アニメ感想(アニメ放題)

3
ささみさん@がんばらない 1(通常版) [DVD]
阿澄佳奈
アニプレックス
2013-03-27




【作品情報】
原作日日日
監督新房昭之
シリーズ構成
脚本
高山カツヒコ
キャラクターデザイン
原田大基
アニメーション制作シャフト
話数全12話
放送年2013年冬(2013年1月~3月)
キャスト月読鎖々美 - 阿澄佳奈
月読神臣 - 大塚芳忠
邪神つるぎ - 斎藤千和
邪神かがみ - 花澤香菜
邪神たま - 野中藍
製作製作委員会@がんばらない、TBS



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
引きこもりの「ささみさん」と奴隷体質の「お兄ちゃん」のささやかな生活に降りかかる、八百万の神々による怪奇現象。
そして、個性あふれる「邪神三姉妹」とのありえないラブコメ。
そんな日常系として描かれる非日常の物語。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
これは大学4年生の時に、たまたまアニメで放映されていたのがきっかけで知り、
最近「アニメ放題」で全部見た作品です。

原作者の日日日(あきら)さんは、『狂乱家族日記』が代表作の作家さんで、
執筆スピードがとても速いことでも知られています。
この『狂乱家族日記』もたまたまカラオケでPVが配信されていたから知っているのであって、
詳しい内容も全くわかっていないので、別に作家さん目当てで見たわけではありません。
どちらかといえば、そのニート受けしそうなタイトル(特にタイトルに「@」が入っているところが好き)、
また、シャフトが制作しているというブランドイメージに惹かれました。

全12話、OPはZAQさんが歌っていますが、EDは鎖々美役の阿澄さんが担当。
ただし、EDではキャラクター同士のコントみたいなのが流れているので、完全版は最終話でしか流れません。
そういった意味でも、スタッフの「がんばらない」感じが出てて好きです。
(円盤では例のごとくシャフトの鬼修正が行われており、そういった意味でも「がんば」っていません←褒め言葉)

話の内容はシスコンのお兄ちゃんと、ブラコンのひきこもり妹のラブラブ話…かと思っていましたが、
ひきこもりになった理由や、神々の話やら、いろんな要素がぐちゃっと混ざり合いながら話が進んでいくので、
一回見ただけで話を理解するのは、難しいかもしれないと個人的には思いました。
特に話の展開が速いです。
テンポはいいし、シャフトの演出も好きだけれども、ちょっとついていけなくなりそうでした。
でも見返せば見返すほど、味が出る作品でもあると思います。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5




【作品情報】
原作虎虎
監督石原立也
シリーズ構成・脚本花田十輝
キャラクターデザイン池田和美
アニメーション制作京都アニメーション
話数全13話(最終話はTV未放送)
放送年2012年秋(2012年10月~2012年12月)
キャスト富樫勇太 福山 潤
小鳥遊六花 内田真礼
丹生谷森夏 赤﨑千夏
五月七日くみん 浅倉杏美
凸守早苗 上坂すみれ
製作中二病でも製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
高校1年生の富樫勇太は中学生時代、邪気眼系中二病を患っていた。
しかし、そんな黒歴史を中学とともに卒業し、高校ライフを満喫していた。
勇太は周りには中二病だったことを隠していたがひょんなことからある日、
クラスメイトで現役中二病患者の小鳥遊六花と半ば強制的に契約を結ぶことになってしまった。



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
中二病――。
このサイトを見ているそこのあなたも、この不思議な病を経験したことがあるのでは。
そしてこの中二病というやつは、人生における汚点……黒歴史として、記憶の彼方に葬っている方が殆どのはず。
今思い返すと、ベットの上でゴロゴロ転がりながら「忘れろ」と叫びたくなるような後遺症が残っている方もいるのではないでしょうか。

本作はこんな不思議な病、中二病を主軸に置きつつ、中二病を卒業した富樫勇太と、現役・中二病の小鳥遊六花のラブコメディです。
前半はギャグ、後半はシリアスなストーリーとなっています。
小鳥遊六花以外にも、五月七日くみん先輩や丹生谷森夏、凸守早苗など魅力的な女性キャラクターが多いのも特徴です。
そして苗字が一発では読めないのも特徴です。
(小鳥遊は「たかなし」、五月七日は「つゆり」、丹生谷は「にぶたに」、凸守は「でこもり」)

この作品はシリーズものになっています。
第1期は高校1年生でしたが、第2期からは高校2年生に進級しています。
その第1期と第2期の間に、劇場版が存在しています。
公式サイト等で配信されたLite(第1期:6話、第2期:6話)、
BD/DVD映像特典ショートムービー(第1期:7話、第2期:7話)を含めると、かなりのボリュームになります。
しかしさすがの京アニ、クオリティーは高いです。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
【作品情報】
原作青山剛昌
総監督山本泰一郎
監督静野孔文
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間109分
公開日2011年4月16日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  小山力也
飯塚雅弓  朴璐美  宮田幸季
三瓶由布子  加藤英美里  ほか
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
ある日、朝倉都知事宛の脅迫状が届き、翌日、都知事が開通した新地下鉄トンネルが爆破される。
コナンの活躍でけが人は出さずに済んだが、都知事を狙ったテロ事件への懸念が高まる。
コナンは、都知事が国土交通大臣時代に関わった新潟県のダム建設を巡って怨みを持つ者がいないか調査に乗り出す。
やがてダム建設の村で8年前に起こった交通死亡事故と、同じ日に崖から転落して以来意識を失ったままの少年・立原冬馬の存在が事件の重要なカギとして浮上してくるが…。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第15作目。
15周年となる今回は、新潟県のとある雪国を舞台にした作品です。

今までの作品よりもアクションシーンがパワーアップ。
オープニング前とエンディング前それぞれ、とんでもなくアクションシーンが起こります。
特に最初のシーンでは、思わず見入ってしまいました。

今回は「えみりん」こと加藤英美里さんがちょい役で出演。
この声を聴くために映画を見たといっても過言ではない。
GT-R終わっちゃったからなー。まさやんの件もあったし…。

あとは宮田幸季さんの声久々に聴いたなーという印象。
でも調べてみたらSHIROBAKOにも出ていましたね。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
【作品情報】
原作青山剛昌
監督・絵コンテ山本泰一郎
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間102分
公開日2010年4月17日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  小山力也
谷山紀章  石毛佐和  伊藤静  ほか
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
世界中を股に掛けて宝石を狙う怪盗キッドのところに、彼との対決に執念を燃やす大富豪・鈴木次郎吉からの挑戦状が舞い込む。
世界最大の飛行船ベルツリー号の宝石“天空の貴婦人”を盗んでみろという次郎吉の申し出を知らされ、コナンや蘭、小五郎も駆けつけるが……。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第14作目。
飛行船を舞台に、謎のテログループとの戦いを描いている作品です。

個人的には石毛佐和さんとか伊藤静さんとか、『ネギま!』世代の私にとってはうれしい声優陣の数々。
きーやんもちょい役で出てるし、こうやってみると時代の流れを感じます。

この映画から、小五郎の声は神谷さんから小山さんにバトンタッチとなります。
今回あんまり小五郎のおっちゃん、しゃべってなかったんだよなー。
やっぱりおっちゃん、高所恐怖症だからねー…しょうがないか。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
【作品情報】
原作青山剛昌
監督・絵コンテ山本泰一郎
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間110分
公開日2009年4月18日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  神谷明
小清水亜美  井上喜久子  小山茉美
水樹奈々  折笠富美子  喜多村英梨  ほか
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
東京・神奈川・静岡・長野で計6人が殺害される事件が起こった。
どの現場にもアルファベットが刻まれた麻雀牌が残されていたことから、同一犯もしくは同一 組織による広域連続殺人事件と認定される。
警視庁で各県警の刑事を集めて合同捜査会議が開かれ、特別顧問として小五郎も参加する事になった。
事件は麻雀牌 の意味、6人目の犠牲者が残した言葉「七夕…きょう…」の意味、被害者の共通点、被害者から1つずつ所持品を持ち去った理由と多くの謎を残していた。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第13作目。
黒の組織との対決が後半に描かれている作品になります。

見終えて思ったのが、自分的に豪華な声優陣!

小山茉美さんの声を聴くと、報道ステーションのナレーションを思い出します。
もう60歳なんですよねー。落ち着いた大人の女性の声で素敵です。

井上喜久子さんの気が狂ったスナイパーの演技も、見ていてわくわくしました。

刑事の役で小清水亜美さん、キーパーソンの恋人を演じた折笠富美子さん、
ちょい役で水樹奈々さんや、キタエリこと喜多村英梨さんも出演。

ベテランを起用していた劇場版コナンですが、ここにきて若い声優さんを起用しています。
それも個人的な見どころの一つと言えます。

またこの映画をもって、小五郎の声は神谷さんから小山さんにバトンタッチとなります。
やっぱりまだ慣れないんだよなー、おっちゃんの声。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3




【作品情報】
原作青山剛昌
監督・絵コンテ山本泰一郎
脚本古内一成 
キャラクターデザイン・総作画監督須藤昌朋
アニメーション制作東京ムービー
上映時間115分
公開日2008年4月19日
キャスト高山みなみ  山崎和佳奈  神谷明  桑島法子
製作「名探偵コナン」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
高名な元ピアニストの堂本一揮が創設した堂本音楽アカデミー。
ここで、堂本一揮の門下生3名が死傷する爆破事件が起こった。
被害者の一人のバイオリニストの河辺奏子は、近日行われる堂本音楽ホールの完成記念公演に出演する予定だったが、爆破事件で重傷を負ってしまい出演不可能となる。
完成記念公演は山根紫音を代役として開くことになった。
事件の翌日、パソコンで爆破事件の記事を読みながら不敵な笑みを浮かべる犯人。
「すべては、静かなる夜のために…」。



【PV】
なし



【レビュー】(未視聴の方向け)
コナンの劇場版第12作目。
音楽がメインになっている作品です。

自分も中高時代は(一応)管弦楽同好会でヴィオラを演奏していた経験があり、
現在でもピアノ演奏を続けているために、興味の惹かれる題材でしたね。

今回の映画は蘭や少年探偵団と共に行動するのではなく、ゲストキャラクターと行動しているので、
これまでコナン映画を観てきたファンの方々にしてみれば、新鮮なお話だったのかもしれません。

上映時間は歴代1位の115分という長さ。
そのため地上波の金曜ロードショーで放送された際に、大幅なカットが行われました。
長いです。
観る前に少し覚悟しておきましょう。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ