神聖かまってちゃんのベース担当・ちばぎんは
「メランコリー×メランコリー」ツアーの最終日をもって
神聖かまってちゃんから脱退することになりました。

理由は、ちばぎんは子連れの方と再婚していましたが
さらに第2子が生まれるので
バンドマンでは稼げないということでした。

驚きました。

バンドマンで稼げないのは、まだ無名の、世間には認知されていない
これから売れるかもわからないような人たちだけだと思っていましたから。

メジャーデビューをして、たくさんのファンを導入している
かまってちゃんであっても、お金がなくて家族を養えないんですね。

バンドマンの闇を感じます。

舞台上でキラキラ輝いている人たちは、何かを犠牲にして生活しているのですね。。。



ちばぎん脱退日・1月13日のツアーファイナル@東京Zepp。

ちばぎんが脱退するときいて、久しぶりにライブに足を運んだファンもいたため
sold outとなりました。

この公演に、私も参戦しました。

ちばぎんの考えたセットリスト通りに進み
「なんかいつもと違う」「かまってちゃんらしくない」ライブのように
感じていました。

しかし、アンコールで、30年前にパクったシールの
返還が行われるなど、実にかまってちゃんらしいライブとなりました。

かまってちゃんのライブは、一回一回にドラマがあり
それを楽しみにしていたのですが、やっぱり最後にやってくれました(いい意味で)。



ちなみに、私がかまってちゃんと出会ったのは、相方さんの影響です。

相方さんは、かまってちゃんが(チェキ会にも行くほどに)大好きでして
お付き合いをしはじめて、はじめて連れてってもらったライブが
かまってちゃんでした。

それから8年が経ち、なんだかんだでライブに通い
そのために関西に行き、時にはBAY CAMPで徹夜したこともありました。



はじまりがあれば、必ずおわりがくる。
かまってちゃんの一つの時代は、間違いなく終わってしまいました。

しかし同時に、新たなかまってちゃんのスタートをきったのだと信じています。
またライブに参戦して、一緒にドラマをつくっていきたいです。

次の公演、決まっていないから、ちょっと心配。



ちばぎん、長いことお疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

強制わいせつ容疑で、ドライビングスクールの教官が逮捕されました。

Google先生で検索してみると、顔写真も実名もあがっていますね。

koyama_taiho

ここの教習所では、それぞれの校舎でTwitterアカウントを持っているようですが
二子玉川校のアカウントは削除されているようです。

なるほど、アカウントに容疑者の教官がバッチリ載っているわけですね。

コヤマさんでは、教官自ら、営業で大学に販促に行くと聞いていましたが
ここまでバッチリ名前が書かれていると、炎上する前に、削除するしかなかったのかもしれません。

いずれにせよ、最近の教習所は、少子高齢化の影響で教習に来る人数も減っていて
なんとかお客さんを取り込もうと、どこの学校もいろんな策を打っているわけで
こういうイメージダウンは、学校だけでなく、業界全体にとってもマイナスイメージですね。

教官が教習生と付き合っている、なんて、よく聞く話ですが
強制わいせつは聞いたことがないなあ。

さらにイメージが悪くなるようなこと、しないでほしいですね。元教官としては。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



12月より「ながら運転」の厳罰化が行われました。

元教官の身としては、この改正によって、何が良くて何がダメなのかを正確に理解したいところ。

こちらの記事では、それがよくまとまっていてよいです。

メディアの言っていることを鵜呑みにせず、この記事のように
道路交通法から紐解いてみることも大切です。

(以下引用)

(a) たとえ交通の危険を生じさせなくても、携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、スマホやタブレットなどを手で持って表示画像を注視すれば、それだけで犯罪であり、最高刑は懲役6か月

(b) 携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、手で持っているか否かを問わず車内に設置したり持ち込んだスマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視し、交通の危険まで生じさせれば犯罪であり、最高刑は懲役1年

(c) 「通話」ではなく「通話のために使用」という規制文言なので、着信音に気づいて携帯電話を手に持つとか、手に持ったまま発信して相手の着信を待つなど、実際に通話する前の状態でもダメ

(d) 逆に、ハンズフリーやスピーカー機能を使うなど、手に持たない状態での通話使用は、通話の目的や内容を問わず、この規制の対象外

(e) 交通の危険を生じさせず、かつ、手で持っていなければ、スマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視していても、この規制の対象外

(f) 通話使用や画像注視さえしていなければ、携帯電話やスマホなどを手に持っていても、この規制の対象外

(g) 「停止」、すなわち赤信号などでの停車中や待ち合わせなどでの駐車中は、たとえエンジンをかけていても、この規制の対象外

(h) 渋滞時のノロノロ運転を含め、わずかでも車を進行させていたらアウト

(引用終わり)

とはいうものの、やはり「ながら運転」は非常に危険。

車の運転は、事故を起こさないようにするために注意するポイントを
認知して、判断して、操作することを繰り返すのだから、そこに余計なものを
はさむ余裕すらないはずです。

法の目をくぐって、スマホフォルダーでポチポチ操作することが違反にあたらないとしても
事故を起こす危険はグッと増します。

どんなに慣れていても何かをしながらの運転はやめていただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2年前にパソコン工房で買ったiiyamaPC(STAYLE)。

つけっぱなしにして使っていると(その使い方もどうかと思うが)
メモリ8GBを食いつぶして、HDDアクセスが多くなって激遅になることが
増えました。

会社PCがSSDでめっちゃ快適なので、思い切って換装しました。
以下、そのときのメモ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■■参考資料■■

↑のページを参考に、SSDなどを購入。

■■購入したもの■■

(1)
2TBのHDDを積んでいたのですが、容量ひたひたで使用していなかったので1TBに縮退。

(2)
メモリは空きスロットが1つあるので、合計16GBになるように1つ購入。

(3)
2.5インチのケースを購入。

■■その他■■

(1)

データコピーは「EaseUS Todo Backup」というソフトを使用。
SSDをケースに入れて、USBでコピー。
フリー版なので「ディスク/パーティションコピー」……エラーもなく終了。

(2)
多少分解がめんどくさい機種ではあるものの、なんとか分解はできました。
SSD装着しようとしたら、なんか全然はまらなかったので、多少無理に装着しておきました。

(3)
いざ起動してみたら、構成が変更されたからか、いきなりネットブートが表示されるように。
BIOSからブートオプションを変更しようとしたら、装着したSSDが表示されていませんでした。
最終的に、ネットブートを無効化させることで、すぐにSSDから起動できるようになりました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ソフトウェアの起動も特に問題なし。
PCの起動も速くなり、立ち上げっぱなしでも特に遅くなることはなくなりました。
SSD換装して大正解!やったね。
まぁ、メモリは相変わらずひたひただけど。
taskmgr


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tarumatsuri


11月9日(土)『たる祭り2019』開催!
サークルの先輩からのお誘いで観客として参加いたしました。

このライブイベントは、IT企業に勤めていて
その会社内でバンド活動をしている有志が集まり
各々の思いの丈をぶつけ合う、熱いイベントとのこと。

主催者のトータルシステム(株)の社長さんが
ロック好きらしく、今年は「仮面女子」とのコラボも行われました。

出演バンドは以下の通りでした。
「赤い帽子」((株)ミストソリューション・(株)クールジャパン)
「仮面女子」(アリスプロジェクト)
「ハッピーフィールド」((株)トリプルアイズ)
「GLANDSLUM」(トータルシステム(株))

IT業界は働き方改革が行われても常に激務で
なかなか趣味にお金も時間も割けないなんて思っています(偏見?)。

しかし、参加している方々は、短い練習時間の中で
完成度の高い演奏をされていて、同じ業界に身を置く者として
本当に尊敬いたしました。

「仮面女子」は、はじめてライブでお目にかかりました。
あんなに激しい振り付けで歌っているのに、常に笑顔!
毎日どれほど練習しているんだろう。。。
観客も大盛り上がりでした!

30代になって初めてみたライブ。
自分も機会があったら、また、演者として
ドラムやキーボードで出演してみたいですね。

観客として盛り上がるのも楽しいけれど、
自分は舞台の上から観客の笑顔を観たいです。

素敵なイベントをありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【作品情報】
原作新海誠
監督新海誠
シリーズ構成
脚本
新海誠
キャラクターデザイン
田中将賀
アニメーション制作コミックス・ウェーブ・フィルム
上映時間112分
公開日2019年7月19日
キャスト森嶋帆高 - 醍醐虎汰朗
天野陽菜 - 森七菜
須賀圭介 - 小栗旬
夏美 - 本田翼
冨美 - 倍賞千恵子
天野凪 - 吉柳咲良
安井 - 平泉成
高井 - 梶裕貴
製作「天気の子」製作委員会



【PV】




【あらすじ】
「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。
(公式サイトより)



続きは視聴した感想になります(ネタバレを含みます)。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 


レビュー ブログランキングへ 




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ