りょうへいさんは語りたい

2012年05月

シルエット (講談社文庫)著者:島本 理生販売元:講談社(2004-11-16)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る火曜日、図書館で島本理生さんの本棚の前でどれを借りようか迷っていました。一気にすべて借りるのもいいし、むしろそうしたいんだけど、来週から実習が始まると読む時…
>>続きを読む

帰れぬ人びと (文春文庫)著者:鷺沢 萠販売元:文藝春秋(1992-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るこの本も河合塾のマーク模試の現代文で取り上げられたため、手に取った作品だ。この人の名前を聞いたことがなかったものの、『帰れぬ人びと』の人物の心情や町の風景描写に…
>>続きを読む

一千一秒の日々著者:島本 理生販売元:マガジンハウス(2005-06-16)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る島本理生さんが好きなサークルの後輩がいた。その後輩から借りた『ナラタージュ』が、自分と島本さんの本との出会いだ。『リトル・バイ・リトル』が2003年に野間文芸新人…
>>続きを読む

大学でこの学科を専攻しているのに、自分は「論理的」という言葉から逃げてきた。自分はどちらかというと「感情的」な人間で、物事に反論するのが下手。正直「感情的」でも人生歩んでいけるし、論理的な思考なんかなくてもなんとかなるーって思ってきた。「でも実際、社会で…
>>続きを読む

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)著者:吉本 ばなな販売元:中央公論社(1992-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夏のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会っ…
>>続きを読む

気が付いたら、ブログを放置して1ヶ月近く経っていた。最近QMAに夢中になっていたからかもしれない。4年という新しい学年が始まったからかもしれないし、5月病かもしれない。いずれにしても、ひどく疲れた5月を過ごしたと思う。5月のGWは自分の育った徳島と、よく遊びに…
>>続きを読む