内田真礼





【作品情報】
原作冬原パトラ
監督柳瀬雄之
シリーズ構成
脚本
高橋ナツコ
キャラクターデザイン舛舘俊秀
関口雅浩
西田美弥子
音楽Love Smile Music JAPAN
Rebrast
アニメーション制作プロダクションリード
話数全12話
放送年2017年夏(2017年7月~10月)
キャスト望月冬夜 - 福原かつみ
エルゼ・シルエスカ - 内田真礼
リンゼ・シルエスカ - 福緒唯
九重八重 - 赤﨑千夏
ユミナ・エルネア・ベルファスト - 高野麻里佳
スゥシィ・エルネア・オルトリンデ - 山下七海
リーン - 上坂すみれ
製作ブリュンヒルド公国



【PV】




【あらすじ】
神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。
彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、
異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。
様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、
いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。
古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、
彼はのほほんと世界を巡っていく。



【レビュー】(未視聴の方向け)
皆さんは「異世界もの」といわれると、どんなストーリーを思い浮かべるでしょう。

主人公がなんらかの理由で異世界に行ってしまう、もしくは最初から異世界が舞台で、主人公は自身に降りかかる様々な困難を突破し、高みを目指していく、目的を完遂していく、己を成長させていく。
これは私の勝手なイメージなのですが、同じようなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

このイメージに合うテンプレートな作品は、幾度となく世に生まれました。
一方で、この既定路線からの脱却を図っている作品もあります。
代表作をあげるならば『このすば』です。
コメディ路線として、大成功をおさめている作品だと思います。

今回ご紹介するこの作品『いせスマ』も「異世界もの」です。
この作品のキャッチコピーは「ゆるく、楽しい、異世界生活!」
主人公は特に苦労することなく最初から最強です。
そして、そんな主人公を慕う、多くの女の子たちが登場します。
いわゆる、ハーレム物なのです。

つまり、キャラクターの成長を期待したり、リアリティーを求めたりしている方は、絶対に観てはいけないのです。
頭をからっぽにして、最強主人公の異世界征服を楽しみましょう。
続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あいまいみー~surgical friends~ [Blu-ray]
大坪由佳
ドリームクリエイション
2017-04-21




【作品情報】
原作 ちょぼらうにょぽみ
監督いまざきいつき
脚本いまざきいつき
キャラクターデザインいまざきいつき
音楽studioCHANT
アニメーション制作セブン
話数全13話
放送年2017年冬(2017年1月~3月)
キャスト愛 - 大坪由佳
麻衣 - 内田彩
ミイ - 内田真礼
ぽのか先輩 - 茅野愛衣
幸恵 - 佐倉綾音
鳥痔郎 - 佐々木未来
ちょぼ先生 - ニーコ
ナレーション - 向清太朗
ナレーション - 平野文
製作倉持南高校漫画研究部第三幕



【PV】




【あらすじ】
漫画研究部に所属する愛・麻衣・ミイは、
地球に迫る邪悪な侵略者と戦ったり、
ライバルとトーナメントで闘ったりしたが、
相変わらず愛以外は漫画を描いたりはしなかった…。



【レビュー】(未視聴の方向け)
原作は、倉持南高校漫画研究部に所属する、4人の女子高生の「不毛な日常」を描く4コマ漫画です。
まんがライフWINで、最新話と初回らへんの漫画が無料で読めるようなので、ぜひご覧ください。
アニメは2013年、2014年に、第一期と、第二期が放映されました。
今作は、第三期目にあたります。
内容ですが、タイトルにもある通り、控えめに言ってカオスです。
言葉を選ばずに言えば、大変頭のおかしい作品です。
ただ、この崩壊具合、そして各方面(特に声優業界)に喧嘩を売っていくスタイル、嫌いじゃないです。
癖になる面白さ、それが「あいまいみー」。
続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





【作品情報】
原作麻枝准
監督浅井義之
脚本麻枝准
キャラクターデザイン
Na-Ga(原案)
関口可奈味
音楽ANANT-GARDE EYES、麻枝准、光収容
アニメーション制作P.A.WORKS
話数全13話+TV未放映1話
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト乙坂 有宇 - 内山昂輝
友利 奈緒 - 佐倉綾音
高城 丈士朗 - 水島大宙
西森 柚咲/美砂 - 内田真礼
乙坂 歩未 - 麻倉もも
乙坂 隼翼 - 小野大輔
友利 一希 - 興津和幸
製作アニプレックス ほか



【PV】




【あらすじ】
思春期の少年少女のごく一部に発症する特殊能力。
人知れず能力を駆使し、順風満帆な学園生活を送る乙坂有宇。
そんな彼の前に突如現れる少女、友利奈緒。
彼女との出会いにより、暴かれる特殊能力者の宿命。
それは麻枝准が描く、青春を駆け巡る能力者たちの物語――。



【レビュー】(未視聴の方向け)
・2010年にKeyによって制作された『Angel Beats!』に続く2作目のオリジナルアニメ。
・かなり前評判が高く、かなり注目されていた作品です。
・『AB』の評価を超えるかどうかは、人によるとしか…。自分は同じくらいに感じます。
・音楽と作画は良好。ラストまで崩れることがありませんでした。
・第1話をまずみていただくと、ゲスい主人公が登場します。最初からみると、主人公っていう感じがしないです。
・話の展開は、少し、はやめのようです。
・これだけのボリュームのある話を、13話でまとめるのは大変だっただろうなと思います。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]
山田くんと7人の魔女 1【Blu-ray】 [ 逢坂良太 ]



【作品情報】
原作吉河美希(講談社『週刊少年マガジン』連載)
監督宅野誠起
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
飯田恵理子
アニメーション制作ライデンフィルム
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャスト山田竜 - 逢󠄁坂良太
白石うらら - 早見沙織
宮村虎之介 - 増田俊樹
伊藤雅 - 内田真礼
椿剣太郎 - 佐々木寿治
小田切寧々 - 喜多村英梨
五十嵐潮 - 小野大輔
山崎春馬 - 福山潤
飛鳥美琴 - 花澤香菜
大塚芽子 - 牧野由依
猿島マリア - タカオユキ
滝川ノア - 悠木碧
西園寺リカ - 田澤茉純
玉木真一 - 立花慎之介
宮村レオナ - 沢城みゆき
製作2014「やまじょ」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
この学校には7人の魔女がいる。
私立の進学校での日常になじめず、問題ばかり起こしている主人公・山田竜。
しかしあることをきっかけに、彼の学園生活は一変!
新たな仲間や魔女たちとの出会いとともに、楽しくも大変な毎日が始まった。
7人の魔女を見つけるまで、もう退屈なんて言わせない!



【レビュー】(未視聴の方向け)
週刊ヤンマガで連載中の『山田くんと7人の魔女』は、
一度ドラマ化されたのち、2015年春にアニメ化された。

普通学園恋愛ものといえば、少しずつ主人公とヒロインが仲良くなっていき、
告白し、付き合って、幸せなキスをして、ハッピーエンドだと勝手に思っている。

しかしこの作品は違う。
「キスから始まる」スクールラブコメだ。
キスをすることで、主人公とヒロインは身体を入れ替えることができる。

この男女間の「入れ替わり」もラブコメの王道だと思われるが、
キスをするという行為が入れ替わるためのコマンドであるところが、
この作品の最大の魅力といっていいと思われる。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」Vol.1<初回生産限定版> [Blu-ray]
松岡禎丞
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-06-24




【作品情報】
原作大森藤ノ
監督山川吉樹
シリーズ構成白根秀樹
キャラクターデザイン
木本茂樹
アニメーション制作J.C.STAFF
話数全13話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャストベル・クラネル - 松岡禎丞
ヘスティア - 水瀬いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン - 大西沙織
リリルカ・アーデ - 内田真礼
エイナ・チュール - 戸松遥
シル・フローヴァ - 石上静香
リュー・リオン - 早見沙織
リヴェリア・リヨス・アールヴ - 種田梨沙
製作ダンまち製作委員会



【PV】




【あらすじ】
広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。
英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。
あまりのレベル差になすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。
その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつかアイズに釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。



【レビュー】(未視聴の方向け)
「ヘスティアの紐」で大ブレイクした、通称『ダンまち』。
日常系が好きな自分でしたが、録画していた13話を一気に見るほどハマりました。
戦闘シーンもあり、主人公たちパーティーがどうなってしまうのかとハラハラすることもありましたし、
神であり、ロリ巨乳でもある、ヘスティアのベルくんに対する愛情にニヤニヤしたりと、
最後まで飽きずに見ることができました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
えとたま 壱 [Blu-ray]
村川梨衣
ポニーキャニオン
2015-04-15




【作品情報】
原作白組&タブリエ・コミュニケーションズ
監督追崎史敏、平川孝充(CG)
シリーズ構成
脚本
赤尾でこ
キャラクターデザイン渡辺明夫(アダルト原案)
QP:flapper(プリティ原案)
小池智史(アダルト)
高橋麻実(プリティ)
アニメーション制作白組&エンカレッジフィルムズ
話数全12話
放送年2015年春(2015年4月~2015年6月)
キャストにゃ~たん - 村川梨衣
天戸タケル - 下野紘
チュウたん - 大原さやか
モ~たん - 松井恵理子
シマたん - 巽悠衣子
ウサたん - 相坂優歌
ドラたん - 内田真礼
シャアたん - 生天目仁美
ウマたん - 小澤亜李
メイたん - 渕上舞
キーたん - 戸田めぐみ
ピヨたん - 佐々木未来
イヌたん - 本多真梨子
ウリたん - 花守ゆみり
製作えとたま製作委員会



【PV】




【あらすじ】
干支娘。
動物を模した姿を持つ少女たちであり、その心に清らかなる魂を宿す神の使い。人々と神々を繋げるために生まれた天の架け橋。
干支神。
八百万のえと娘の中から選抜された12匹の神の使い。古来より日本を護ってきた聖なる十二支。60年に一度の干支神選抜祭・通称「ETM12」にて勝ち残った強者であり、えと娘たちの憧れの存在である。
刻は流れて現代。
今年も干支神選抜祭「ETM12」が開催される。日本全土から神在月のごとく東京・秋葉原に集まる数多の干支神候補=えと娘たち。
その中に、一匹の猫が存在した。
その名は、猫のえと娘にゃ~たんもっとも干支神に近いといわれながら、ネズミ属に執拗に狙われ、卑劣な罠により破れ続けてきた不遇のえと娘である。
干支神になる条件はたったひとつ。十二支全員に勝利すること。しかし、干支神の力は強大であり、この二千年間、十二支全員に勝利したえと娘は存在しない。
不遇のえと娘「にゃ~たん」と、普通の高校生「天戸タケル」が出会うとき……物語は始まる!



【レビュー】(未視聴の方向け)

[物語]
特徴的なのは、この作品のメタ発言の多さ。
完全にスタッフさんの遊び心が見え隠れしていると思います。
特に、途中の回は「総集編」となっていますが、シャアたんが「決して総集編ではない」と明言していたり、セルに書き込まれているから円盤では光が取れないということを、にゃ~たんとウリたんが掛け合っていたり。

[声優]
「日本一うるさいアニメ」を目指しているだけあって、にゃ~たんのテンションが高い。
こういうふうに演じているのかと思ったら、実際に演じているりえしょんも、それはそれはテンションの高い人でした。
ひとりしゃべりのラジオをやっていますが、金朋さんに近いものを感じます。

[キャラクター]
干支をモチーフにしているので、一つ一つのキャラクターが個性的すぎます。
一番好きなのはメイたんですね。
なぜかというと、十二支の中で一番まともそうだと思ったからです。
でも実際には結構Sっ気の強い子のようです。
一番ヤンデレ化する可能性が高い…?

[作画]
2Dの作画も全体を通して高かったのですが、特に戦闘シーンの3Dはヌメヌメ動いていました。
この作品で初めて「白組」という制作会社を知りましたが、クオリティーが高くて驚きました。
なお3Dのキャラデザが、GF(仮)で有名なQP:flapperさん。
この人がキャラデザするからという理由で見始めました。

[音楽]
両方ともかわいくて好きです。
OPはりえしょんが歌っていますが、YouTubeで本人が踊っている動画がアップされています。

またEDは、1話ごとに歌うキャラクターが増えていくというスタイルでした。
こちらはきれいな曲で、透き通るような歌声が癒しをもたらしてくれます。

[このアニメを通して、感じたこと、自身の中に得たもの]
ね、うし、とら、う、たつ、みぃ、……あれこの後は?
ウマたん「あーーーーーーっ!!!」
みなさん、十二支最後まで言えますか?
この際覚えましょう。
この作品を見続ければ、キャラが濃い子ばっかりなので、最後まで言えるようになると思います。



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ