目指し、AQUA(アクア)へやってきた。
現在は先輩のアリシアと猫のアリア社長のいる ARIAカンパニーで、半人前としてゴンドラ漕ぎと観光案内の練習をする日々を送っている。
ネオ・ヴェネツィアの優しい風景の中、成長していく灯里とその周りの人々の四季折々の生活を描く。



【レビュー】(未視聴の方向け)
2014年にtvkでやっていた再放送で視聴。
『たまゆら』などで有名な佐藤順一監督作。
最初の1話を見たときに、おそらく「退屈な」「つまらない」印象を受けるかもしれません。
戦う乙女たちではないし、かといって普通の女子高生アニメでもない…。
3次元ではありえないような「ほのぼの感」が、ずーっと続きます。
非日常のような日常、別次元の癒し系作品といえます。
ワクワクする、萌えを求める、SF系が好きな人には向かないかもしれません。
ただ、現実につかれて嫌になった人がふっと見ることで、少しでも元気をもらえる作品であると確信しています。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ささみさん@がんばらない 1(通常版) [DVD]
阿澄佳奈
アニプレックス
2013-03-27




【作品情報】
原作日日日
監督新房昭之
シリーズ構成
脚本
高山カツヒコ
キャラクターデザイン
原田大基
アニメーション制作シャフト
話数全12話
放送年2013年冬(2013年1月~3月)
キャスト月読鎖々美 - 阿澄佳奈
月読神臣 - 大塚芳忠
邪神つるぎ - 斎藤千和
邪神かがみ - 花澤香菜
邪神たま - 野中藍
製作製作委員会@がんばらない、TBS



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
引きこもりの「ささみさん」と奴隷体質の「お兄ちゃん」のささやかな生活に降りかかる、八百万の神々による怪奇現象。
そして、個性あふれる「邪神三姉妹」とのありえないラブコメ。
そんな日常系として描かれる非日常の物語。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
これは大学4年生の時に、たまたまアニメで放映されていたのがきっかけで知り、
最近「アニメ放題」で全部見た作品です。

原作者の日日日(あきら)さんは、『狂乱家族日記』が代表作の作家さんで、
執筆スピードがとても速いことでも知られています。
この『狂乱家族日記』もたまたまカラオケでPVが配信されていたから知っているのであって、
詳しい内容も全くわかっていないので、別に作家さん目当てで見たわけではありません。
どちらかといえば、そのニート受けしそうなタイトル(特にタイトルに「@」が入っているところが好き)、
また、シャフトが制作しているというブランドイメージに惹かれました。

全12話、OPはZAQさんが歌っていますが、EDは鎖々美役の阿澄さんが担当。
ただし、EDではキャラクター同士のコントみたいなのが流れているので、完全版は最終話でしか流れません。
そういった意味でも、スタッフの「がんばらない」感じが出てて好きです。
(円盤では例のごとくシャフトの鬼修正が行われており、そういった意味でも「がんば」っていません←褒め言葉)

話の内容はシスコンのお兄ちゃんと、ブラコンのひきこもり妹のラブラブ話…かと思っていましたが、
ひきこもりになった理由や、神々の話やら、いろんな要素がぐちゃっと混ざり合いながら話が進んでいくので、
一回見ただけで話を理解するのは、難しいかもしれないと個人的には思いました。
特に話の展開が速いです。
テンポはいいし、シャフトの演出も好きだけれども、ちょっとついていけなくなりそうでした。
でも見返せば見返すほど、味が出る作品でもあると思います。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ