【作品情報】
原作AIS
監督信田ユウ
シリーズ構成
脚本
吉田玲子
キャラクターデザイン
あっと
音楽小森茂生
アニメーション制作プロダクションアイムズ
話数全12話+OVA
放送年2016年春(2016年4月~6月)
キャスト岬明乃 - 夏川椎菜
宗谷ましろ - Lynn
立石志摩 - 古木のぞみ
西崎芽依 - 種﨑敦美
納沙幸子 - 黒瀬ゆうこ
知床鈴 - 久保ユリカ
小笠原光 - 澤田美晴
武田美千留 - 菊地瞳
日置順子 - 田中美海
松永理都子 - 丸山有香
姫路果代子 - 田辺留依
万里小路楓 - 中村桜
勝田聡子 - 五月ちさと
山下秀子 - 大地葉
内田まゆみ - 宮島えみ
八木鶫 - 山下七海
宇田慧 - 藤田茜
野間マチコ - 小林ゆう
柳原麻侖 - 高森奈津美
黒木洋美 - 相川奈都姫
若狭麗緒 - 清水彩香
伊勢桜良 - 福沙奈恵
駿河留奈 - 小澤亜李
広田空 - 金子彩花
和住媛萌 - 新田ひより
青木百々 - 大橋歩夕
伊良子美甘 - 麻倉もも
杵崎ほまれ - 伊藤かな恵
杵崎あかね - 伊藤かな恵
等松美海 - 大津愛理
鏑木美波 - 阿澄佳奈
ヴィルヘルミーナ - 五十嵐裕美
知名もえか - 雨宮天
製作海上安全整備局



【PV】




【あらすじ】
多くの国土を水没によって失ってしまった日本。
海上交通の発達により、海の安全を守る「ブルーマーメイド」がいつしか女生徒達の憧れの職業になっていった。
そんな「ブルーマーメイド」に憧れ、海洋高校に入学した岬 明乃(みさきあけの)は、陽炎型航洋直接教育艦「晴風」の艦長に任命され、早速初の海洋実習に出発したのだが…。



【レビュー】(未視聴の方向け)
実は、このアニメのPVが公開された当初は『はいふり』という名でした。
かつての『けいおん!』のようなゆるふわスクールライフの作品だと
自分も思っていました。
しかし、ふたを開けてみると……『ガルパン』のようでした。
『ガルパン』の脚本を書いた人が、この作品でも脚本を書いています。
登場キャラクターも多く、声優さんも含めて、名前を覚えるのは大変です。
しかし、戦艦も細かいところまでよく描かれていますし、キャラクターも個性豊かです。
一気に見てしまいました。
結構おすすめです!

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 



【感想】(ネタバレ含む)

[各話リスト]
第1話 初航海でピンチ!
第2話 追撃されてピンチ!
第3話 パジャマでピンチ!
第4話 乙女のピンチ!
第5話 武蔵でピンチ!
第6話 機雷でピンチ!
第7話 嵐でピンチ!
第8話 比叡でピンチ!
第9話 ミーナでピンチ!
第10話 赤道祭でハッピー!
第11話 大艦巨砲でピンチ!
最終話 ラストバトルでピンチ!

[全体的な感想
☆タイトルを改めてみてみると……そういえば、殆どピンチでした。
 平和な美少女動物園では全くありませんでした。
 えっ、どうなるのこの後という展開の連続でした。
☆まさか、もかちゃんとの再会に、こんなに時間がかかるとは思いませんでした。
 もかちゃんも、実は大変なことになっていたのです。
 しかし何とか死人が出なくてよかったです…。
 これが虚淵玄さんの脚本だった場合、おそらく登場人物の半分以上は死んでいたでしょう。
☆好きなキャラは、めいたまです。
 もう何なの、この2人の可愛さは…!
 特にOPで芽依ちゃんが「ていー」ってやっているであろうシーン。
CkQQKolUoAEtWJ1
 全体的にキャラクターは炉利であるとはいえ、この子の可愛さったらない。
 志摩ちゃんが例のネズミにやられてしまったときも、芽依ちゃんはずっとそばにいました。
 砲術長と水雷長の名コンビ。素晴らしいです。
 これだけで「めいたま」というカップリングイラストが多くなる理由は十分です。
☆しかし、タマちゃん演じる古木さんが、はいふりラジオに来たときはやばかったですね。
 ここ数年でかなりやばい声優さんです。
☆「海の仲間は、家族だから」
 この考えで、艦長であるミケちゃんはひたすら先陣を切っていきます。
 しかし後半では、家族と思える仲間を失いたくないという思いから、消極的になりました。
 そこを打ち破ってくれたのも、家族である仲間でした。
 こういう友情ストーリーは、たとえフィクションだとしても、熱い展開はいいですね!
☆ココちゃんの芝居のバラエティーが広い件について。
 演じている黒瀬ゆうこさんも大変です。
 元OLだそうですが、ラジオのしゃべりも上手で、とても応援したい声優さんの一人です。
 それはさておき、ココちゃんの元ネタは、ほとんどがあの仁侠映画。
 どんな元ネタなのかは、ぜひ検索を。
☆リンちゃんは、もう自分の中ではもう一人のかよちん。
☆双子のほまれちゃんは、幼馴染に告白されたのに、返事を保留にしたために…。
 告白されたら、すぐに答えを言わないといけないですね。
 告白されたことないから知らんけれども。
☆最後、晴風が沈んでいくシーンは、全話完走した視聴者にとっても、寂しいシーンになりました。
 艦長がお父さんだとすれば、晴風はお母さん。
 最後まで、クラスのみんなを、海の仲間を、守ってくれたのでした。
 これで終わるのはさみしすぎます。
 OVAだけでなく、2期を切実に希望したいところです。
☆(追記)キャラまとめ画像が見つかったので掲載します。(参考にしたページ
d0abe52e
このように組織図になっていると、各キャラクターの立ち位置がわかってありがたいですね。


ハイスクール・フリート いんたーばるっ (MF文庫J)
姫ノ木あく
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-06-24