喜多村英梨

バーナード嬢曰く。 [Blu-ray]
喜多村英梨
ドリームクリエイション
2017-01-20




【作品情報】
原作施川ユウキ
監督ひらさわひさよし
脚本内堀優一
キャラクターデザイン
なつのはむと(原案)
ゴンタ
音楽株式会社幻影
アニメーション制作Creators in Pack
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~12月)
キャスト町田さわ子 - 喜多村英梨
神林しおり - 小松未可子
遠藤 - 市来光弘
長谷川スミカ - 洲崎綾
尾崎放哉 - 山口翔平
ヒロインの声 - 潘めぐみ
製作ド嬢図書委員会



【PV】




【あらすじ】
名著を読まずに読書家ぶりたい“バーナード嬢”こと町田さわ子と、
読書家の友人たちの日常を描いたショートギャグ。



【レビュー】(未視聴の方向け)
5分で見れる、文学紹介作品です。
そういえば最近本を読んでいないなーとか、
図書館で本でも読んでみようかなと思っている方には、非常に参考になる作品だと思います。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]
山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]



【作品情報】
原作吉河美希(講談社『週刊少年マガジン』連載)
監督宅野誠起
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
飯田恵理子
アニメーション制作ライデンフィルム
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト山田竜 - 逢󠄁坂良太
白石うらら - 早見沙織
宮村虎之介 - 増田俊樹
伊藤雅 - 内田真礼
椿剣太郎 - 佐々木寿治
小田切寧々 - 喜多村英梨
五十嵐潮 - 小野大輔
山崎春馬 - 福山潤
飛鳥美琴 - 花澤香菜
大塚芽子 - 牧野由依
猿島マリア - タカオユキ
滝川ノア - 悠木碧
西園寺リカ - 田澤茉純
玉木真一 - 立花慎之介
宮村レオナ - 沢城みゆき
製作2014「やまじょ」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
この学校には7人の魔女がいる。
私立の進学校での日常になじめず、問題ばかり起こしている主人公・山田竜。
しかしあることをきっかけに、彼の学園生活は一変!
新たな仲間や魔女たちとの出会いとともに、楽しくも大変な毎日が始まった。
7人の魔女を見つけるまで、もう退屈なんて言わせない!



【レビュー】(未視聴の方向け)
週刊ヤンマガで連載中の『山田くんと7人の魔女』は、
一度ドラマ化されたのち、2015年春にアニメ化された。

普通学園恋愛ものといえば、少しずつ主人公とヒロインが仲良くなっていき、
告白し、付き合って、幸せなキスをして、ハッピーエンドだと勝手に思っている。

しかしこの作品は違う。
「キスから始まる」スクールラブコメだ。
キスをすることで、主人公とヒロインは身体を入れ替えることができる。

この男女間の「入れ替わり」もラブコメの王道だと思われるが、
キスをするという行為が入れ替わるためのコマンドであるところが、
この作品の最大の魅力といっていいと思われる。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
おじさんとマシュマロ [Blu-ray]
稲田徹
ドリームクリエイション
2016-04-16




【作品情報】
原作音井れこ丸
総監督ひらさわひさよし
脚本岡篤志
キャラクターデザイン
白川茉莉
なつのはむと
アニメーション制作Creators in Pack
話数全12話
放送年2016年冬(2016年1月~2016年3月)
キャスト日下幅広 - 稲田徹
若林伊織 - 喜多村英梨
MIO5 - 花澤香菜
若林 勇 - 柿原徹也
課長 - チョー
社長 - 小西克幸
向井 - 田口香織
町田 - 木下鈴奈
マシュマロ工場の先輩 - 吉富ちか
マシュマロ工場の後輩 - 古木のぞみ
製作元気田堂広報部



【PV】




【あらすじ】
マシュマロ好きのおじさん・日下と、彼に好意を寄せるOL・若林を描いたWEBマンガを原作とした作品。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この話はマシュマロを中心に話が展開されています。
一部シモネタもありますが、それをいやらしいと感じさせないのがこの話の不思議なところです。
おじさん・日下の声を担当する稲田さんの渋い声が映える作品です。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
まよチキ!Blu-ray BOX
井口裕香
キングレコード
2014-02-05




【作品情報】
原作あさのハジメ
監督川口敬一郎
シリーズ構成
吉田玲子
キャラクターデザイン川村幸祐
アニメーション制作feel.
話数全13話
放送年2011年夏(2011年7月~2011年9月)
キャスト近衛スバル - 井口裕香
坂町近次郎 - 日野聡
涼月奏 - 喜多村英梨
坂町紅羽 - 花澤香菜
宇佐美マサムネ - 伊瀬茉莉也
鳴海ナクル - 阿澄佳奈
近衛流 - 藤原啓治
製作まよチキ!製作委員会
TBS



【PV】




【あらすじ】
執事系女子の時代、来たる!?
クラスメイトの涼月奏に執事として仕えている美少年・近衛スバル。
ふとした事故により、俺はスバルの秘密を知ってしまう。
華奢な身体。かすかに漂う香り。掌に吸い付く柔らかい感触……って、こいつ女の子だったのか!?
「ボクはおまえの記憶が飛ぶまで殴り続ける。それが執事の記憶消去術だ」
「その方法に執事は関係ねえだろ!」
どうやら彼女は家庭の事情とやらで、女の子であることがバレると執事を辞めなくてはいけないらしい。
そんな中、奏はスバルの秘密を守ることと引き替えに、ある協力を俺に申し出てくるが……? 



【レビュー】(未視聴の方向け)
きっかけは、この作品を作ったのが自分の先輩ではないか説から。
原作のあさのハジメさんとよく似た名前の先輩を知っていて、とある事情で脚本を手掛けていました。
まだ本人に直接お聞きしていないので、事実はわかりませんが…。
しかし、それを抜きにしても、この作品なかなか面白い!
脚本が吉田さんというのも、面白さに拍車をかけているのかもしれません。
(結構吉田さんの名前はお見掛けするので)
そしてエロいです。
こういうバカっぽくてお色気ありの作品はあまり見たことがありませんでしたが、興奮するというよりかはニヤってする感じがなんか懐かしく感じます。
はじめてAVをみる中学生のような感じですかね。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
まんがーる! [Blu-ray]
宮本佳那子
アース・スター エンターテイメント
2013-05-24




【作品情報】
原作アース・スター エンターテイメント
監督中西伸彰
シリーズ構成
脚本
吉田玲子
キャラクターデザイン尾尻進矢
アニメーション制作動画工房
話数全14話
放送年2013年冬(2013年1月~2013年3月)
キャスト佐々山はな - 宮本佳那子
鳥井あき - 駒形友梨
原木つぐみ - 尾高もえみ
西島りんご - 大橋彩香
藤森しのぶ - 茅野愛衣
御園さゆり - 竹達彩奈
彩野ひかり - 喜多村英梨
桜台きいろ - 悠木碧
阿部あん - 内田真礼
製作アース・スター エンターテイメント



【PV】




【あらすじ】
「コミック アース・スター」編集部を舞台に、はな編集長をはじめ、それまで雑誌編集経験のまるで無かった女性編集部員たちが、「日本一の漫画雑誌」を作り育てる夢を叶えるべく、仕事に励む日々を描くコメディ!



【レビュー】(未視聴の方向け)
完全に「コミックアース・スター」の宣伝用アニメだと思っていたら、意外にも雑誌の創刊・編集作業・ロケ地への取材・アニメ化・グラビアの撮影など、こういうふうにして雑誌が作られていくんだ、メディアミックス展開されているんだというのが、細かいところまで表現されています。
4コマ漫画での内容+アニメオリジナルに付け足している内容などもあるので、5分という短い作品ながらも十分に楽しめる内容です。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
【作品情報】
原作青山剛昌
監督・絵コンテ山本泰一郎
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間110分
公開日2009年4月18日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  神谷明
小清水亜美  井上喜久子  小山茉美
水樹奈々  折笠富美子  喜多村英梨  ほか
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
東京・神奈川・静岡・長野で計6人が殺害される事件が起こった。
どの現場にもアルファベットが刻まれた麻雀牌が残されていたことから、同一犯もしくは同一 組織による広域連続殺人事件と認定される。
警視庁で各県警の刑事を集めて合同捜査会議が開かれ、特別顧問として小五郎も参加する事になった。
事件は麻雀牌 の意味、6人目の犠牲者が残した言葉「七夕…きょう…」の意味、被害者の共通点、被害者から1つずつ所持品を持ち去った理由と多くの謎を残していた。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第13作目。
黒の組織との対決が後半に描かれている作品になります。

見終えて思ったのが、自分的に豪華な声優陣!

小山茉美さんの声を聴くと、報道ステーションのナレーションを思い出します。
もう60歳なんですよねー。落ち着いた大人の女性の声で素敵です。

井上喜久子さんの気が狂ったスナイパーの演技も、見ていてわくわくしました。

刑事の役で小清水亜美さん、キーパーソンの恋人を演じた折笠富美子さん、
ちょい役で水樹奈々さんや、キタエリこと喜多村英梨さんも出演。

ベテランを起用していた劇場版コナンですが、ここにきて若い声優さんを起用しています。
それも個人的な見どころの一つと言えます。

またこの映画をもって、小五郎の声は神谷さんから小山さんにバトンタッチとなります。
やっぱりまだ慣れないんだよなー、おっちゃんの声。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ