車・バイク

pcarIMGL4703_TP_V

毎日多くの人が、交通事故でけがをしたり、亡くなったりしています。
このような痛ましい交通事故を防ぐためには、どうすればよいのでしょう。
ひとつは、運転する人も、歩行者・自転車も、交通事故を「知る」ことだと思います。
この記事では、交通事故を「知る」ためのツールをご紹介します。

警視庁 交通事故発生マップ」を知っていますか?
これは、警視庁管内で発生した交通事故についてまとめたマップです。
マップ上にその場所を示し、どの場所で事故が起きやすいのかが、一目でわかるようになっています。
また、昨年と今年に発生した交通死亡事故は、発生状況や事故概要まで、知ることができます。

2017/10/09現在、閲覧すると、先週は4件の死亡事故が、管内であったことがわかります。

・大型特殊車と歩行者の衝突事故
 平成29年9月27日(水)午後7時20分ころ
 稲城市矢野口

・列車と自転車の衝突事故
 平成29年9月21日(木)午後9時05分ころ
 世田谷区桜上水5丁目

・バスと自転車の衝突事故
 平成29年10月1日(日)午前10時57分ころ
 小平市上水南町4丁目

・普通乗用車と歩行者の衝突事故
 平成29年10月1日(日)午後3時5分ころ
 足立区西綾瀬2丁目

列車の事故も、踏切で起きて死者が出れば掲載されます。
小平と足立で起きた事故は、メディアで取り上げられていましたね。
稲城の事故はネットで探しましたが、出てきませんでした。

ぜひ地図をスクロールして自分がよく通る道路などを確認してみてください。
自分の主観ですが、以下の特徴があることがわかります。

高齢者が死亡事故に巻き込まれるケースが非常に多い。
・死亡事故発生時間帯では、真夜中の事故が多い。
・死亡事故形態では、自転車と車、またはバイクと車の事故が目立つ。

これらは、教習所の学科の中でも取り上げている内容です。
当たり前ですが、教本に書かれていることは事実なのです。
自分も教官時代、学科をやっていたとき、「警視庁 交通事故発生マップ」を参考にしていました。

皆様がお住まいの地域では、どのような事故が起きているでしょう?
起きている時間帯や、事故の概要を知ることは、事故防止につながります。
ぜひお時間のある時に、「警視庁 交通事故発生マップ」をご覧いただければと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

YouTubeで色々な「ETC2.0」による情報提供サービスを、カーナビが読み上げている動画が公開されています。

「ETC2.0」に対応した車載器を車に取り付けると、音声で安全運転を支援する情報が提供されます。

車載器と、これに対応するカーナビを連動させれば、音声だけでなく、動画や画像でも情報提供されます。

この情報提供時に使用される音声は、おそらくカーナビや車載器に依存するようです。

いくつかの動画を参考に、聞き取りやすさなどを比べてみてください。



○ケンウッド 彩速ナビ MDV-Z701Wと、車載器Panasonic CY-DSR110Dの組み合わせ○



6:30あたりで音声を聞くことができます。
この音声はすごく聞き取りやすい!
阪神高速の情報ラジオや、ネクスコ西日本のハイウェイラジオと、同じ音声合成のシステムを使っているようです。


○Panasonic ストラーダナビ CN-H510WDと、連動する車載器の組み合わせ○



0:09あたりから。
この音声合成はおそらくFUJITSUのおしゃべりノートに使われているものと同じものです。
個人的には、ちょっと機械的で聞き取りづらいです。



○車載器 Panasonic CY-DSR110D 単独○ 



0:24あたりで音声を聞けます。
やはりFUJITSUのおしゃべりノートに使われている音声合成のようです。
Panasonicの機種はすべてこの音声合成ということか…。



○パイオニア サイバーナビ AVIC-ZH0009CSと、連動する車載器の組み合わせ○



0:04あたりから。
パイオニアのナビでも、FUJITSUのおしゃべりノートに使われている音声合成を使用しているようです。



○トヨタ純正ナビ NSZN-W64Tと、連動する車載器の組み合わせ○ 



こちらの音声合成は、おそらくトヨタ独自のものと思われます。
聞き取りやすいです。
動画の説明によれば、トヨタ純正ナビでは自動ページ送りをしないとのことで、注意が必要です。



○おそらくトヨタの純正ナビと、連動する車載器の組み合わせ○



暗くてよくわかりませんが、おそらくトヨタの純正ナビと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カーナビとしても、サイクリングナビとしても、ウォークナビとしても活躍できるナビがあります。

SONYが発売しているnav-u、これがあれば、遠征するのも楽しくなる…はず!

まあめったに出ないし、携帯で検索するだけで十分なんですけどね。

そういえば、NAVITIMEから自動で更新されるカーナビが発売されましたね。

でも通信料とかかかるし、ナビの機能も純正に比べれば劣ってしまうし。

それでもオプションで、ビーコンとかつけちゃうと、もっと値段は上がりますし。

所詮カーナビなんて嗜好品みたいなもので、なくても紙の地図があればなんとかなるものなのかなーなんて思いました。

そう、便利な世の中になってきても、結局自分は、携帯の機能でなんでも済ませてしまうと思う今日この頃です。

……今日は終戦記念日

時刻はまもなく正午になります。

さっそくNHKに合わせるとしますか。

SONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/BSONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/B
販売元:ソニー
(2011-06-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ