加藤英美里





【作品情報】
原作 西尾維新
総監督新房昭之
シリーズ構成東冨耶子
新房昭之
キャラクターデザイン渡辺明夫
音楽神前暁 ほか
アニメーション制作シャフト
話数全26話
放送年2013年夏(2013年7月~12月)
キャスト阿良々木暦 - 神谷浩史
戦場ヶ原ひたぎ - 斎藤千和
忍野忍 - 坂本真綾
貝木泥舟 - 三木眞一郎
羽川翼 - 堀江由衣
千石撫子 - 花澤香菜
八九寺真宵 - 加藤英美里
神原駿河 - 沢城みゆき
阿良々木火憐 - 喜多村英梨
阿良々木月火 - 井口裕香
忍野メメ - 櫻井孝宏
製作アニプレックス
講談社
シャフト



【PV】




【あらすじ】
とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。
女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。
暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。



【レビュー】(未視聴の方向け)
この『物語シリーズ』も、最初の『化物語』が放送されたのが2009年であることを考えれば、だいぶ息の長い作品になりました。
その時例えば中学だったガキは、現在大学を卒業するかもしれない、大人になり切れない人間に、成長していることを考えると、自分がこの『化物語』を知ったのが大学生ですから、そりゃあ歳を取るわけだと考えてしまいます。
それはともかく、この『セカンドシーズン』は、2013年に録画していたもので、2017年が終わるこの時期にようやくすべて見終えることができました。
自分は既に大学時代に、大学の図書館においてあった『物語シリーズ』の原作を読んでいたので、多少放送されるエピソードの時系列がずれていたとしても、全く、いや、少々、あれこれってどんなやり取りを原作ではしていたんだっけかと一考することはあったけれども、特に混乱することもなくすべてを見終えることができたわけですが、もし仮に自分がこの『物語シリーズ』を原作を読まずに、アニメを最初に観てしまったとしたら、全くこの物語を理解することができず、そして理解しようともせず、終わりにしていたことでしょう。
まあ、何がいいたいかというと、文字通り、『物語シリーズ』のアニメは行間を読む必要があります。
できれば、アニメを見る前に、原作でどんなやり取りが行われているのかを確認したほうがよいと考えます。
それを踏まえたうえで、続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

異能バトルは日常系のなかで 1【初回生産限定版】 [Blu-ray]
岡本信彦
エイベックス・ピクチャーズ
2014-12-26




【作品情報】
原作望公太
総監督大塚雅彦
脚本大塚雅彦
高橋正典
樋口七海
キャラクターデザイン山口智
アニメーション制作TRIGGER
話数全12話
放送年2014年秋(2014年10月~12月)
キャスト安藤寿来 - 岡本信彦
神崎灯代 - 山崎はるか
櫛川鳩子 - 早見沙織
高梨彩弓 - 種田梨沙
姫木千冬 - 山下七海
工藤美玲 - 福原香織
里見詩春 - 名塚佳織
安藤真智 - 浅野真澄
九鬼円 - 加藤英美里
相模静夢 - 細谷佳正
製作泉光高校文芸部



【PV】




【あらすじ】
泉光高校文芸部・安藤 寿来を始めとする5人の部員は重度の厨二病を患っている安藤に呆れつつも、それなりに平穏な日常を過ごしていた。
しかしある日、部員達は「異能」と呼ばれる特殊な能力を操れるようになる。
妄想が現実になったことを喜ぶ安藤だったが、他の4人の異能がとんでもない能力ばかりなのに対して彼の異能は本当に、まったく全然大したものではなかった。
他の異能の持ち主も現れるものの世界を揺るがすような大きな事件も起きず、「それなりに平穏な日常」は続くのであった。



【レビュー】(未視聴の方向け)
いわゆる中二病な主人公と、彼を取り巻く女の子たちが、ある日異能が使えるようになってしまったというお話。
全編を通じて、恋愛モノ、ハーレムモノで、王道展開だが、日常系なのでポケっと見ることができる。
ただ原作の一部がカットされているので、正直アニメから入るとよくわからない。
特に、相模は何者なのか、アニメを見終わっても今一釈然としなかった。
なので、もしこういうストーリーが好きだと1話の時点で感じたら、
原作も併せて読んで内容を補完するといいかもしれない。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
水瀬いのり
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-09-26




【作品情報】
原作海法紀光×千葉サドル(芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載)
監督安藤正臣
シリーズ構成
海法紀光(ニトロプラス)
キャラクターデザイン
飯塚晴子
アニメーション制作Lerche
話数全12話
放送年2015年夏(2015年7月~9月)
キャスト丈槍由紀 - 水瀬いのり
恵飛須沢胡桃 - 小澤亜李
若狭悠里 - M・A・O
直樹美紀 - 高橋李依
佐倉慈 - 茅野愛衣
太郎丸 - 加藤英美里
製作がっこうぐらし!製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
学校に寝泊まりしちゃおうという学園生活部。
シャベルを愛する(?)くるみ、皆をまとめるりーさん、おっとりした顧問のめぐ姉らに囲まれた、
丈槍ゆきの瞳に映る幸せな“日常”はしかし……!?
千葉サドル×海法紀光(ニトロプラス)の強力タッグが贈る注目作。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
かわいい絵柄やPVだけをみると、ただの日常系かと思ってしまう方も多いと思います。
実際、このアニメが始まる前、原作未読の人は『ごちうさ』のようなホンワカした日常系を想像していたようです。
しかし第1話の後半、その世界観は一変します。

ニトロプラスといえば『まどマギ』や『サイコパス』…。
この作品群を見たことのある方は、これが日常系ではないと見抜けたのでは?
第1話放送後、ホームページにのっていた世界観も変わっています。

俗に『ぞんぞんびより』と言われているこの作品。
未視聴の方、まずは第1話を見てください。
好みのわかれる作品かと思いますが、私は楽しめました。
原作コミックスも発売されていますので、そちらから入っても楽しめるかと思われます。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
【作品情報】
原作青山剛昌
総監督山本泰一郎
監督静野孔文
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間109分
公開日2011年4月16日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  小山力也
飯塚雅弓  朴璐美  宮田幸季
三瓶由布子  加藤英美里  ほか
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
ある日、朝倉都知事宛の脅迫状が届き、翌日、都知事が開通した新地下鉄トンネルが爆破される。
コナンの活躍でけが人は出さずに済んだが、都知事を狙ったテロ事件への懸念が高まる。
コナンは、都知事が国土交通大臣時代に関わった新潟県のダム建設を巡って怨みを持つ者がいないか調査に乗り出す。
やがてダム建設の村で8年前に起こった交通死亡事故と、同じ日に崖から転落して以来意識を失ったままの少年・立原冬馬の存在が事件の重要なカギとして浮上してくるが…。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第15作目。
15周年となる今回は、新潟県のとある雪国を舞台にした作品です。

今までの作品よりもアクションシーンがパワーアップ。
オープニング前とエンディング前それぞれ、とんでもなくアクションシーンが起こります。
特に最初のシーンでは、思わず見入ってしまいました。

今回は「えみりん」こと加藤英美里さんがちょい役で出演。
この声を聴くために映画を見たといっても過言ではない。
GT-R終わっちゃったからなー。まさやんの件もあったし…。

あとは宮田幸季さんの声久々に聴いたなーという印象。
でも調べてみたらSHIROBAKOにも出ていましたね。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ