素敵だと思う「コトバ」

shikaru_man_warau

日本のラグビー選手・平尾誠二さん。
日本代表選手であり、監督であり、「ミスター・ラグビー」と呼ばれていた。

彼は2016年に53歳で亡くなりましたが、彼の「人を叱るときの4つの心得」は
自分でも心がけていることであり、多くの人に知ってもらいたい言葉だ。

①プレー(行動)は叱っても人格は責めない。
②後で必ずフォローする。
③他人と比較しない。
④長時間叱らない。

「叱り方」を知らない人が多い。
ただただ相手に感情をぶつける「怒る」人は多いのに。
「怒る」と「叱る」を同じ意味に捉えていないだろうか。
相手をよい方向に導くために、人は「叱る」のだと思う。

しかし、「叱り方」というのは誰も教えてくれない。
大人になって勝手に身につくものではない。
平尾さんのような先人たちの言葉をヒントに
自分なりの「叱り方」を見つけていきたいと思う、今日この頃。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どろあしのままで

いやなこと きいたら そのみみを あらえ

いやなものを みたら そのひとみを あらえ

いやしいおもい わいたら そのこころを あらえ

そして あしは どろあしのままで

どろあしのままで いきてゆけ

Go With Muddy Feet

読売新聞社発行 「神戸 新たなる出発」より



これは、1995年の阪神淡路大震災のとき、
神戸市兵庫区須佐野公園のボランティア基地事務所に貼り紙してあったことば。

阪神大震災で疲れ切ったボランティアたちが、
口ずさんだことば。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ