繰繰れ! コックリさん 第1巻 [Blu-ray]
広橋涼
KADOKAWA メディアファクトリー
2014-12-24




【作品情報】
原作遠藤ミドリ
監督・脚本・選曲平池芳正
キャラクターデザイン・総作画監督大島美和
アニメーション制作TMS/だぶるいーぐる
話数全12話
放送年2014年秋(2014年10月~12月)
キャスト広橋涼  小野大輔  櫻井孝宏  中田譲治
製作「繰繰れ!コックリさん」製作委員会



【あらすじ】
(Wikipedia等から)
コックリさん
 コックリさん
  おいでください……

それは禁じられた遊戯(あそび)
けっして一人でやってはいけない
コックリさんがやってきて
あなたに取り憑いてしまうから―――

自称「人形」の市松こひなが、あやしげな術で狐の物の怪“コックリさん”を呼び出した!
しかしコックリさんがどんな「質問」にも答えられたのは昔の話。
今は某検索エンジンに頼るも実はデジタルが苦手。
取り憑くはずが一人ぼっちのこひなを心配して献身的に家事をこなす姿はまるでオカン。
おまけにこひなを溺愛する犬の物の怪“狗神”とダメオヤジな化け狸“信楽”も棲み憑いて、コックリさんの苦労は3倍に!?
デンパ少女とときにイケメンたまにモフーンな3匹のアニマルが織りなす、非日常系モフモフコメディ‼



【PV】




【レビュー】(未視聴の方向け)
まとめサイトで面白いらしいという書き込みを見つけたので、録画した作品です。
男キャラが結構出てくるので、最初女性向けなのかと思いましたが、ただのギャグコメディのようです。
男キャラはイケメンばかりなので、薄い本が捗りそうですね。
話自体は滑りっぱなしの回もありましたが、全体的に見るとまあ面白かったです。

主人公の女の子・こひなちゃんの『カプメン』を食べる姿に、自分もラーメンが食べたくなりました。
また、コックリさん、狗神、信楽の動物型に変化(デフォルメ化)した時の姿がひたすらかわいかったです。
個人的に人間の姿にならないでずっと動物の姿でいてくれたほうが和みました。

続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。
【感想】(ネタバレ含む)
若手の声優さんじゃなくて中堅の声優さんで固めてきましたね、このアニメ。
これは監督の意向なのか、それとも原作者の意向なのか。
ナレーションにゆかりん、メインキャラは小野Dと櫻井さんときてる。
声優目的で見てもよいのかもしれない。

話的にはどれも頭を使わなくて見ることができるので楽。
10話は少し趣向が変わりましたが、全体的に作品を通してみると、本当に頭を使わない
時々入るポツリとしたナレーションも、ググコクならでは。

オープニングはあんまりじっくり聴かなかったけど、エンディングは落ち着いた感じの曲で好きでした。

好きなキャラクターは、信楽のおっさんですね。
「おじさんは無職のプロでいたいんだ」
ひどいニートを見た。
なんだ、無職のプロって。
無職のアマとプロの違いって何なのでしょう。
こんな感じの、2次元に出てくる、クズだけど憎めないキャラクターが、割と好きだったり。

ところでコックリさんみたいな、オカンみたいな大人の男性が、一家にいてほしいと思う女性も多いはず。
世話焼きな男っていいですね。
焼きすぎて吐血するのは勘弁してほしいけれど…。






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


レビュー ブログランキングへ