どの家庭にも1個はあるであろう電波時計。
正確な時刻がわかってとても便利なのですが、電波が安定して受信できない環境では正しい時刻に補正されません。
しかし、最近は便利なもので、スマートフォンのアプリで電波時計を正確に合わせることができるのです

JJY Simulator
JJY Simulator
開発元:NeoCat
無料
posted withアプリーチ

 この「JJY Simulator」は、電波信号を再現したものをスピーカーから流すことができます。
それを電波時計に受信させることで、電波が悪い環境においても時刻を補正することができます。
ネット環境さえあれば時刻を調整できるので、大変便利なツールだと思います。

ちなみにWeb版もあります。(PCからでも補正が可能です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、普段から親しくさせていただいている不動産屋さんで、引っ越し先の家探しをしていたのですが、そのときに聞いたことをTipsとしてまとめておきます。


激戦月を避けて家を探すのも手である。

基本的に、不動産屋さんの繁忙期は、年度切り替え前の2~3月にかけてになります。
上京して4月から新しい学校に通う、就職する人が多く、この間に家を決めないと新生活に支障があるためです。
この月あたりは競争率が高く、条件の良い物件はすぐに埋まってしまうことも多く、アパマンショップなどのチェーン系ではかなり強引に薦めてきます
それも「もうこれを逃すとなくなっちゃいますよー」とかなり煽っていくスタイルです。
なので、激戦となる月に不動産屋に行くなら、相当覚悟したほうがよいです。
初期費用もよくわからないところでふんだくってくるので、なんか結構高くついちゃった、なんてことになりかねません。
特に家をじっくり見て探したいタイプの人は、繁忙期に勝負をかけるのはやめたほうがいいでしょう。

なお、繁忙期が3月終わりになると、かなり落ち着いてきます
特に年度が切り替わった4月以降は家を探している人は減ります。この時期に家を探している人は、よほど急にこっちに来なくてはいけなくなった人か、計画性のない人か、まあ空いているときに探すかー、と考えている人のどれかです。
この時期は、探しやすかったり、引っ越ししやすくなります。

そして、5月以降になると、今度は物件が埋まらなくなります
この時期に家を探している人は、たいてい変わり者です。
だいたい8月くらいまでは埋まらないこともあります。
大家としては空き部屋にしておくのはもったいないので、入居する人がいたら結構歓迎してくれるようです。
不動産屋さんとの交渉次第では、入居を1ヶ月待ってくれるなど、かなり融通がきく場合もあります


おとり物件にひっかからないようにする。

いわゆる「おとり物件」(すでに入居者が決まっている物件を掲載したままにして、不動産屋さんにやってきた鴨を別の物件へと誘導する目的)というものが存在します。

しかし、一週間に一度、不動産情報サイトのSUUMOやHOMESは、毎週月曜日に掲載されている物件が埋まっていないかの確認をしてくるようです。
不動産屋のウェブサイトと違っておとり物件を掲載しにくくなっています。
なので、火曜日に不動産情報サイトを確認すると、最新の「あたり物件」に出会える確率が高くなります。

本当は不動産屋だけがみることのできるウェブサイト「レインズ」が見られるのが一番いいんですけどねー。これがあれば、別に不動産屋さんいらないし。


大手の不動産屋さん or 地元の不動産屋さん

どこの不動産屋さんも同じ物件を照会できるわけではありません
例えば、大東建託系の物件はハウスコムだけが紹介可能です。
また、積水ハウス系の物件はマスト・ニュータウンだけが照会可能です。

ノルマがあってガンガン薦めてきて、その日のうちに入居してくれないと返さない雰囲気出してくるアパマンショップ系などの大手は、さっさと家を決めたい人ならおすすめですが、じっくり探したい人は避けたほうがよいです。社割が適用されるからアパマンに行ったのに、こちらから指摘しないと割引してくれませんでしたからね。自分は大手は苦手。。。


耐震基準と地震保険

耐震基準が1981年に新基準に変更になりましたので、1981年の新耐震より前に建てられたか、あとに建てられたか、というのは、調べておく必要があります。
これ以前に建てられた物件は、新耐震適用以降に建築された物件に比べて、地震保険料が高くなる傾向にあります
また、やはり大きな地震があったらつぶれちゃった、というリスクも新耐震基準以降の建築物のほうが低いので、一応確認しておきます。


プロパンガスor都市ガス

プロパンガスは都市ガスよりコストが高いですが、これはその構造上、火力が強くなるので使用量が上がることが原因です。
なので、飲食店などでは都市ガスが使えてもプロパンガスを使っているところも多いと聞きます。
料理にとてもこだわりがない限りは、都市ガスが使える物件のほうがいいとは思います。


2人入居可になっていなくても……

2人入居可となっていない物件でも、将来結婚するなら入居を許可してくれる場合があります
大家が一番困るのは、2人で同棲しているカップルが別れてしまって、残された片方が家賃を支払えなくなることです。
結婚した場合にはその可能性が低くなるので、許可してくれる場合があるようです。


※自分の本職が不動産屋ではないので、ここに書いてある内容が間違っていることは十二分に考えられます。なので、信頼できる不動産屋さんにも確認してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コロナの影響で、今年のゴールデンウィークは、外出自粛を余儀なくされてしまいましたが、ついにゴールデンウィーク以来の連休がやってきました。

この連休中、どこかにお出かけする方も多いかと思いますが、今回の記事ではドライブで聞きたい昭和アイドル曲ランキングをご紹介いたします。

JAFMate 7月号に載っていた「ドライブで聞きたい!昭和アイドルベストテン」からの引用です。

いつか聞きたいと思っていた曲ばかり載っていました。

この記事をみている皆さんにも、昭和の曲に興味を持っていただけますように。


10位: 中島みゆきさん
 時代(1975年)

自分にとっての中島みゆきさんといえば、地上の星と宙船。あの力強い声はどこから出ているのでしょう。


9位:小泉今日子さん
 木枯しに抱かれて(1986年)

この人はドラマでよくみるかな。最近何かと話題ですよね。


8位:太田裕美さん
 木綿のハンカチーフ(1975年)

すみません、自分は全く知らなかったのですが、父親が好きらしいです。


7位:サザンオールスターズ
 いとしのエリー(1979年)

去年サザンのライブに行きました! 渚のシンドバッドが一番好き。湘南の134号線を走りながら聞くのがおすすめです。


6位:石原裕次郎さん
 北の旅人(1987年)

もう全く知らなくてごめんなさい。昔のドラマに良く出ているというイメージです。偉大な人なのに……。


5位:キャンディーズ
 年下の男の子(1975年)
 春一番(1976年)

『春一番』は、クレヨンしんちゃんで流れていたのでよく覚えています。陽気な曲で、キャンディーズを知るきっかけになった曲です。


4位:松任谷由実さん
 ひこうき雲(1973年)
 中央フリーウェイ(1976年)

中央道を走るときには、ぜひともかけたい曲『中央フリーウェイ』! でも魔女の宅急便のイメージがとても強いですね。


3位:山口百恵さん
 秋桜(1977年)
 いい日旅立ち(1978年)
 プレイバックpart2(1978年)

百恵ちゃんといえば、まる子ちゃんによく登場するイメージです。いい日旅立ちはよく新幹線のチャイムでよく耳にしますね。(これをみるまで百恵ちゃんの曲とは知らなかった。。。)


2位:中森明菜さん
 スローモーション(1982年)
 少女A(1982年)
 DESIRE-情熱-(1986年)

中森明菜さん、名前はご存じなのですが、じっくり曲を聞いたことがありません。ランキングでは2位なのに……。


1位:松田聖子さん
 青い珊瑚礁(1980年)
 夏の扉(1981年)
 赤いスイートピー(1982年)



この間紅白に出演なさって話題になった、松田聖子さんが見事1位という結果でした。まさに昭和のアイドルといえばこの人な方で、納得の順位ですね。


残念ながら、私の音楽プレイヤーに入っている曲は、その殆どがアニメ曲だったり、ガルパのカバー曲だったりと、偏りがひどいのです。

こういった懐メロだったり、今はやりのジャニーズだったりを通っていないものですから、とても今回のランキングの曲は、昭和の曲を調べるよいきっかけになりました。

……1曲くらいカラオケで歌えるように練習しておこうかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はTwitterからの引用です。


道路交通法第38条において、信号機のない横断歩道で歩行者が横断しようとしている場合は、歩行者の通行を妨げてはいけないことになっています。

自動車教習所で指導員やっていたときに、学科でもビデオ見せて説明したし、路上教習担当のときにも言っていたので、免許を持っているドライバーであれば常識だと思っています。

その教習所で習ったことを守って、実践しているこのドライバーは、素晴らしいなとは思います。

しかし実際の路上では、ルールを守って運転しているドライバーが、この動画のようにおかまを掘られてしまうことは往々にしてあります。

このような「もらい事故」に合わないためには、一体どうすればよいのか、元教官という立場から書き記しておきます。

まず前提として、信号のない横断歩道の手前にはダイヤのマークが描かれているので、そのマークを見つけたらアクセルから足を離してブレーキペダルの上に足をのせる(構えておく)ことを習慣づけてください。

そもそも横断歩道は「人が渡り、車が譲る」場所であり、「人が急にわたってくるかもしれない」場所です。

そういう場所なのに、何も考えずにアクセルを踏み続けるのは危険ですよね。

ブレーキを構えて、急に人がわたってきても、止まれるようにしておくために、ブレーキペダルの上に足をのせていただきたいです。

次に、免許をとりたての頃は余裕がないかもしれませんが、自分の車がこの先止まるかもしれない場合、必ずルームミラー(バックミラー)をチラ見することが大事です。

指導員の頃は、ブレーキを構える動作ができている方で余裕のある人には、ルームミラーのチラチラ運転を心がけさせる指導をしていました。

ちなみに、具体的にルームミラーで何をみるのかというと、後ろの車にいるドライバーの様子です。

例えば、アクセル踏んでみるみる車間が縮まっているとか、なんかスゲー下向きながら運転している(スマホみながらの運転)、カーナビに夢中、初心者マーク貼っている、高齢者の方が運転している、などなど、ヤバそうな雰囲気のドライバーではないか、運転に慣れていない、もしくは運転能力の落ちているドライバーでないか、を感じ取るのです。

ブレーキ踏んだらぶつけられてしまうかも、と感じた場合は、危険防止のためにやむを得ず譲らないで進むというのも選択肢の一つになります。

最も、ブレーキをかけるときだけでなく、普通に運転しているときにも、チラチラルームミラーをみて運転することが大事です。

危なそうな車を見つけたらささっと譲るのが、賢いドライバーです。

指導員になる試験を受けるときに、お世話になった先輩の教官からは、口を酸っぱく言われました。

進路をゆずる場合には、自分の身が危険にさらされていないか、自分の置かれている状況を認知することが、このような事故に巻き込まれる確率を減らすことにつながります
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は「東洋経済」の記事を引用します。


鉄道を利用して4時間以内で到着する目的地であれば鉄道を利用するが、4時間以上かかる目的地である場合は飛行機を利用する、という分岐点を「4時間の壁」と表現されます。

記事によれば、東京から広島へ向かうパターンでは、新幹線を利用すると3時間50分ほどになり、新幹線の利用者が6割を占める一方で、東京から福岡へ向かうパターンでは鉄道利用で5時間近くかかるので、飛行機利用者が9割ほどになるようです。

しかし(記事でも明記されていますが)新幹線と飛行機のどちらで移動するのかは、所要時間だけでなく費用も関係してくるので、一概に4時間以内は鉄道のほうがよく、それ以上かかるなら飛行機と決めつけるものではないとのことです。

自分は乗り鉄であること、そして駅メモというアプリをやっていることもあって、移動は専ら鉄道です。

ただし、いまだに旅に出たことがあるのは本州+四国なので、九州や北海道などに行くときにはおそらく飛行機を選ぶと思います。

ただ最近在宅勤務の無期限延長が決まり、残業が認められなくなり、収入が減ってしまっている現状では、なかなか本州を離れてどこかに行くという余裕は、今のところありません。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

報道にもある通り、2020年7月1日(水)からレジ袋が有料化されました。

例えば、コンビニ大手では軒並み(大きさによりますが)3~5円ほどレジ袋代がかかることになります。

電子マネー決済するとポイントが還元される事業も6月いっぱいで終了したため、一気に割高感が出てしまいますね

そもそもコンビニの袋を有料化して使用する人が減ることが、環境問題を解決するのに大きな一歩になるのか、という疑問はさておき、これからはエコバッグをコンビニに行くときでさえ持っていくことになりそうです。

しかしコンビニの袋というのは何もコンビニで商品を買って、持って帰るときに持ち運ぶための便利な袋、という使い方の他にも、結構重宝するもので、例えばゴミ箱につけたりとか、生ごみをしばったりとか、いろいろな役に立つものです。

それらがこれからはお金を払わなくては手に入らないのは、少々残念ではあります。

そんな中、西日本新聞の記事より、古新聞を使用したゴミ袋の作り方が書かれていました。



確かに生ごみを捨てるときにレジ袋を使わなくてもいいので、一つの案ではあります。

ただ、自分の家、新聞とってないんですよね。

このために、最近は特に(読むのには)役に立たない新聞をわざわざお金を払って手に入れるのはちょっと……。

うーん、やっぱりお金を払ってでもレジ袋はもらおうかなあ

………

そういえば、雨が降っているときにスーパーに行くと、傘袋が入口に置いてあったりしますが、あれも環境保護がどうたら言うのであれば、有料にしちゃえばいいんじゃないですかー。知らんけど

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ