とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

ディオメディア

勝ったな!ガハハ!◆『ガーリッシュナンバー』

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 千本木彩花 ]
ガーリッシュ ナンバー 第1巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 千本木彩花 ]



【作品情報】
原作Project GN
監督井畑翔太
シリーズ構成
渡航
キャラクターデザイン
木野下澄江
音楽菊谷知樹
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~2016年12月)
キャスト烏丸千歳 - 千本木彩花
久我山八重 - 本渡楓
片倉京 - 石川由依
苑生百花 - 鈴木絵理
柴崎万葉 - 大西沙織
桜ヶ丘七海 - 佐藤亜美菜
九頭P - 中井和哉
製作ガーリッシュ ナンバー製作委員会、TBS



【PV】




【あらすじ】
かわいい外見と世を舐めきったメンタルを持つ女子大生・烏丸千歳。
夢と希望と野心を抱いて踏み込んだ声優業界で、彼女が目にしたのは、おかしな業界のシビアな現実の数々だった――。
仕事なし×やる気なしの新人声優・千歳に、人気声優への道は開けるのか!?



【レビュー】(未視聴の方向け)
声優業界の物語です。
『それが声優』という作品を表とするならば、『ガーリッシュナンバー』は裏の作品といえるかもしれません。
決して華々しい場面ばかりを描くのではなく、声優業界のタブーギリギリのところを描いているような気がします。
もちろん私は業界の人間ではないし、真実はわかりません。
やや誇張して描かれているとは思います。
また「声優さんと音響監督さんが……」みたいな、笑えないタブーも描かれていません。
しかし、主人公の千歳が心の中で毒を吐いている部分は、とても人間の女の子らしく描かれていると感じます。
これが女性声優の心の声!?
そんな不思議な作品です。
賛否は分かれるようですが、ぜひ見てみてください。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む

『ばらかもん』のスピンオフ◆『はんだくん』

【楽天ブックス限定先着特典】はんだくん vol.1(ポストカード付き) [ 島崎信長 ]
【楽天ブックス限定先着特典】はんだくん vol.1(ポストカード付き) [ 島崎信長 ]



【作品情報】
原作ヨシノサツキ
監督湖山禎崇
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
松本麻友子
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話
放送年2016年夏(2016年7月~2016年9月)
キャスト半田 清 - 島﨑信長
川藤 鷹生 - 興津和幸
相沢 順一 - 広瀬裕也
二階堂 礼緒 - 柿原徹也
筒井 あかね - 細谷佳正
近藤 幸男 - 山下大輝
イレイサー(金城 美代子) - 本渡楓
製作はんだくん製作委員会 / TBS



【PV】




【あらすじ】
書道の大家の息子にして、自らもその道で活躍する 高校生書道家・半田 清。
学校ではその近づきがたい佇まいから孤高のカリスマとして 一目置かれているのだが、
本人はそれを 「嫌われている」 と思い込んでいた・・・。
本編の6年前を舞台に、「ばらかもん」の主人公、
都会育ちの若きイケメン書道家・半田清舟の高校生時代を描くコメディ。



【レビュー】(未視聴の方向け)
全話視聴し終えるまで、『はんだくん』が『ばらかもん』のスピンオフであることを知りませんでした。
しかし『ばらかもん』を見ていなくても、全然楽しめる作品になっていると感じます。

半田くん自身は、自分が周りの人から嫌われているという被害妄想全開で生活していますが。
実際にはすごく人気者なんです。
孤高な存在として扱われているので、本人は嫌われているという思考になるのかもしれませんが。
この両者の気持ちのギャップが大きすぎるので、それが楽しい、面白いと感じる方にはものすごくおすすめできます。

それにしても、どうしてここまでネガティブな思考で進んでいけるのかと思います。
続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

メインヒロインは間違いなくユーリだと思う◆空戦魔導士候補生の教官3

空戦魔導士候補生の教官 第1巻 [Blu-ray]
松岡禎丞
KADOKAWA / 角川書店
2015-09-25




【作品情報】
原作諸星悠
監督稲垣隆行
シリーズ構成山口宏
キャラクターデザイン
堀内修
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話+OVA 1話
放送年2015年夏(2015年7月~9月)
キャストカナタ・エイジ - 松岡禎丞
ミソラ・ホイットテール - 山本希望
レクティ・アイゼナッハ - 東山奈央
リコ・フラメル - 野水伊織
ユーリ・フロストル - 種田梨沙
クロエ・セヴェニー - 山田悠希
フロン・フラメル - 藏合紗恵子
ロイド・オールウィン - 柿原徹也
クリスティーナ・バルクホルン - 木戸衣吹
レアル・ヌア - 安元洋貴
製作E601小隊



【PV】




【あらすじ】
カナタ・エイジは、学園浮遊都市の一つ《ミストガン》の
空戦魔導士科(ガーディアン)本科2年に所属する生徒であり、
特務小隊(ロイヤルガード)S128小隊にも所属している。
しかし、ある理由によって
エイジは後方支援科(ロジティクス)の手伝いをするなど、
本来の任務と小隊の仲間から距離を取っていた。
そんな折、エイジは同じ小隊の仲間であり同級生であるクロエ・セヴェニーから、
ある小隊の教官を務めることを要請される。



【レビュー】(未視聴の方向け)
裏切者と呼ばれる優秀な主人公が、
落ちこぼれと呼ばれる小隊を強くしていくサクセスストーリー。

若干色気のある場面が多く、
バトル要素はこの手の作品にしては少ないものの、
世間で評されているよりは
面白かったなあというのが、正直な印象。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

世界は「愛」に満ちている◆悪魔のリドル





【作品情報】
原作高河ゆん
監督草川啓造
シリーズ構成
吉村清子
キャラクターデザイン
井出直美
アニメーション制作ディオメディア
話数全13話(未放送1話含)
放送年2014年春(2014年4月~2014年6月)
キャスト東兎角 - 諏訪彩花
一ノ瀬晴 - 金元寿子
犬飼伊介 - 浅倉杏美
走り鳰 - 南條愛乃
番場真昼/真夜 - 大坪由佳
寒河江春紀 - 内村史子
生田目千足 - 三澤紗千香
桐ヶ谷柩 - 内田愛美
剣持しえな - 山田悠希
武智乙哉 - 沼倉愛美
首藤涼 - 安済知佳
神長香子 - 佳村はるか
英純恋子 - 荒川美穂
カイバ先生 - 杉田智和
溝呂木辺 - 櫻井孝宏
百合目一 - 榊原良子
製作「悪魔のリドル」製作委員会
MBS 



【PV】




【あらすじ】
ミョウジョウ学園に存在する、特別な時期にしか開講されないクラス・10年黒組。
そこに、1人の女子高生を暗殺するべく12人の女子高生が刺客として集められた。
10年黒組へ編入した一人の暗殺者東兎角は、暗殺対象と伺える一人の女子高生・一ノ瀬晴に心を惹かれ、
暗殺者として編入してきたのにも関わらず守護者として彼女を守り、暗殺者11人と対峙する決意を固める。
一人一人の暗殺者と対峙していく毎に”一ノ瀬晴”に自分にない”何か”に心を惹かれていった。
そして、その過程の中で”東兎角”の過去や”一ノ瀬晴”の一族についても触れられていく…。



【レビュー】(未視聴の方向け)
原作は未読。
たまたま録画していただけで、そんなに期待していなかったが、
1話見て面白かったので、続けて視聴することに。

一人のターゲット以外、暗殺者という非日常な状況で、
あの手この手でターゲットを殺そうとする一方、
ルームメート同士の、少し百合的な要素が加味されている。
まさに「サイコレズ」。

なお、公式のツイッターにて、
視聴者からの質問に、スタッフの方々が答えているので、
各話視聴後に閲覧することを勧める。

1話から、3話までの、まとめはこちらから
4話から、12話までの、まとめはこちらから

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む

艦娘たちの戦いの幕開け◆艦隊これくしょん -艦これ-4

艦隊これくしょん –艦これ- 第1巻 通常版 [DVD]
上坂すみれ
KADOKAWA / 角川書店
2015-03-27




【作品情報】
原作DMM.com/KADOKAWA GAMES
監督草川啓造
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン
総作画監督
井出直美、松本麻友子
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話
放送年2015年冬アニメ(2015年1月~3月)
キャスト上坂すみれ
日高里菜
タニベユミ
藤田咲
井口裕香
佐倉綾音
東山奈央
大坪由佳
洲崎綾
野水伊織
種田梨沙
ブリドカットセーラ恵美
堀江由衣
川澄綾子
能登麻美子
竹達彩奈
榊原良子

製作「艦これ」連合艦隊司令部



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
人類がその制海権を失ってしまった世界。
海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。
その­脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。
深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。
そこは、多種多彩な艦娘が集い、そして日­々の演習などで切磋琢磨しながら、共同生活をする場所。
その鎮守府にある日、一隻の艦­娘が着任する。
彼女は、特型駆逐艦―。
その名を「吹雪」。
「吹雪です! よろしくお願いします!」



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
もともとは大人気のオンラインゲームです。
「第二次世界大戦時の大日本帝国海軍の軍艦を中心とした艦艇を擬人化した『艦娘』」たちの日常と戦いが描かれています。
これまでいろんなもの(主に動物)が擬人化されてきましたが、まさか艦艇を擬人化してしまうとは…。
おそるべし日本。
しかもWikipediaや他の方のページを見ると、ある程度史実に基づいてキャラが作られているようで、
コアな軍ヲタの方々からも注目が集まっています。

このゲームが2015年にアニメ化されました。
艦娘たちが海を支配する深海棲艦と戦うストーリーがメインで、時々日常回が含まれています。
自分はこのゲームを全くやったことがなく、また軍艦にも興味がないので、
何も知識のないまま全12話を視聴しました。

結論から言えば、全く何も知らない自分には楽しめる作品でした!
しかし、ネット界隈を見てみると、実際にゲームをプレイしている提督さんには不評の声もあるみたいです。。。
(主にキャラ設定や、自分のお気に入りの艦娘たちの扱い方について)
そのため、ゲームはゲーム、アニメはアニメで割り切って視聴するのがいいと思われます。
なお、最終話では続編の制作決定が告知されています。

この作品では特に声優さんの七色の演技にも目を向けていただきたいです。
殆どの方が1人で複数のキャラクターを演じておられます。
特に佐倉綾音さん、洲崎綾さん、東山奈央さんは、1人で何役もこなしているから驚きです。
声優さんの本気が見たい方にも、この作品は勧められますね。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード