ニュース

サーティーワンってサブスクリプションを始めていたんですね。

記事によればコロナの影響で利益が減っているらしく、その業績改善の一環とのこと。
たしかに定額で払っていれば、行かないと勿体ないから、本当にアイス好きで毎月必ずサーティーワンに通うような人にはうれしいサービスかもしれません。

思い返してみると、自分、サーティーワンに行く頻度が減りました。
最近出かける機会が減りましたし、どこか出かけるにしても一人で出ることが多くなったからかもしれないです。

どうにも、あそこは男友達数人とワイワイ行くようなところだと思ってしまって。
30代の男が一人で行くのはちょっとどうなんだろう、と勝手に身を引いてしまっているところがあります……。

いや、結構男一人でサーティーワンに行っている人も見かけたことあるし。

自分と同年代の男が一人でサーティーワンにいる画を見ても「恥ずかしくないのだろうか」とか「気色が悪いなあ」とか、ネガティブな感情は一切ありませんし。

ありませんが……。なんか自分に置き換えると……入りづらい。。。

20代の頃には、ガンガン一人で買いに行っていたのに。
これが歳を重ねるということなのでしょうか。

でもまあ、サブスク入って月1でサーティーワンに行くのはありかもしれない。
定額でお金払っていると思えば、行くことが義務になって、何回も行くうちに恥ずかしさも消えていくかもしれないので。

試しに、入ってみるか。。。

72494862
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

報道にもある通り、2020年7月1日(水)からレジ袋が有料化されました。

例えば、コンビニ大手では軒並み(大きさによりますが)3~5円ほどレジ袋代がかかることになります。

電子マネー決済するとポイントが還元される事業も6月いっぱいで終了したため、一気に割高感が出てしまいますね

そもそもコンビニの袋を有料化して使用する人が減ることが、環境問題を解決するのに大きな一歩になるのか、という疑問はさておき、これからはエコバッグをコンビニに行くときでさえ持っていくことになりそうです。

しかしコンビニの袋というのは何もコンビニで商品を買って、持って帰るときに持ち運ぶための便利な袋、という使い方の他にも、結構重宝するもので、例えばゴミ箱につけたりとか、生ごみをしばったりとか、いろいろな役に立つものです。

それらがこれからはお金を払わなくては手に入らないのは、少々残念ではあります。

そんな中、西日本新聞の記事より、古新聞を使用したゴミ袋の作り方が書かれていました。



確かに生ごみを捨てるときにレジ袋を使わなくてもいいので、一つの案ではあります。

ただ、自分の家、新聞とってないんですよね。

このために、最近は特に(読むのには)役に立たない新聞をわざわざお金を払って手に入れるのはちょっと……。

うーん、やっぱりお金を払ってでもレジ袋はもらおうかなあ

………

そういえば、雨が降っているときにスーパーに行くと、傘袋が入口に置いてあったりしますが、あれも環境保護がどうたら言うのであれば、有料にしちゃえばいいんじゃないですかー。知らんけど

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

女子プロレスラーの木村花さんという方が
亡くなったというニュースが入ってきました。

私はプロレス観戦が趣味ではなく、
この方のことも存じ上げなかったのですが
まだ22歳だったということ、そして(おそらく)自殺だったこと
さらに、その原因がTwitterでの誹謗中傷によるものではないかということを聞き
大変驚きました。

声優の相羽あいなさんも彼女と面識があったそうで
彼女が亡くなったことに、かなりショックを受けておられました。

改めて「言葉」というツールが、ときに恐ろしい凶器となりうること
相手を精神的に追い詰めるものであることを実感しています。

誰でも自分の考えを世界中に発信できるようになった今だからこそ
改めて自分の言動が、当然リアルだけでなくネットも含めて
誤った使い方をしていないか、
その言葉は本当に書いて(言って)よいものなのか、を
より考えて使っていかなければいけないと思いました。

木村花さんの自殺が考えるきっかけになったのは
とても悲しいことです。

木村花さんのご冥福をお祈りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今から25年前、1995年(平成7年)3月20日(月)は、地下鉄サリン事件が発生した日です。

この事件は、オウム真理教によって営団地下鉄の車両内に神経ガスのサリンが散布され、多くの被害者が出たものです。
オウム真理教の思想は、人を殺してあげる(ポアする)ことによって、殺した相手は来世の転生先で救われますよ、だから人を殺してあげましょうね、という考え方が根底にあります。
その思想が、日本における最悪の大量殺人事件につながりました。
(私にはまったくもって理解できない思想ですが。。。)

この事件の無線交信の音声記録が、事件発生から20年経った2015年1月14日に報道陣に公開されています。
それをビジュアル的にわかりやすくまとめている動画がYouTubeにアップされていましたので、引用いたします。
この音声データには、爆発物を使用したゲリラ事件が発生したという情報が交錯し、原因が不明でありながらも、人々を救うために現場へ向かっていった警察官たちの交信記録が、克明に録音されています。















私はこのたび全ての交信記録を聴きました。
交信記録の背景で聞こえる時報の無機質な音がとても恐ろしいです。
通報から5分経過したところで、ゲリラテロの可能性を視野にやり取りをしており、また、連絡・伝令のやり取りには一切の無駄がなく、改めて日本の警察の優秀さを垣間見ることができます。
事件から25年が経ち、あの日の恐ろしい事件が少しずつ風化している中で、この記録を多くの方々に聴いていただき、改めてあの日の出来事、オウム真理教のこと、そしてこれから二度とこのような悍ましい事件が起きないためにどうすればよいのかを、考えるきっかけになればと思っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



12月より「ながら運転」の厳罰化が行われました。

元教官の身としては、この改正によって、何が良くて何がダメなのかを正確に理解したいところ。

こちらの記事では、それがよくまとまっていてよいです。

メディアの言っていることを鵜呑みにせず、この記事のように
道路交通法から紐解いてみることも大切です。

(以下引用)

(a) たとえ交通の危険を生じさせなくても、携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、スマホやタブレットなどを手で持って表示画像を注視すれば、それだけで犯罪であり、最高刑は懲役6か月

(b) 携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、手で持っているか否かを問わず車内に設置したり持ち込んだスマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視し、交通の危険まで生じさせれば犯罪であり、最高刑は懲役1年

(c) 「通話」ではなく「通話のために使用」という規制文言なので、着信音に気づいて携帯電話を手に持つとか、手に持ったまま発信して相手の着信を待つなど、実際に通話する前の状態でもダメ

(d) 逆に、ハンズフリーやスピーカー機能を使うなど、手に持たない状態での通話使用は、通話の目的や内容を問わず、この規制の対象外

(e) 交通の危険を生じさせず、かつ、手で持っていなければ、スマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視していても、この規制の対象外

(f) 通話使用や画像注視さえしていなければ、携帯電話やスマホなどを手に持っていても、この規制の対象外

(g) 「停止」、すなわち赤信号などでの停車中や待ち合わせなどでの駐車中は、たとえエンジンをかけていても、この規制の対象外

(h) 渋滞時のノロノロ運転を含め、わずかでも車を進行させていたらアウト

(引用終わり)

とはいうものの、やはり「ながら運転」は非常に危険。

車の運転は、事故を起こさないようにするために注意するポイントを
認知して、判断して、操作することを繰り返すのだから、そこに余計なものを
はさむ余裕すらないはずです。

法の目をくぐって、スマホフォルダーでポチポチ操作することが違反にあたらないとしても
事故を起こす危険はグッと増します。

どんなに慣れていても何かをしながらの運転はやめていただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自民党圧勝しましたね。
民主党の3年間は一体なんだったんだろう(・ω・)


これからの政治に期待することもあんまりないんだけど。
とりあえず震災復興のために、最大限の支援をしてほしいです。


-☆-☆-☆-


卒論完成(*゚∀゚*)
明日朝一で学校に行って、教務課に行って提出すれば、なんとかなりそうです。
あとは口述試験に向けてがんばるーっ!


Going!みて、選挙特番をちょっと見たら、ファイルに閉じて寝ることにします(σД≦)ネムゥ~
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ