とあるアロエの暴走手帖

最近アニメがどんどん好きになっている、とある教習指導員のブログ。 「発見の毎日を」が目標。

2012年03月

週刊ストーリーランド

今から10年以上前に放送されていた「週刊ストーリーランド」。

たまたまYouTubeで見つけて、3本くらい流し見した。

西村雅彦がバラエティーに出ていて、マジカル頭脳パワーのあとだったから、よく覚えている。

それにしても、インパクトのある話ばかりで、今見るとツッコミたくなるところばっかりであるが。

ホラー系の話は寝れなくなるくらい怖かったし、感動系はすんごく泣いた覚えがある。

子どもの頃の方が、自分が感情が豊かだった。

今もそれは変わらない…って言えないな。

心の内側と外側で、違ったことを考えることも多いから。

いままでそれを否定していたけど、もう否定するのをやめる。

人間ってそういうもんなんだって思うことにする。

なんか人間不信になりそう(笑)





寺田がすごく気持ち悪いです。

でも、逆にここまで肉食系な男子は今いないよなーとも思いました。

そして、実に登場人物の頭がおかしい話ですね。

ブギーポップは笑わない

以前このライトノベル『ブギーポップは笑わない』についての感想を書こうとしててすっかり忘れていました。

でももう内容覚えていないし、友達に返してしまったので書けないという(´・ω・`)

とりあえず、登場人物がどんどんドロップアウトっていうか、どっか行ってしまいます。

ほかのシリーズともリンクしているので、読まないと見えてこない部分もあるのではないかと思います。

全体的に物語はどうなるんだろうってすごく引き込まれて、一気に読めました。

以下、思ったこと。

・最初恋愛モノみたいでセカイ系じゃないじゃんとか思っていました。
・敬がかわいくてニヤニヤしていました。
・早乙女がマジでこわい。マンティコアもこわい。
・この本で「トリックスター」(=狂言回し)という言葉を覚える。
  この単語の響きが好きです。QMAのミューのサブカの名前にしようかな((o(´∀`)o))
・最新刊は2011年1月発売。結構シリーズが出ています。
・今から12年前に深夜アニメで放送されていたらしい。
・他のシリーズも(時間があれば)読みたいと思います。

本の感想ってすぐ書かないと忘れる。次からはもっとしっかり感想書きたいです(´・ω・`)



ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))
著者:上遠野 浩平
販売元:メディアワークス
(1999-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

若干といえばこのひと

ボーカロイドで若干といえばこの人、若干PさんことKNOTSさんです。

作詞作曲はもちろん、ギターの演奏や動画、イラストまで全部自分でやってしまうというマルチプレイヤーさんです。

曲も若干中毒性のある電波から若干落ち着いた曲までジャンルが広く、動画のイラストもかわいいです。

アルバム『ヘルメンマロンティック』は、イラストも曲も楽しめ、さらにご本人が歌っています。

なので、若干おすすめです。

最近Twitterでは、DTMの擬人化漫画をかいていらっしゃいますので、フォローしてみてはいかがでしょう。



自分は最初『アイシンクアンシン』を聴いて、そのあと『テレパステレパス』を聴いて、若干好きになりました。





とある電気店のスマートフォンからこのブログを見てみたら、ちゃんと再生されませんでした。

livedoor側の問題なのか、スマホの問題か、ニコニコ動画の問題か…。



ヘルメンマロンティック
ヘルメンマロンティック
クチコミを見る

停止訓練

首都圏の大手私鉄は、11日で東日本大震災から1年になるのを前に、大地震を想定した列車の停止訓練を実施します。

まず、午前10時には、東京都交通局、東京メトロ、西武、京急、京成などで訓練が行われます。

次に、地震発生時刻の午後2時46分には、東急、小田急、京王、東武、相鉄などが行い、いずれも30秒から1分間、全列車が停止します

1年前は地震発生直後から安全確認のため首都圏の交通網はマヒし、多くの帰宅困難者が出ました。

大規模災害が発生した際の乗客の安全確保や復旧までの迅速さが課題となりました。

こういった訓練が、今後来るであろう直下型地震で活かせることを願います。

訓練概要については、マイナビニュースより引用しました。

メディアのボカロの取り上げ方

2007年





2012年(5年後)





扱い方がだいぶ違っているのはあきらか。

他のところでも言われているが、見事な掌返しだと思う。



最近になって、ボカロの話題がTVで取り上げられるようになった。

日テレ系では、『ZIP!』『NEWS ZERO』などで取り上げられていて、とくに『ZIP!』はもう結構な回数取り上げられているみたい。

永遠の16歳バーチャルアイドル「初音ミク“さん”」と“さん”づけで紹介されるほどの優遇。

フジ『めざましテレビ』では、初音ミクユーザーになる予定の76歳のおばあちゃんが取り上げられていた。
参考:初音ミクみく様

上のリンクの関連記事からもわかるが、民放だけでなく、NHKの『クローズアップ現代』『おはよう日本』『週刊ニュース深読み』でも取り上げられている。

『週刊ニュース深読み』のエンディングテーマ曲に、八王子Pさんの『フカヨミ』が採用されている。



さらにTBSラジオでは、開局60周年記念のステーションシングルに、一般公募で最優秀賞に輝いた、初音ミクとがくぽを使用した作品が選ばれ、2012年度中に流れるようになるとのこと。





初音ミクが生まれてから5年。すごい時代になりました。
ゲームブログ更新中!
Twitter更新中!!
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
専大カッパ、河合教バイを経て、とある会社員。◆アニメ好き、声優さんが好き、キタエリ好き、ラブライブ好き、運転が好きな人◆ぜひ相互フォローしませんか?無言でフォローおkです。ただ本人はひとみしりかも(>ω<)ノ◆勝手にフォローしてすみません◆イラストはお借りしているものです。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード