アニメ(「か」で始まる)

この素晴らしい世界に祝福を! 2第1巻限定版 [Blu-ray]
カズマ:福島 潤
KADOKAWA / 角川書店
2017-03-24




【作品情報】
原作暁なつめ
監督金崎貴臣
シリーズ構成上江洲誠
キャラクターデザイン菊田幸一
音楽甲田雅人
アニメーション制作スタジオディーン
話数全10話+OVA
放送年2017年冬(2017年1月~3月)
キャストカズマ - 福島潤
アクア - 雨宮天
めぐみん - 高橋李依
ダクネス - 茅野愛衣
ウィズ - 堀江由衣
荒くれ者 - 稲田徹
ゆんゆん - 豊崎愛生
製作このすば2製作委員会



【PV】




【あらすじ】
不慮の事故により異世界に転生した、ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」という夢はイマイチ叶わないものの、なんとかそれなりに、異世界での日々を送っていた。
転生特典として道連れにしてきた女神・アクア。
一日一発しか魔法を撃てないアークウィザード・めぐみん。
攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネス。
能力は高いのにとんでもなく残念な3人のパーティメンバーたちとも、なんとかそれなりに、クエストをこなしていた。
―――そんなある日。
機動要塞デストロイヤーの脅威からアクセルの街を救ったカズマたちに、王都からやって来た使者は言い放った。
「冒険者、サトウカズマ。貴様には現在、国家転覆罪の容疑がかけられている!」
……平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?



【レビュー】(未視聴の方向け)
『このすば!』が2期に突入です。
前作よりも少々パワーアップしています。
特に、アクシズ教徒たちの変人っぷりに、狂気を感じます。
そして、あいかわらず、ダクネスが変態です。
ゆんゆんが、かわいいです。
めぐみんも、大好きです。
アクアは……彼女はヒロインでしたっけ?

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





【作品情報】
原作MONTWO
監督長崎健司
シリーズ構成
丸戸史明 with 企画屋
キャラクターデザイン
かんざきひろ
 石野聡
アニメーション制作Lay-duce
話数全13話(OVA 1話)
放送年2015年夏(2015年7月~2015年9月)
キャスト瀬良 カイト - 森久保祥太郎
霧羽 ナギサ - 内田雄馬
白崎 イリス - 雨宮天
瀬良 ミズキ - 小澤亜李
服部 花子(アンジェリーナ) - 小林ゆう
領家 マコト - 津田美波
北原 コジロー - 豊永利行
花岡 ツバサ - 洲崎綾
舞岡 サクゴ - 近藤孝行
能年 ユナ - 阿澄佳奈
上永谷 アキ - 夏川椎菜
八槙 スバル - 南條愛乃
小鳥遊 カオルコ - 堀江由衣
製作CC PROJECT(アニプレックス、アニマティック、電通、ムービック、KADOKAWA、Lay-duce)
MBS



【PV】




【あらすじ】
火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。
この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。
物語はこのA-TECに転校生・霧羽ナギサがやってくることから始まる。
創業者一族の名を冠するこの男は、先行技術開発部部長に就任するやいなや、A-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する。
それを防ぐには今まで湯水のように使ってきた予算を節約し、開発コストを大幅に削減しなければならない……。
今まで目を逸らし続けていた現実をつきつけられたカイトは、果たしてA-TECの危機を乗り切ることができるのか。
そして霧羽ナギサの真の目的とは――。



【レビュー】(未視聴の方向け)
『俺妹』のキャラデザを担当している、かんざきひろさんが参加している作品です。
最初、公式ホームページにも情報が明かされていなかったので、てっきり学園モノだと思っていました。
しかし、1クール通してみると、これは学園モノではなく、なんと企業モノでした。
と思ってみていたら、政治とか、いろんな要素が絡んできています。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

<HPがあれば>

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 千本木彩花 ]
ガーリッシュ ナンバー 第1巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 千本木彩花 ]



【作品情報】
原作Project GN
監督井畑翔太
シリーズ構成
渡航
キャラクターデザイン
木野下澄江
音楽菊谷知樹
アニメーション制作ディオメディア
話数全12話
放送年2016年秋(2016年10月~2016年12月)
キャスト烏丸千歳 - 千本木彩花
久我山八重 - 本渡楓
片倉京 - 石川由依
苑生百花 - 鈴木絵理
柴崎万葉 - 大西沙織
桜ヶ丘七海 - 佐藤亜美菜
九頭P - 中井和哉
製作ガーリッシュ ナンバー製作委員会、TBS



【PV】




【あらすじ】
かわいい外見と世を舐めきったメンタルを持つ女子大生・烏丸千歳。
夢と希望と野心を抱いて踏み込んだ声優業界で、彼女が目にしたのは、おかしな業界のシビアな現実の数々だった――。
仕事なし×やる気なしの新人声優・千歳に、人気声優への道は開けるのか!?



【レビュー】(未視聴の方向け)
声優業界の物語です。
『それが声優』という作品を表とするならば、『ガーリッシュナンバー』は裏の作品といえるかもしれません。
決して華々しい場面ばかりを描くのではなく、声優業界のタブーギリギリのところを描いているような気がします。
もちろん私は業界の人間ではないし、真実はわかりません。
やや誇張して描かれているとは思います。
また「声優さんと音響監督さんが……」みたいな、笑えないタブーも描かれていません。
しかし、主人公の千歳が心の中で毒を吐いている部分は、とても人間の女の子らしく描かれていると感じます。
これが女性声優の心の声!?
そんな不思議な作品です。
賛否は分かれるようですが、ぜひ見てみてください。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガヴリールドロップアウト Vol.1【Blu-ray】 [ 富田美憂 ]
ガヴリールドロップアウト Vol.1【Blu-ray】 [ 富田美憂 ]



【作品情報】
原作うかみ
監督太田雅彦
シリーズ構成
あおしまたかし
キャラクターデザイン
熊谷勝弘
アニメーション制作動画工房
話数全12話
放送年2017年冬(2017年1月~3月)
キャストガヴリール - 富田美憂
ヴィーネ - 大西沙織
サターニャ - 大空直美
ラフィエル - 花澤香菜
マスター - 梅津秀行
まち子 - 渕上舞
タプリス - 水瀬いのり
ゼルエル - 沢城みゆき
ハニエル - 諸星すみれ
犬 - 井澤美香子
製作ガヴリールドロップアウト製作委員会



【PV】




【あらすじ】
天使学校を首席で卒業した優等生のガヴリール・ホワイトが、
下界で人間の学校に通いながら修業するはずだったのに、
ネットゲームに夢中になり、歩くのも面倒くさがるなど自堕落な生活を送る……というコメディー。



【レビュー】(未視聴の方向け)
全くどんなストーリーかわからずに1話を見始めました。
そして、なんでこんな優秀な天使がこんな落ちぶれてしまったのかと、
軽くショックを受けるとともに、
人間の娯楽である「いんたーねっと」ってやつは、大変恐ろしいものだと思いました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





【作品情報】
原作TRIGGER
岡田麿里
監督小林寛
シリーズ構成
脚本
岡田麿里
キャラクターデザイン
三輪士郎(原案)
米山舞
アニメーション制作TRIGGER
話数全12話
放送年2016年春(2016年4月~2016年6月)
キャスト阿形 勝平 - 梶裕貴
園崎 法子 - 山村響
高城 千鳥 - 寺崎裕香
天河 一 - 前野智昭
由多 次人 - 島﨑信長
牧 穂乃香 - 佐藤利奈
新山 仁子 - 久野美咲
日染 芳春 - 西山宏太朗
製作キズナイーバー製作委員会



【PV】




【あらすじ】
舞台は、埋立地に作られた街・洲籠市。
かつては未来型都市として栄えたこの街に住む高校生・阿形勝平は、なぜか痛みを感じない不思議な身体を持っていた。
夏休み目前となったある日、勝平は謎の少女・園崎法子の手引きにより、痛みを共有する仲間「キズナイーバー」の一人に選ばれてしまう。
そして、同様に「キズナイーバー」として繋がれたクラスメイトたち。
しかし、彼らは本来なら仲良くなることのない別々のグループに属していた。
園崎は言う「これは、争いに満ちた世界を平和に導くための実験なのです。」
その言葉とともに数々の試練が彼らに降りかかる。
互いの傷を背負うことになった、少年少女たちのひと夏の物語がここから始まる!



【レビュー】(未視聴の方向け)
『あの花』『ここさけ』で知られる脚本家の岡田麿里さんが脚本をつとめる、TRIGGERのオリジナルアニメ作品です。
引き込まれる世界観に、思わず入り込んでしまうはずです。
語ることすべてがネタバレになるので、語れることはここまで。
続きはネタバレがあります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-06-18




【作品情報】
原作新海誠
監督新海誠
シリーズ構成
脚本
新海誠
キャラクターデザイン
総作画監督
田中将賀
安藤雅司
アニメーション制作コミックス・ウェーブ・フィルム
上映時間107分
公開日2016年8月26日
キャスト立花瀧 - 神木隆之介
宮水三葉 - 上白石萌音
奥寺ミキ - 長澤まさみ
宮水一葉 - 市原悦子
勅使河原克彦 - 成田凌
名取早耶香 - 悠木碧
藤井司 - 島﨑信長
高木真太 - 石川界人
宮水四葉 - 谷花音
製作「君の名は。」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
新作映画『君の名は。』は、現代の日本を舞台にした、少年と少女の物語です。
少女・三葉(みつは)は山深い田舎に暮らしていて、少年・瀧(たき)は東京都心の高校生。
面識のないはずの彼らが、ある日互いの夢を見ます。
それもものすごく具体的に、相手の生活そのものを体験する夢です。
その夢に隠された秘密はいったいなんなのか——



【レビュー】(未視聴の方向け)
2016年9月28日に、川崎チネチッタのLIVE ZOUNDの上映を視聴。

新海監督の映画を一度も見たことはありませんでしたが、
ネット上や、友達との話の中でも、話題に上がっている作品であることや、
『あの花』『ここさけ』でキャラデザを担当していた田中将賀さんが
本作でもキャラデザをつとめていたことがきっかけです。

水曜日ということもあり、大きめのシアターに多くのお客様がいらっしゃいました。
観終わった後は、涙をぬぐう方も見受けられました。
実際に視聴した私も、スタッフロールが終わり、シアターが明るくなっても
しばらく席を立つことができませんでした。
泣いてはいませんが……。

今まで劇場で映画をいろいろ見てきましたが、
ここまで見終わった後に疲労感を覚えた作品は初めてです。
もちろんこの疲労というのは肉体的なものではなく、精神的なものです。

美しい田園風景、きれいな彗星、それと対照的なおしゃれな都会。
キャラクターの個性豊かな表情。
そして伏線をめぐらせ、先の展開が読めない、作りこまれたストーリー。

フィクションの世界のお話なのに、どこかリアルなお話でした。

きっと人によって好みの別れる物語かもしれませんが、
口コミのとおり、期待を裏切らないお話だと思います。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ