【作品情報】
原作AAS
総監督信田ユウ
脚本鈴木貴昭
岡田邦彦
キャラクターデザイン
あっと(原案)
アニメーション制作A-1 Pictures
上映時間105分
公開日2020年1月18日
キャスト岬 明乃 - 夏川椎菜
宗谷 ましろ - Lynn
立石 志摩 - 古木のぞみ
西崎 芽依 - 種﨑敦美
納沙 幸子 - 黒瀬ゆうこ
知床 鈴 - 久保ユリカ
製作新海上安全整備局



【PV】




【あらすじ】
今からおよそ100年前、プレートのずれにより、多くの国土を水没によって失った日本。
国土保全のため、次々と築かれた水上都市はいつしか海上都市となり、それらを結ぶ航路の増大に伴い、海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」が女生徒たちの憧れとなっていた。
そんな「ブルーマーメイド」に憧れ、横須賀女子海洋学校に入学した岬明乃は航洋艦「晴風」の艦長に任命され、クラスのメンバーと共に海洋実習に参加する。
艦を動かし、目的地へと向かうだけの安全な航海のはずが、彼女たちを待ち受けていたのは、数々の危機ピンチ。
教員艦からの突然の発砲、暴走する他学生艦との戦闘、救難船の救護活動など、数々の困難を辛くも乗り越え、無事に陸に帰還したことで、メンバー同士の間に固い絆が結ばれた。
その騒動から1ヶ月後、テスト休みを満喫する晴風メンバーに新たな危機ピンチが訪れる。
それは晴風クラスが解体されるというもの。
晴風メンバーは、動揺しながらも再び一丸となり、クラスの解体を阻止したことで、絆をより深めていくのだった。
こうして数々の困難を乗り越え成長した晴風メンバーたち。
そんな彼女たちに訪れる、新たな"危機ピンチ"とは―――?



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



【感想】(ネタバレ含む)

2020/1/31(金)9:30~ TOHO CINEMAS渋谷にて。

2016年に放送されてから、4年の歳月を経て
晴風クラスが返ってきました。

TVアニメシリーズの製作会社が経営破綻して
映画公開もピンチに見舞われましたが、無事公開。

ストーリーは、前半は「はいふり」、後半はアクション。
少しぷにるところはあったけれども、作画は申し分なし。

ただ、久しぶりすぎて、この子はどんな子だったっけと
思い出す時間がありました。
事前にOVAで予習しておくべきだったと少し反省。

あと、テレビに出てないキャラもいた気がする。

見どころは、
・久しぶりのココちゃんの一人芝居。
・前半のメイタマコンビのホンワカした感じ(ウイウイ)。
・シロちゃんの運の悪さと、それを折り込み済みの戦略。
・リンちゃんは目をぐるぐるしながら舵をとるところ。

シロちゃん、艦長のチャンス!
昔からの夢をかなえるのか、それとも晴風の一員であるべきことを選ぶのか。
結局は後者だったわけですけど。
家族がバラバラになるのは、ミケちゃん的にも嫌だったろうし
(口には出していないけれど)
かなりきれい目にまとめてきたが、これでよかったのかもしれない。

映画のあと、2期やっていただけるのであれば、
シロちゃんの活躍をもっと観たいかな。