仕事話(システムエンジニア)

政府の緊急事態宣言が、明日25日に全面解除されます。

コロナウィルスの患者も徐々に減少傾向にありますが、
緊急事態宣言が解除されたからといって、
ウィルスがなくなったわけではありません。

手放しに喜ぶことはできませんが、
まずは一歩前進することができたと思います。

そして、コロナウィルスと日々戦ってくださった医療従事者の方々や、
在宅ワークができないため働いている多くのワーカーに、
感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

在宅ワークが始まって1カ月以上経過しましたが、
私の会社は6月中旬まで、在宅ワークが続きます。

人にもよるかと思いますが、自分は在宅勤務が気に入っています。

前に在宅勤務だるいといった内容を書きましたが、慣れると本当に楽ですね。

特に大きいのは通勤時間がないことです。

自分の時間もかなり作ることができましたし
仕事も効率的に進めることができていると思います。

業種によっては難しいかもしれませんが
今後はこのような働き方ができる企業が増えてほしいと思いますし
自分もそういう働き方をすることで、有意義な時間の使い方を
したいとも思っています。

何が言いたいかというと、会社に行きたくありません。
いえ、働きたくないわけではないんです。通勤したくないんです。

↑と同じ気持ちを持っている同志がたくさんいることを信じて
もう一度書きます。

会 社 に 行 き た く な い 。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コロナウィルスの影響で、13日から在宅勤務が始まりました。

職場のPCにリモートで接続していますが、会社側の回線が細いので、スムーズに仕事ができません。
(メモ帳の一文をコピーするために[Ctrl]+[C]押したら、選択範囲が消えて「c」だけ残りました。)

家からいつでもPCつなげるから、際限なく仕事したくなるし。
なんかプライベートと仕事がごっちゃになっている感じがします。

慣れるまで、がんばりますかー。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年の1月から2月にかけて、転職活動をしていました。
そして、6月から、新しい会社で働くことになりました。

教習指導員の仕事も楽しかったです。
残業したらお金ももらえたし、人間関係も良かったし。
技能だけでなく、学科もやっていたし、楽しかったです。

じゃあ、なぜ転職したのかというと。

ひとつは、今までの仕事がいやになったというより、
新しいことにチャレンジできる、最後のチャンスだと思ったからです。
やっぱりコンピューターを使った仕事をやってみたいです。
そこで自分の力がを試してみようと思います。
もちろん、あの業界はブラックだといわれることも知っています。
それでも勉強して、ひとつのことに秀でた職人になってみたいです。
そして、鋼の心臓が欲しいです(弱気)。

もうひとつは、(職場の人には決して言わなかったが)危ないし、将来が不安。
一つ目。
免許を持っていない人の助手席に乗って、歩行者や電柱とギリギリで通過するのを、1日10人やらなければいけない。
二つ目。
ゆっくり走るので、後ろの車から迷惑がられる。
三つ目。
これから先、自動運転などの技術が発達する。
もちろんこの影響で免許制度がなくなることはありえないが、免許をとろうとする人が減る気がする。
身分証代わりといっても、マイナンバーカードを作るほうがはるかに安いし。
高齢者講習の需要が増えるけど、それだと最初の学生と一緒に練習するのを楽しんでいた自分にとっては、つまらないと感じる。

ここまでやってきたのに、もったいないと思う人もいるでしょう。
しかしながら、もう決めてしまったので、後戻りはしない! つもり。

5月中は有休消化するので、一人旅や聖地巡礼に行く予定ですノシ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うめかよ参上!

2010年8月4日にNTV「NEWS ZERO」の「ZERO PERSON」で紹介された写真家の梅佳代さん。
彼女の写真は,ごく普通の,日常を映し出したスナップ写真。
でも,面白くてどこか懐かしく,そして癒しを感じる写真と評判が高い。

彼女は懐かしい写真を撮ろうとか癒しを与えたいと思って写真を撮っているわけではないそうだ。
でもそういう風に思われているから写真を撮って発表しているそうだ。

表参道ヒルズで8月7日から写真展「ウメップ」がはじまります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ