とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

小澤亜李

かわいい絵柄ですが、とんでもない腐女子がいます◆『ステラのまほう』





【作品情報】
原作くろば・U(芳文社「まんがタイムきららMAX」連載)
監督川面真也
シリーズ構成
脚本
志茂文彦
くろば・U(OVA)
キャラクターデザイン
総作画監督
古川英樹
音楽亀山俊樹
アニメーション制作SILVER LINK.
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~12月)
キャスト本田珠輝 - 長縄まりあ
村上椎奈 - 村川梨衣
関あやめ - 小澤亜李
藤川歌夜 - 悠木碧
布田裕美音 - 前川涼子
飯野水葉 - 今村彩夏
百武照 - 赤﨑千夏
製作ステラのまほう製作委員会



【PV】




【あらすじ】
高校の入学式の日、夢中になれることを探して部活PRの展示を見て回る新1年生の珠輝。
幼なじみのクラスメイト・裕美音はイラスト部に入部して楽しそうだけれど、珠輝は何をしたいかわからなくて……。
同人ゲームを作る部活「SNS(死んだ魚の目・日照不足・シャトルラン)部」の机でパズルゲームをプレイした珠輝。
迷った末、新入部員になることを決めます!
プログラマで部長の2年生・椎奈、シナリオ担当の2年生・あやめ、BGMと効果音の担当、2年生・歌夜の3人と一緒に、ゲームを作る日々が始まります。



【レビュー】(未視聴の方向け)
高校生の同人ゲーム制作ストーリーです。
今期も放送されている『NEW GAME』は、ゲーム会社で働く女の子たちのストーリーですが、こちらは高校の部活でゲームを作るお話です。
いわゆる日常系で、ゲーム制作のあるあるを織り込みつつ、主人公の珠輝ちゃんを中心に、ゲーム制作の楽しさややりがい、面白さなどが伝わってくる作品となります。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

高校生ですが…仕事人でもあります◆『Classroom☆Crisis』





【作品情報】
原作MONTWO
監督長崎健司
シリーズ構成
丸戸史明 with 企画屋
キャラクターデザイン
かんざきひろ
 石野聡
アニメーション制作Lay-duce
話数全13話(OVA 1話)
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト瀬良 カイト - 森久保祥太郎
霧羽 ナギサ - 内田雄馬
白崎 イリス - 雨宮天
瀬良 ミズキ - 小澤亜李
服部 花子(アンジェリーナ) - 小林ゆう
領家 マコト - 津田美波
北原 コジロー - 豊永利行
花岡 ツバサ - 洲崎綾
舞岡 サクゴ - 近藤孝行
能年 ユナ - 阿澄佳奈
上永谷 アキ - 夏川椎菜
八槙 スバル - 南條愛乃
小鳥遊 カオルコ - 堀江由衣
製作CC PROJECT(アニプレックス、アニマティック、電通、ムービック、KADOKAWA、Lay-duce)
MBS



【PV】




【あらすじ】
火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。
この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。
物語はこのA-TECに転校生・霧羽ナギサがやってくることから始まる。
創業者一族の名を冠するこの男は、先行技術開発部部長に就任するやいなや、A-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する。
それを防ぐには今まで湯水のように使ってきた予算を節約し、開発コストを大幅に削減しなければならない……。
今まで目を逸らし続けていた現実をつきつけられたカイトは、果たしてA-TECの危機を乗り切ることができるのか。
そして霧羽ナギサの真の目的とは――。



【レビュー】(未視聴の方向け)
『俺妹』のキャラデザを担当している、かんざきひろさんが参加している作品です。
最初、公式ホームページにも情報が明かされていなかったので、てっきり学園モノだと思っていました。
しかし、1クール通してみると、これは学園モノではなく、なんと企業モノでした。
と思ってみていたら、政治とか、いろんな要素が絡んできています。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

全話通じて主人公が変態でしたね◆ミカグラ学園組曲





【作品情報】
原作Last Note.
監督岩崎太郎
シリーズ構成横谷昌宏
キャラクターデザイン天﨑まなむ
アニメーション制作動画工房
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト一宮エルナ - 木村珠莉
御神楽星鎖 - 大西沙織
八坂ひみ - 諏訪彩花
藤白おとね - 小澤亜李
二宮シグレ - 島﨑信長
九頭竜京摩 - 細谷佳正
赤間遊兎 - 花江夏樹
湊川貞松 - 古川慎
射水アスヒ - 加隈亜衣
ビミィ - 松岡禎丞
花袋めいか - 上田麗奈
にゃみりん - 戸松遥
熊野さん - 久保ユリカ
うさ丸 - 山下大輝
トンきゅん - 寺島拓篤
鳴海クルミ - 茅野愛衣
離宮ルミナ - 高橋未奈美
遠石遥架 - 石上静香
相良あづみ - 大久保瑠美
製作ミカグラ学園組曲製作委員会



【PV】




【あらすじ】
一宮エルナは中学校時代にニート一直線の生活を送っていた。
親や従兄の二宮シグレに説得され高校選びを始めるも、どの学校の制服も可愛くはなく高校選びは難航していた。
最終的に行き着いたのはシグレが在籍しているという理由から真っ先に候補から外していた私立ミカグラ学園だった。
入学式の日、これからの生活に胸をときめかせていたエルナが見たものは、必殺技を駆使して戦う先輩たちの姿だった。
さらにこの学校には「一か月以内に部活動に入らないと強制的に退学」という校則まで存在し――
はたしてエルナはまともな学園生活を送ることが出来るのか。



【レビュー】(未視聴の方向け)


ボカロ好きであれば、一度は聞いたことがあるであろう、Last Note.さんの曲『放課後ストライド』。
実はこれがミカグラ学園組曲の一番最初の曲です。
この組曲のストーリーがライトノベル化されており、それがアニメ化したという形です。
それにしても、Last Note.さんの多彩な才能に驚きます。
この人、本業は音楽のプロとかなんじゃないのかな。
一度ご覧になる前に、こちらのCDをお聞きになるのも、楽しみ方の一つだと思います。
ただし、アニメ作品は原作と設定が変更されているなど、オリジナル要素が強くなっています。

ミカグラ学園組曲
Last Note.
SMR
2015-02-25


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

◆『小森さんは断れない!』4



【作品情報】
原作クール教信者
監督今泉賢一
シリーズ構成
勝呂悠香
キャラクターデザイン國行由里江
アニメーション制作アニメーションスタジオ・アートランド
話数全12話
放送年2015年秋(2015年10月~12月)
キャスト小森しゅり - 内田彩
西鳥めぐみ - 小澤亜李
根岸まさ子 - 長縄まりあ
大谷九郎 - 竹下礼奈
製作製作委員会は断れない



【PV】
公式サイトで配信中



【あらすじ】
優しすぎてお願い事をされると断れない女子中学生・小森しゅりを主役にした学園4コマ。
力仕事の手伝いや友達に勉強を教えるうちにさまざまな能力を身につけ、そのぶん小森さんはさらに人に頼られる存在になっていく。
NOと言えない性格と、受験勉強や友達関係など思春期の悩みが織り成す青春模様を描く。



【レビュー】(未視聴の方向け)

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
かつて、自分も高校生のころ、こんな感じで人に頼られることが多かったことを思い出します。
悪く言えば「パシリ」ですが、当時も今もそんなに人に頼られるのは嫌なことではないです。
人間は周りに必要とされることで、自分の存在意義を見出すことができます。
私もそうやって、自分の居場所を求めていたんだと思います。
でも、人に頼られすぎて自分のやりたかったことができなくなってしまうのは、人生勿体無いです。
それに「私がこんなにやっているので、どうして相手は何もしてくれないの?」と見返りを求めるようになりがちですが、これも避けなければならないと思います。
相手は何もしてはくれないので(社会はそんなに優しくないので)。

[声優]
内田彩さんの声は、某ことりちゃんみたいな高い声ではなく、おとなしい声でよかったです。
そういえば長縄まりあさんって、ソメラちゃんにも出ていたような…。

[キャラクター]
主人公がとても胸が大きいので、てっきり高校生の設定かと思っていました。
進路の話になったときにようやく中学生であることに気が付いたのでした。

[作画]
個人的には、原作の小森さんのほうがかわいくて好きです。(キャラデザさんすみません…。)

[音楽]
幽閉サテライトさんの『とあるいつもを』、この物語にあった爽やかな曲です。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

日常系だと思った? 残念でした!◆がっこうぐらし5

がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
水瀬いのり
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-09-26




【作品情報】
原作海法紀光×千葉サドル(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
監督安藤正臣
シリーズ構成
海法紀光(ニトロプラス)
キャラクターデザイン
飯塚晴子
アニメーション制作Lerche
話数全12話
放送年2015年夏(2015年7月~9月)
キャスト丈槍由紀 - 水瀬いのり
恵飛須沢胡桃 - 小澤亜李
若狭悠里 - M・A・O
直樹美紀 - 高橋李依
佐倉慈 - 茅野愛衣
太郎丸 - 加藤英美里
製作がっこうぐらし!製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部。
シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐ姉らに囲まれた、
丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし……!?
千葉サドル×海法紀光(ニトロプラス)の強力タッグが贈る注目作。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
かわいい絵柄やPVだけをみると、ただの日常系かと思ってしまう方も多いと思います。
実際、このアニメが始まる前、原作未読の人は『ごちうさ』のようなホンワカした日常系を想像していたようです。
しかし第1話の後半、その世界観は一変します。

ニトロプラスといえば『まどマギ』や『サイコパス』…。
この作品群を見たことのある方は、これが日常系ではないと見抜けたのでは?
第1話放送後、ホームページにのっていた世界観も変わっています。

俗に『ぞんぞんびより』と言われているこの作品。
未視聴の方、まずは第1話を見てください。
好みのわかれる作品かと思いますが、私は楽しめました。
原作コミックスも発売されていますので、そちらから入っても楽しめるかと思われます。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード