【作品情報】
原作荒井チェリー
監督藤原佳幸
シリーズ構成
脚本
志茂文彦
キャラクターデザイン
菊池愛
アニメーション制作動画工房
話数全12話
放送年2014年冬(2014年1月~2014年3月)
キャスト夜ノ森小紅 - 照井春佳
夜ノ森紅緒 - 松井恵理子
三峰真白 - 吉田有里
三峰白夜 - 羽多野渉
桃内まゆら - 愛美
鹿島撫子 - 佐倉綾音
末続このは - 藤田咲
製作未確認で進行形製作委員会



【PV】




【あらすじ】
ごく普通の生活を送る高校生・夜ノ森小紅の16歳の誕生日。
許嫁なのに影が薄い三峰白夜と、小姑なのにどう見ても幼女の三峰真白が現れた。
ブリーフィング無しでいきなり始まった奇妙な同居生活。
シスコンで変態な姉・夜ノ森紅緒まで加わり、事態は相当ややこしいことに。
小紅の生活は普通じゃなくなった。



【レビュー】(未視聴の方向け)

・女性漫画家の4コマ漫画がアニメ化されています。
 アニメでは、この漫画を一つのストーリー形式にして完成させています。

・日常系に分類されますが、ラブコメの波動も感じられます。
 ですが、どちらかというと毎回ドタバタしています。

・ヒロインよりも周りのキャラクターが濃いのも特徴です。
 特に紅緒のシスコンっぷりや、真白のロリ姑という新しいジャンル。

・作画もとても繊細に描かれており、特にアニメーションがぬるぬると動く動く!


続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 

【感想】(ネタバレ含む)

[各話リスト]
#01 何事も最初が肝心です
#02 ロリ小姑ってのも悪くないわ
#03 ラブコメの波動を感じる
#04 あれはただのへんたいです
#05 これが経産婦だと
#06 そうだ、小姑でうめよう
#07 それはそれ、これはこれ
#08 妹の悲しみをいやすのは、妹
#09 くつじょくです、はずかしめをうけました
#10 デレ期という単語を調べたら
#11 ハンカチを楽しんでるのよ
#12 わかってる? わかってる

キャラクター/声優]
ヒロイン3人を演じているのは、照井春佳さん、松井恵理子さん、吉田有里さん。
この作品で、松井さんは変態を演じる人、吉田有里はロリを演じる人というイメージがついてしまいました。
それだけ、キャラと声が非常にマッチしているんです。
今思い返しても、声優さんはこの3人以外考えられないです。

[作画/音楽
キャラクターが動きまくります。物凄く絵が綺麗なのもこの作品の特徴です。
制作会社「動画工房」は、これまでの作品でも動きや絵の美しさで定評があります。
クオリティーの高いオープニングやエンディングの映像などは、ぜひ一度ご覧いただきたい。

 

[印象に残っている、共感できるシーン、セリフ]
実は各話のタイトルは、その話内での登場人物のセリフだったりします。

・ロリ小姑ってのも悪くないわ
・ラブコメの波動を感じる
・そうだ、小姑でうめよう
・妹の悲しみをいやすのは、妹

これらは全て紅緒様のセリフだったりします。
もうアニメ見ながら「ダメだ、この姉」って何回も思いました。
しかも小紅だけでなく、真白にも一方的にイチャイチャしています。
この人節操がありません。
でも、憎めないキャラクターなんですよねー。

[作品を通して、心に残ったこと、自身の中に得たもの]
ハーレムアニメといえば、
「男くんが中心で、周りに女の子たちがいて、みんな男君のことが好きー」
みたいなイメージでしたが、「未確認で進行形」はこのハーレム物とは一線を画しています。
中心にいるのはあくまでこのヒロイン3人なんです。
小紅の許嫁が白夜というラブコメ要素はありますが、どちらかというとヒロインたちが引っ掻き回している感じです。
だからといって、ずーっとドタバタしているかというと、そうではありません。
時々、キャラクターの心理描写や感情などが不意に描かれることがあり、メリハリがあって飽きない感じがします。
ぜひ2期も見たいです。