とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

『侵略!イカ娘』シリーズ

アニメJAM2015@幕張メッセ(2015.12.13)

○動機○

アニメJAMは、テレビ東京系列で放送されたアニメが集まってライブやらトークやらを行うイベントです。
このイベントは比較的新しいようで、今回で2回目の開催になります。
そのせいか、アニサマなどに比べると倍率が非常に低かったため、今回久しぶりに参加となりました。
アニメイベントに単独で行くのは、東京ゲームショー以来です。
グッズなどを買う予定はありませんでしたので、17時くらいに幕張メッセに到着しました。

DSC_0089


○会場で目を引いたもの○

セガブースでは、来年の3月に発売予定の、PS Vita版『初音ミク Project DIVA X』の体験版をプレイしました。
PS Vita自体、触るのが初めてだったため、演奏を始めてみると結構初代と仕様?が変わっていて驚きました。
○×△□はわかるのですが、☆はどこを押せばよかったのか……。
その隣では『MIRACLE GIALS FESTIVAL』の体験版がプレイできました。
また、『おそ松さん』のパネルや、声優さんやアーティストさん方の色紙などが飾られていました。

DSC_0090


○本番前○

自分が見に行ったのはPOP STAGE。
本番前に『のんのんびより』のキャラクターからの注意事項が流れていました。
自分まだ『のんのんびより』ちゃんと見ていないので、なんで「にゃんぱす」なのかがわかっていませんでした。


○前半○

Wake Up, Girls!……『7 Girls War』
i☆Ris……『Make it!』
Prizmmy☆……『ジャンピンダンシン』
アルスマグナ……『ひみつをちょーだい』

WUGが、1曲歌って帰って行ったので、「えっ、もう終わり」と周囲から声が。
後半にもライブがあったとはね。


○中盤○

『アニJAMオールスター感謝祭』という、WUGチーム、プリパラチーム、実は私はチーム、シュヴァルツェスマーケンチーム対抗のクイズイベントが行われました。
問題は12問用意されていたようですが、4題くらいしかやっていませんでした。
全体的にプリパラチームと田中美海さんがすっごくワイワイしていましたね。
そして百合営業も忘れていませんでした。
WUGが去年に引き続き罰ゲームをやって、グッズ紹介をして後半へ。


○後半○


A応P……『はなまるぴっぴはよいこだけ』
小林竜之、鈴木このみ……『NEVER-END TALE』
石田燿子……『FOREVER HERE』
nano.RIPE……『こだまことだま』『なないろびより』
橋本みゆき……『New SPARKS!』『TRUE GATE』
ULTRA-PRISM……『侵略ノススメ☆』

「おそ松さん」のOPからはじまった後半のライブ。
個人的にはnano.RIPEさんの曲を聴きたかったので、とても満足!
橋本みゆきさんは風邪をひいていたようで声が多少枯れていましたが、つらい様子は少しも見せず全力で歌いきっていました。
『侵略ノススメ☆』は懐かしかった!


○後半2○

白神葉子(芹澤優)、紫々戸獅穂(内田彩)、藍澤渚(水瀬いのり)、朱美みかん(上田麗奈)……『トロピカルシスターズ』
Wake Up Girls!……『16歳のアガペー』『Beyond the Bottom』
i☆Ris……『リームパレード』『ブライトファンタジー』

後半では「実は私は」ステージを挟んで、再びWUG、i☆Risが登場。
特に『16歳のアガペー』を披露していたときは、まわりのテンションも最高潮に。
前日にもWUG関連のイベントがあったようですが、それよりも盛り上がったんじゃないかとは隣に座っていたお兄さんの談。
これを機に、WUGを見てみようかと思いました。


○総評○

アニメイベントとしてはまだまだ小規模な方ですが、いろんなアーティストのライブが見れるという点では非常に満足のいくイベントだったと思います。
来年のテレビ東京系のアニメ作品で気になるものがあれば、また来年も参加しようかなと思いました。

DSC_0091
 

語尾に「ゲソ」と「イカ」をつけてみよう◆侵略!イカ娘4





【作品情報】
原作安部真弘
監督水島努
シリーズ構成
横手美智子
キャラクターデザイン
総作画監督
石川雅一
アニメーション制作diomedéa
話数全12話
放送年2010年秋(2010年10月~12月)
キャストイカ娘 - 金元寿子
相沢栄子 - 藤村歩
相沢千鶴 - 田中理恵
相沢たける - 大谷美貴
長月早苗 - 伊藤かな恵
斉藤渚 - 片岡あづさ
嵐山悟郎 - 中村悠一
製作海の家れもん



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
海洋汚染を続けてきた人類を侵略するために地上にやってきたイカ娘。
しかし最初の拠点として目をつけた海の家すら制圧できず、挙句にそこで働かされるはめに。
果たしてイカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
数年前にイカを擬人化し人気が出た作品『イカ娘』。
CMなどですごい良く見かけていたものの、機会に恵まれずに視聴していませんでした。
今回、ブルーレイレコーダー購入と、テレビ埼玉で2014年10月から再放送されるという機会に恵まれ、全12話を視聴しました。

まずこのアニメで何がかわいいかというと、なんといっても主人公のイカ娘です。
マスコットみたいにかわいいだけでなく、語尾に「ゲソ」やら「イカ」やらつけてしゃべる。
しかも声が金元さんという...
人気が出ないわけがない!
ぐへへってなるキャラクターですね。

そして個人的にそんなイカちゃんを溺愛している変態淑女の早苗のキャラが好きでした。
伊藤かな恵さんがこれまでに演じている、三大変態キャラの一人です。
サテンさんといい、肉といい、かわいいものを独占したがる淑女キャラ、いいですね。

キャラ以外での魅力は、エンディング映像の作り込みでしょうか。
12話すべてで本編の内容に絡んだアレンジが加えられていて、監督たちの力の入れようが見えてきます。
歌っている伊藤かな恵さんの『メタメリズム』は、某所でカバーさせていただきました。
アツミサオリさんの素敵な旋律と、伊藤かな恵さんの透き通るような歌声がとってもかわいかったです。
Wikipediaを見るとオープニング映像も一部修正が加えられているとのこと。
でも自分にはどこがどうなのか全くわからないので、誰か教えてほしいです。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード