DSC_0971

「ラブライブ! フェス」@さいたまスーパーアリーナDay2に参戦!

私はチケット当選ならず……だったのですが、
友達グループの3人が見事ゲット!

連れて行っていただくことに。



興奮が冷めやらぬ中、感想が言語化できない。

どんな言葉も、いつも以上に陳腐になってしまうほどに
言葉が出ない。選べない。

どこがよかったかと聞かれても、全部よかったとしか言えない。

一言で感想をいうとすれば、
またμ’sに会えて、本当にうれしい」。



2012年末ぐらいからμ’sを知り、
ただのアイドルアニメとは一線を画すストーリーに惹かれ。

気が付けば、CDを手に入れ、ラジオを楽しむなど
まさに自分の青春の1ページとなりました。

2016年4月1日のドーム公演で、たまたまチケットを手に入れ
最初で最後のライブ参戦。

Snow halation」でのまばゆいオレンジ一色の光景が
本当に思い出に残っています。

キャストだけでなく、ラブライバーと共に、みんなで叶えてきた物語。

それが4年の月日を経て、再びみることができたなんて!

もうエモエモのエモですよ。

μ’sは、初代にして王者。やはり伝説でした。



虹ヶ咲は全く曲を知らなかったが、キャストのみなさんの
パフォーマンス、風船やら炎やら。

決して先輩方に引けをとらない最高のパフォーマンスでした。

これを機に、ALLSTARSもはじめなくては。



そして、Saint Snow。

2人を直接みるのははじめてだったんだけど
ヤバイ! カッコイイ!!

もう「ダンスなう☆」で死にかけ、そして
Believe again」でとどめをさされる。

この2人の劇中エピソードを知っているからこそ
「Believe again」を生で聴けたときのテンションといったらもう。。。

A-RISEのことも忘れなかったアサミ姉さんマジかっこいい。。。



Aqoursは、もういい意味でずるかったです。

いきなり未体験HORIZONとは。世界が真っ黄色に染まって、とてもきれいでした。

思えば、Aqoursを本格的に聞き始めたのは、2017年の転職活動から。

自動車学校の教官から、挑戦してみたかったITの世界に飛び込むため
大学での就職活動以上に、自分なりの努力を重ね。

なかなかうまくいかず、結果が出なくても
いつも「君のこころは輝いてるかい?」を聴きながら
自分を奮い立たせて、SEになることができて。

あきらめずに努力することが、やがては未来をつかむことができると
彼女たちに教えられたから今があると考えているので
Aqoursには本当に感謝しています。

Day2最後にこの曲を持ってきてくれたことも
素敵なプレゼントでした。



多くの方々に支えられ、ラブライブ!は
こんなに大きなコンテンツとなりました。

きっとこれからも、成長を続け
みんなで色々な物語を叶えていき、誰かの希望になっていく。

10人目のメンバーとして、これからもラブライバーと共にありたい。